ホンダ S660ベースのクラシカルなカスタムカー「ネオクラシックレーサー」が手元で楽しめる! デザインを忠実に再現したラジコンカーが4月に発売

画像ギャラリーはこちら

2022年3月に生産終了する軽スポーツ、ホンダ S660。そんなS660にレトロでレーシーなデザインを施したカスタムモデル「モデューロ ネオクラシックレーサー」を紹介したい。

目次[開く][閉じる]
  1. ネオクラシックレーサーは軽自動車規格を超えたダイナミックボディ!
  2. ヘッドライトカバーやフェンダーミラーなどネオクラシックレーサー専用アイテムも多数装備されている
  3. ラジコンカーとしてネオクラシックレーサーを楽しむことができる

ネオクラシックレーサーは軽自動車規格を超えたダイナミックボディ!

モデューロ ネオクラシックレーサーは2016年の東京オートサロンに出品したコンセプトモデル。

「S660 Neo Classic(ネオクラシック)」をベースにしたものだが、ボンネットやエンジンカウルのみ採用。それ以外の外装部品はすべて新規にデザインされた。

オーバーフェンダーやリムの深いホイール、フェンダーミラーなどを用いることで、クラシカルな姿のなかにもカッコ良さが表れている。

ネオクラシックは軽自動車の設計枠内で設計されていた。それゆえにネオクラシックは市販キットとして販売されていた。

しかし、ネオクラシックレーサーのボディサイズは全長こそ25mm伸びただけだが、オーバーフェンダーを装着したことで、全幅はベース車から150mmも拡大されワイド&ロー感が強調されている。軽自動車S660の全幅は1475mmであるため、ネオクラシックレーサーの全幅は1625mm。

軽自動車の規格は排気量660cc以下、長さ3.4m以下、幅1.48m以下、高さ2.0m以下と定められているため、軽自動車のサイズを超えてしまう。

ヘッドライトカバーやフェンダーミラーなどネオクラシックレーサー専用アイテムも多数装備されている

また、飛散防止テープのようなスタイリングされたヘッドライトカバー、ボンネットとバンパーをつなげる1960〜70年代のクラブマン・レーサーで定番アイテムだったレザーストラップが装着される。フェンダーミラーも懐かしのアイテムだ。

ボディは金属感を強調したマットシルバーにペイントされ、スポーティさを演出する。

エンジンはノーマルのままだがマフラーが交換されており、ノーマルでは足元にあるテールパイプは高い位置に二本出しで配置され、スポーティさを際立たせている。

アクリル製のカバーにはHマークが描かれており、これだけでもリアスタイルの迫力がかなり増している。

また内装にもMOMOステアリングやヘッドレストのないブリッドシートなど、クラシカルな雰囲気を演出している。

ラジコンカーとしてネオクラシックレーサーを楽しむことができる

こうした装備から見てもネオクラシックレーサーは公道ではなくサーキット専用車としてのコンセプト提案であるため、市販化はできないようだ。

実車の市販化こそないものの、京商の人気ラジコンカーシリーズ「MINI-Z(ミニッツ)」から、室内で楽しむことができる手のひらサイズとなったネオクラシックレーサーが登場する。

ミニッツのネオクラシックレーサーは2022年4月29日(金)、価格(税込)2万5300円で発売予定だ。細部まで忠実に再現された1/27スケールのネオクラシックレーサーを楽しんでほしい。

【筆者:篠田 英里夏(MOTA編集部)】

ホンダ/S660
ホンダ S660カタログを見る
新車価格:
203.2万円315万円
中古価格:
109.5万円506.2万円

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

篠田 英里夏(MOTA編集部)
筆者篠田 英里夏(MOTA編集部)

クルマ好きが高じて、大学卒業後は自動車専門紙の記者や自動車メディアの編集を経験し、現職に至る。MOTA編集部ではこれまでの知識を生かし、主に記事制作や取材、企画などを担当。最近ではeモータースポーツのレースにもたびたび参戦している。記事一覧を見る

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

ホンダ S660の最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ S660のカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ S660の中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ S660の記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ S660のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる