新型タントはロッキーと同じハイブリッドモデルを追加へ! 気になるエンジンは宿敵スズキと共同開発する可能性も

  • 筆者: 永田 恵一
  • カメラマン:MOTA編集部 木村 剛大
画像ギャラリーはこちら
5ナンバーサイズのコンパクトSUV「ロッキー/ライズ」に待望のハイブリッドモデルが追加された。現状直接的なライバルモデルがいないために、さらなる販売台数アップが見込まれている。その一方で期待したいのはタントなどの軽自動車にハイブリッドモデルを追加することである。すでにダイハツはロッキーのハイブリッドシステムを他のモデルにも採用すると宣言しているが、今後ダイハツの軽自動車はどのような道筋で電動化を実施していくのだろか!?
目次[開く][閉じる]
  1. ロッキー/ライズに待望のハイブリッド追加! 軽自動車にも採用へ
  2. 新型タントはロッキーと同じハイブリッドシステムを採用! バッテリー搭載位置は独自にチューンされる見込み
  3. モーターと組み合わせるエンジンはまさかのスズキと共同開発!?
  4. 新型ミライースにハイブリッド化はなく、タントなど上級モデルに採用か!?
  5. ダイハツとスズキから軽EVが登場するのも時間の問題

ロッキー/ライズに待望のハイブリッド追加! 軽自動車にも採用へ

登場から2年が経過しても、直接的なライバル車が存在しない5ナンバーサイズのSUV。そして価格の安さを理由に好調な販売が続くトヨタ ライズ&ダイハツ ロッキーに、2モーターのシリーズタイプとなるeスマートハイブリッドが追加された。

ロッキーハイブリッド最大の特徴は価格! ガソリンモデル比でわずか30万円アップ

eスマートハイブリッドは同時に追加された1.2リッターNAエンジン搭載車に対し、約30万円高と非常に安価。それでいてWLTCモード燃費はプラス約35%の28.0km/Lと、ライズ&ロッキーらしい高い商品力を持つ。それだけにライズ&ロッキーの販売はeスマートハイブリッドの追加でさらに伸びそうだ。

>>【ダイハツ ロッキーハイブリッド グレード比較】最大の違いは先進安全装備! 価格差約23万円あるも、街中メインなら中級グレードがオススメ

新型タントはロッキーと同じハイブリッドシステムを採用! バッテリー搭載位置は独自にチューンされる見込み

またライズ&ロッキーにeスマートハイブリッドが追加されたのにあたり、ダイハツは「ハイブリッドをすみやかに(来年2022年中?)軽自動車にも展開」とアナウンスしており、ここではダイハツの軽ハイブリッドがどんなものになるのかを予想してみた。

まずダイハツの軽ハイブリッドのシステムは超小型モーターを使うマイルドハイブリッド、トランスミッションを介した1モーターハイブリッドも考えられる。

しかし、前者は燃費の改善、後者はトランスミッションを使うことによるコスト高など、どちらも中途半端な感も否めない。

総合すると、ダイハツの軽ハイブリッドのシステムはライズ&ロッキーのものを縮小したような2モーターのシリーズタイプと考えるのが妥当だろう。

ハイブリッドカーで重要な構成部品の1つとなるバッテリーはライズ&ロッキーのようにリアシート下かラゲッジスペース下のアンダーボックスに配置されると思われる。だが、スズキの軽自動車のように、助手席下という可能性もある。

>>打倒N-BOX、ダイハツ タントは一部改良で先進装備が大幅向上! スーパーハイトワゴンの王者奪還の予感

モーターと組み合わせるエンジンはまさかのスズキと共同開発!?

気になるのがエンジンをどうするかだ。ハイブリッドカーの燃費にエンジンの熱効率は非常に重要な要素で、それはライズ&ロッキーのeスマートハイブリッドが新開発の1.2リッターガソリンエンジンを搭載していることからも分かる。

そのような使い方をする場合、ダイハツの軽自動車のエンジンは基本設計が2005年と古いという事実もある。だからといってダイハツ一社で新しいエンジンを開発するというのも、電動化が叫ばれる今、不透明なエンジンの将来を思うと微妙なところだ。

ダイハツとスズキはすでに軽と商用モデルでタッグを組む予定

そこで手を組むのは、宿敵スズキかもしれない。軽自動車業界でダイハツとスズキは熾烈な争いを繰り広げているが、どちらもトヨタとの提携を介して3社で軽商用事業におけるCASE普及プロジェクトも行っている。じつは、その中に軽・商用領域の電動化という言葉もあるのだ。

そこから想像すると、ダイハツの軽ハイブリッドのエンジンはダイハツのものより設計時点が新しいスズキのものを改良して使う。あるいはダイハツとスズキの両社が軽ハイブリッドを出すなら、両社で使うエンジンを共同開発するということもあり得るかもしれない。

また、両社で同じシステムを使った軽ハイブリッドを出すのはスケールメリットによるコストダウンなどのメリットも大きいだろう。

新型ミライースにハイブリッド化はなく、タントなど上級モデルに採用か!?

軽自動車も電動化が進むと思われる大きな理由は、2030年のCAFE(企業別平均燃費規制)がWLTCモード燃費で25.3km/Lと厳しく、それをクリアするためでもある。ダイハツでベーシックな軽自動車となるミライースのFF車のWLTCモード燃費は25.0km/Lと25.3km/Lまでもう少しなので、ハイブリッドの必要性は薄い。

新型タントハイブリッドは+20万円で収まる見込み

となると、ハイブリッドが搭載されるダイハツの軽自動車はスーパーハイトワゴンのタントからだろう。WLTCモード燃費がNAエンジンのFF車で21.0km/Lと決して良くなく、軽自動車の中では価格が高いのでハイブリッド化による価格アップを含みやすいという事実もある。

ハイブリッド化による価格アップはハイブリッドシステムが軽自動車用となる分の小ささ(部品を使う量の少なさ)と、あくまで想像となる前述のスズキとの協業などによる大量生産で、エコカー減税を含み実質20万円アップを期待したい。

>>ダイハツ タントに足りないのは派手さと内装の高級感!? ユーザーがタントに期待したいこととは!?【みんなの声を聞いてみた】

ダイハツとスズキから軽EVが登場するのも時間の問題

また、本格的な軽ハイブリッドができれば、EVへの発展もバッテリーの調達や車体への配置位置が整えば応用に近いので、ダイハツ、もしかするとスズキからも軽EVが登場するのは時間の問題ともいえそうだ。

ちなみに「トヨタはEV化が遅れている」と、誤解のようなことを言われている時期もあったが、ゴーサインが出れば来年登場するbZ4Xのような最先端のEVが控えているのはその証明の1つかもしれない。

いずれにしても軽自動車も電動化をはじめとしたCASEへの対応が迫られているだけに、ダイハツの軽ハイブリッドには注目したい。

【筆者:永田 恵一】

ダイハツ/タント
ダイハツ タントカタログを見る
新車価格:
124.3万円202.4万円
中古価格:
7.5万円238万円

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
永田 恵一
筆者永田 恵一

1979年生まれ。26歳の時に本サイトでも活躍する国沢光宏氏に弟子入り。3年間の修業期間後フリーランスのライターとして独立した。豊富なクルマの知識を武器に、自動車メディア業界には貴重な若手世代として活躍してきたが、気付けば中堅と呼ばれる年齢に突入中。愛車はGRヤリスと86、過去には日本自動車史上最初で最後と思われるV12エンジンを搭載した先代センチュリーを所有していたことも。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 山里のいおり 草円

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

ダイハツ タントの最新自動車ニュース/記事

ダイハツのカタログ情報 ダイハツ タントのカタログ情報 ダイハツの中古車検索 ダイハツ タントの中古車検索 ダイハツの記事一覧 ダイハツ タントの記事一覧 ダイハツのニュース一覧 ダイハツ タントのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる