もっとも安全装備が充実しているのは日産 ルークス&三菱 eKスペースだ! スーパーハイト系軽自動車の安全装備を徹底比較

  • 筆者: 青山 尚暉
  • カメラマン:日産自動車/ホンダ/スズキ/ダイハツ工業/MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
いわゆるスーパーハイト系と呼ばれる、背が高く、両側スライドドアを備えた軽自動車は、今では軽自動車の主流。どころか、その中のホンダ N-BOXに至っては、軽自動車の販売台数で圧倒しているだけでなく、2017~2020年国内販売台数NO.1の座に君臨する超人気モデルである。

しかし、「軽自動車は安全性が心配」と不安視する人も多いだろう。今回は人気のスーパーハイト軽自動車の安全性を比較していきたい。

目次[開く][閉じる]
  1. 圧倒的な室内空間や後席乗降性が魅力のスーパーハイト系軽自動車
  2. 先進運転支援機能のホンダセンシングを全車装備! 一部改良で実用性も高まったホンダ N-BOX
  3. 後方誤発進にブレーキサポートが用意されるスズキ スペーシア
  4. 駐車支援機能まで付いているダイハツ タント
  5. 安全性能評価で最高評価のファイブスターを受賞した日産 ルークス/三菱 ekスペース

圧倒的な室内空間や後席乗降性が魅力のスーパーハイト系軽自動車

軽自動車の中でも人気のあるスーパーハイト系軽自動車の魅力は、何と言ってもボックス型ミニバンをスケールダウンしたような堂々としたスタイリングと存在感。

そして両側スライドドアによる後席乗降性の良さ、中型セダンなどを圧倒し、Mクラスボックス型ミニバンに迫る圧巻の室内空間の広さである。

ターボモデルを選べばフル乗車でのロングドライブも楽々快適。まさに日本を代表する、ファーストカーにもなりうる国民車というべき存在なのである。

価格こそ軽自動車の中では割高だが(約150~200万円)、それを補って余りある商品性を備えていると言っていい。

とはいえ、軽自動車だから安全性が心配……という人もいるはず。筆者はN-BOXの衝突試験の現場に立ち会った経験があるのだが、軽自動車の衝突安全性能は今や飛躍的に向上。

その点は安心していいと思うのだが、ここでは、安心・安全・快適なドライブにかかわる先進運転支援機能について、スーパーハイト系軽自動車全5台(ホンダ N-BOX、スズキ スペーシア、ダイハツ タント、日産 ルークス/三菱 ekスペース)を比較してみたい。

先進運転支援機能のホンダセンシングを全車装備! 一部改良で実用性も高まったホンダ N-BOX

N-BOXは全タイプに先進運転支援機能のホンダセンシングを標準装備。ミリ波レーダーと単眼カメラを備え、衝突軽減ブレーキは横断中の自転車、夜間の歩行者にも対応。そのほか、歩行者事故低減ステアリング、路外逸脱抑制機能、後方誤発進抑制機能などを搭載。

ただし、誤発進抑制機能にブレーキ制御は付いておらず、やや見劣りする。

また、高速走行でのドライバーのストレスを低減してくれるACC(アダプティブクルーズコントロール)は、N BOX誕生10周年となる2021年12月16日の一部改良で、すでにN-WGN、N-ONEで採用済みのオートブレーキホールド機能付き電子パーキングブレーキの搭載とともに、念願の渋滞追従機能を追加。ACCのありがたみをもっとも感じさせてくれるシーンでの機能性、実用性が高まった。

エアバッグは運転席、助手席用が全タイプに標準装備。サイド&カーテンバッグはカスタム全タイプに標準装備。標準車は一部グレードに標準装備されている。

後方誤発進にブレーキサポートが用意されるスズキ スペーシア

スペーシアはスズキの予防安全技術、スズキセーフティサポートを用意。非装着グレードがあるのが不思議だが、ぜひとも装着車限定で選んでいただきたい。機能はデュアルカメラによるブレーキサポート、誤発進抑制機能、ふらつき警報、ハイビームアシスト、後退時ブレーキサポート、車線逸脱抑制機能(HYBRID Xアップグレードパッケージ装着車)、誤発進抑制機能などがあり、注目は後方誤発進にブレーキサポートが付く点だ。

つまり、抑制だけでなく、しっかりブレーキまで作動してくれるのである。

ACCは全車速に対応し、先行車が停止した時には自車も停止。約2秒間、停止保持してくれる。ただし、車線逸脱抑制機能は警報のみ。エアバッグは運転席、助手席、サイド&カーテンバッグの6バッグが標準装備されている(スズキセーフティサポート非装着車を除く)。

駐車支援機能まで付いているダイハツ タント

タントは1グレードのみの非装着車グレードを除き、全タイプに軽自動車としていち早く採用した先進運転支援機能のスマートアシスト(略称スマアシ)を全タイプに標準装備。その内容は一部オプションを含み全17種類。

とはいえ、衝突回避支援ブレーキ、衝突警報機能、前後ブレーキ制御付き誤発進抑制機能、車線逸脱抑制機能、ふらつき警報、オートハイビームなどは全タイプに標準装備されている。

そのほか、コーナリングトレースアシスト、駐車を容易にする軽自動車初のスマートパノラマパーキングアシストまで用意されてるのだ。

ACCは全車速に対応しているが、足踏み式ブレーキということもあって、停止保持はスペーシア同様に2秒まで。エアバッグは運転席、助手席、サイド&カーテンバッグの6バッグが全タイプに標準装備されている。

安全性能評価で最高評価のファイブスターを受賞した日産 ルークス/三菱 ekスペース

JNCAP、2021年自動車安全性能評価でファイブスター賞を受賞しているのが日産 ルークス(ハイウェイスターX 2WD/ハイウェイスターX プロパイロットエディション 2WD、日産オリジナルナビゲーション装着車)。

先進運転支援機能としては、二輪車、自転車も認識するインテリジェントエマージェンシーブレーキ、踏み間違い衝突防止アシスト、車線逸脱防止支援システム、軽自動車初の前方衝突予測警報などを用意。前後誤発進抑制機能には前後ともにブレーキ制御が付く。

また、電子パーキングブレーキとオートブレーキホールド機能を備え、プロパイロットによるACC機能は全車速対応で、停止保持も自動で行ってくれるから、高速巡航時はもちろん、高速道路での渋滞時にもっとも有難みを感じさせてくれるのだ。

エアバッグは運転席、助手席、サイド&カーテンバッグの6バッグ、そしてエアバッグ展開連動ハザードランプ点灯機能が標準装備されているほか、上級グレードにはニーエアバッグも追加されている(最大8エアバッグ)。

事故や体調不良、あおり運転などでも使用できるSOSコールを装備

しかも、ルークスには高級車ではおなじみのSOSコール(ヘルプネット)も用意。

事故、急病など万一の際(あおり運転被害時を含む)、頭上のボタン一つでオペレーターに接続でき(スマホのようなSIM=車載通信機を搭載)、会話が可能。

オペレーターが警察や消防への連携をサポートしてくれるのだ。高性能な位置情報、センサー情報によって自車の位置もオペレーターに伝わっているから、自身で場所を説明する必要もなし。エアバッグ展開時には自動でオペレーターに連絡されるから安心だ。

また、日産コネクトナビを装備すれば、スマホとの連携が可能で、オペレーターサービス(有料オプション/1年間無料)によっては、走行中でもオペレーターとの会話で飲食店やガソリンスタンドなどの情報が得られるほか、遠隔でナビの目的地設定を依頼することまでできるから超便利。ここまで軽自動車でできるのは、日産 デイズやこのルークスといった日産車だけである。

オートブレーキホールドや誤発進抑制機能の有無が重要だ

もっとも、街乗りメイン、高速道路などまず走らない……という人にとっては、ACCの機能の良し悪しについてはあまり関係ないと言っていい。

むしろこだわるべきは、誤発進抑制機能のブレーキ制御の有無、そして街乗りメインだからこそ威力を発揮してくれる、運転席の足元がすっきりする効果もある電子パーキングブレーキとセットになるオートブレーキホールド機能だろう。

ルークスとekスペースに用意されるオートブレーキホールド機能は信号待ちやスーパーマーケットの料金所などで、ブレーキから足を離してもブレーキ機能が維持される先進装備。

筆者も愛用しているが、運転中、ブレーキを踏み続けなくていいことから、右足の疲れが劇的に低減。靴底の減りも減少するかも知れない超ありがたい機能なのである。

もっともレベルが高いのは最新モデルであるルークス&eKスペースだ!

こうして5台のスーパーハイト系軽自動車の先進運転支援機能を比較してみると、やはりより新しい日産ルークスと三菱ekスペースの充実度が際立ち、とくにルークスはS0Sコール、オペレーターサービスまで用意しているのだから、JNCAP、2021年自動車安全性能評価でファイブスター賞の受賞を含め、完璧と言っていいだろう。

日産プロパイロット、三菱マイパイロットはスムーズな追従走行制御はもちろん、直線だけでなく、カーブまで車線中央をトレースしてくれるステアリングサポートもあって、長距離移動の快適度、疲れにくさは文句なし。ロングドライブ派なら、ルークスとekスペースの先進運転支援機能により大きな魅力があると言っていいだろう。

もちろん、どの車種でも基本的な安全装備は充実しているから、どれを買っても心配はいらない(日産ルークスと三菱ekスペースが特別すぎるのだ)。高速走行の機会の多いユーザーにとっては、N BOXに電子パーキングブレーキとオートブレーキホールド機能、そして渋滞追従機能付きACCが追加装備された点も見逃せないポイントだ。あとはクルマのデザインの好みや装備類、使い勝手、価格などを吟味して選べばいいだろう。

【筆者:青山 尚暉】

ホンダ/N-BOX
ホンダ N-BOXカタログを見る
新車価格:
144.7万円234.1万円
中古価格:
23万円268.3万円

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
青山 尚暉
筆者青山 尚暉

学生時代はプロミュージシャン、その後自動車専門誌2誌の編集を経てフリーのモータージャーナリストに。現在は自動車業界だけでなく、愛犬のラブラドールとジャックラッセルとともに、愛犬との快適で安全なクルマ旅を提案するドッグライフプロデューサーとしても活動中。また、クルマのパッケージを寸法で比較するため、独自の計測ツールを開発。1台につき25項目以上を詳密計測。実用性の目安として、記事中で展開している。現在、自動車用純正ペット用アクセサリーの企画、開発も行う。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 海石榴 つばき

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

ホンダ N-BOXの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダ N-BOXのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダ N-BOXの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダ N-BOXの記事一覧 ホンダのニュース一覧 ホンダ N-BOXのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる