希少な5ナンバーステーションワゴン、ホンダ シャトル! 広い室内と優しい価格はファミリー層にうってつけだ

画像ギャラリーはこちら
新生活のスタートや、これから家族が増えることを想定して、「コスパ最高の使えるコンパクト」を探している20代パパ・ママはいませんか?

この記事では、予算250万円で子育てにもレジャーにも使える広さがあり、コンパクトで運転しやすく、ハイブリッドで燃費もいい、20代ファミリーにぴったりの車種とイチオシグレードをお伝えします。

目次[開く][閉じる]
  1. 圧倒的な室内空間を持ったホンダ シャトル! イチオシグレードは242万円のHYBRID X・Honda SENSING
  2. 外観もこだわるなら最上級グレードのZを! Xとの最大の違いはホイールサイズとデザイン
  3. その気になれば200万円以内で抑えることも! 手頃にシャトルを購入したい方はガソリンモデルの検討を

圧倒的な室内空間を持ったホンダ シャトル! イチオシグレードは242万円のHYBRID X・Honda SENSING

20代ファミリーにおすすめするのは、ハイブリッド搭載でコンパクトなワゴンとして希少な存在となっている、ホンダ シャトル。

フィット譲りの驚異的な室内の広さに加え、ワゴンタイプで荷物もたっぷり積めるので、家族が増えても長く使えるのが魅力的。

イチオシグレードの「HYBRID X・Honda SENSING」は241万8900円で、快適装備から安全装備までほぼフルに充実。燃費も24.6km/L(WLTCモード)と優秀で、購入後のランニングコストも抑えられて嬉しい限りなのです。

安全装備は最上級グレードと同等!

トップグレードは18万8100円アップとなる「HYBRID Z・Honda SENSING」260万7000円なのですが、先進の安全運転支援システムであるHonda SENSINGとそのほかの安全装備の内容は同等で、使い勝手で差がつくのは、コンフォートビューパッケージ(親水/ヒーテッドドアミラー+フロントドア撥水ガラス+熱線入りフロントウインドウ)が標準装備となるところですね。

イチオシグレードでは4WD車だと標準装備なのですが、2WD車では9万9000円のオプションとなっています。

そのほかの違いは、インテリアがダブルステッチのコンビシートとなったり、インパネが木目調やピアノブラック仕様となるところ。

外観もこだわるなら最上級グレードのZを! Xとの最大の違いはホイールサイズとデザイン

外観ではタイヤが「HYBRID X・Honda SENSING」だと15インチアルミホイールですが、「HYBRID Z・Honda SENSING」は16インチアルミホイールとなり、ルーフレールやサイドシルモールが追加されます。

さすがに2台並べて比べちゃうと、「HYBRID Z・Honda SENSING」の方が豪華なのは一目瞭然なんですが、そうでなければ「HYBRID X・Honda SENSING」の方も精悍で若々しいスタイルだし、15インチタイヤの方が乗り心地もいいし維持費も少し抑えられるので、コスパ優先で選んでもいいのかなと思います。

ハイブリッドさえあればOKという方はベースグレードがおすすめ

また、もう少し予算を抑えたいなという人には、ハイブリッドのベースグレード「HYBRID Honda SENSING」215万8200円。

イチオシグレードより26万700円ダウンでお買い得感はありますが、オートライト、LEDヘッドライト、LEDフォグランプ、サイドエアバッグといった装備がオプションになったり、アルミホイールは無し。

室内ではシートヒーターやリアセンターアームレストが装備されないなど、やや簡素になる印象です。でもフルオートエアコンやスマートキーシステムなど、基本的な便利装備はついています。

その気になれば200万円以内で抑えることも! 手頃にシャトルを購入したい方はガソリンモデルの検討を

そして、唯一のガソリングレードである「G・Honda SENSING」は、「HYBRID Honda SENSING」からでも34万9800円ダウン、トップグレードからだと79万8600円ダウンとなる180万8400円。いまどき、軽自動車でもこれくらいの価格がゴロゴロしているので、かなりお買い得感がありますね。

装備内容は、おおむね「HYBRID Honda SENSING」と同じような内容なのですが、スマートキーがオプションだったり、フルオートエアコンのプラズマクラスターが非搭載になったりと、ちょいちょい省かれるところがあります。

フロントドアガラスのIRカット(遮熱)/スーパーUVカットもオプションとなるので、日焼けや暑さ対策を気にする方は注意したいところです。

また、ハイブリッドモデルは購入時と翌年にエコカー減税の免税が適用され、重量税分の4万5000円分程度が優遇されることも、頭に入れておくといいでしょう。

後席の快適度が一気にあがる! オプションはオットマンがおすすめ

オススメのアクセサリーは、コンパクトカーでは珍しい「オットマン」9900円。助手席に装着すれば、休憩時間などにゆったりと脚を伸ばしてくつろげます。

こんなことができるのも、驚異的な室内空間を持つシャトルだからこそ。コスパを優先しつつ、しっかり快適に過ごせるシャトルで毎日を充実させちゃいましょう。

[筆者:まるも 亜希子]

毎週水曜日はダディ×マミー!

MOTA毎週水曜日連載コーナー「ダディ×マミー」では、世のイケパパ・ママたちへ様々なカーライフネタをお届け!

当企画では、様々な車種を設定した人物象へ向けて“イチオシのグレード”をご紹介!

次の更新は3月31日(水)。次回もお楽しみに!

▼前回はスバル フォレスターを紹介

▼最新TOP3

ホンダ/シャトル
ホンダ シャトルカタログを見る
新車価格:
180.8万円277.2万円
中古価格:
71.7万円282.4万円
この記事の画像ギャラリーはこちら
まるも 亜希子
筆者まるも 亜希子

大学卒業後、編集プロダクション株式会社エディトリアル・クリッパーに就職、自動車雑誌「ティーポ(Tipo )」の編集者として6年間勤務。2003年にフリーランスとして独立。現在は雑誌やウェブサイトの自動車関連記事に出演・寄稿している。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員、日本自動車ジャーナリスト協会会員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... まつさき
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

ホンダ シャトルの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ シャトルのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ シャトルの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ シャトルの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ シャトルのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる