autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ホンダ 新型 インサイト試乗|突如復活したHondaハイブリッドの3代目モデル、その正体とは!? 4ページ目

試乗レポート 2019/1/29 19:34

ホンダ 新型 インサイト試乗|突如復活したHondaハイブリッドの3代目モデル、その正体とは!?(4/6)

関連: ホンダ インサイト Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 茂呂 幸正
ホンダ 新型 インサイト「INSIGHT EX」
ホンダ 新型 インサイト「INSIGHT EX」ホンダ 新型 インサイト「INSIGHT EX」ホンダ 新型 インサイト「INSIGHT EX」ホンダ 新型 インサイト「INSIGHT EX」画像ギャラリーはこちら

ホンダ 新型インサイトを徹底評価【走行性能・乗り心地編】

快適な乗り心地に注目

注目したいのは足まわり。新型インサイトは乗り心地が快適だ。

EXグレードは17インチタイヤ(215/50R17・試乗車の銘柄はブリヂストン トランザER33)を装着しており、時速40キロ以下で街中を走ると若干コツコツした振動を伝えるが、それ以上の速度域では適度に柔軟で快適性が高まる。

走行安定性も良好だ。操舵感は正確性が高く、ドライバーの意図に忠実に曲がる。機敏ではないが、全幅が1800mmを超えるボディサイズを意識させない。4輪の接地性が優れ、下り坂のカーブでも安心できる。

乗り心地に配慮した足まわりだから、カーブを曲がったり車線を変える時にはボディを相応に傾かせるが、挙動の変化が穏やかに進むから安定を損ないにくい。ドイツ車的な重厚感はないが、運転感覚が適度に軽快で馴染みやすい。これは日本車が以前から備えていた特徴で、この良さを上手に引き出した。

16インチタイヤのLXグレードはさらに穏やか

ホンダ 新型 インサイト「INSIGHT LX」ホンダ 新型 インサイト「INSIGHT LX」ホンダ 新型 インサイト「INSIGHT LX」

ベーシックなLXグレードは16インチタイヤ(215/55R16・試乗車はミシュラン エナジーセーバーA/S)を装着する。燃費に配慮したから、指定空気圧が前輪:240kPa、後輪:230kPaとやや高い。EXは前後輪ともに220kPaだから、LXは少し上まわる。

それでも足まわりの設定をタイヤに合わせて調節したから、乗り心地は17インチのEXに比べて穏やかだ。その分だけLXは操舵に対する反応が少し曖昧で、スポーティに走った時にはタイヤの歪みも拡大するが、車両全体の動きはバランスが取れているからリラックスして運転できる。

気になったのはタイヤが路上を転がる時に発生させるノイズで、16/17インチともに、大きめに感じる。購入時には市街地走行で確認したい。

>>渡辺陽一郎がおススメする新型インサイトの狙い目グレードは[次ページ]

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

ホンダ インサイト の関連編集記事

ホンダ インサイトの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ インサイト の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR