autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ホンダ 新型 インサイト試乗|突如復活したHondaハイブリッドの3代目モデル、その正体とは!? 3ページ目

試乗レポート 2019/1/29 19:34

ホンダ 新型 インサイト試乗|突如復活したHondaハイブリッドの3代目モデル、その正体とは!?(3/6)

関連: ホンダ インサイト Text: 渡辺 陽一郎 Photo: 茂呂 幸正
ホンダ 新型 インサイト「INSIGHT EX」
ホンダ 新型 インサイト「INSIGHT EX」ホンダ 新型 インサイト「INSIGHT EX」ホンダ 新型 インサイト「INSIGHT EX」ホンダ 新型 インサイト「INSIGHT EX」画像ギャラリーはこちら

ホンダ 新型インサイトを徹底評価【メカニズム編】

“スポーツハイブリッド i-MMD”は1.5リッターとの組み合わせ

新型インサイトが搭載するハイブリッドシステムは、“スポーツハイブリッド i-MMD”(Intelligent Multi-Mode Drive)と呼ばれる。通常はエンジンが発電機を作動させ、その電気を使って駆動用モーターを回す。エンジンが直接駆動するのは、その方が効率の高い高速巡航時のみだ。モーターがホイールを駆動するから、運転感覚は電気自動車に近い。モーターは瞬発力が高いからアクセル操作に対する反応が機敏で、無段変速だから加速感も滑らかだ。

インサイトが搭載するi-MMDのエンジンは、クラリティPHEVと同じ1.5リッターになる。アコードやステップワゴンのi-MMDは2リッターだが、インサイトは世代が新しく効率を高めた。

モーターはH4型だからアコードなどと同じだが、電力供給の仕方が異なるため、インサイトは動力性能を少し抑えている。

ホンダ 新型 インサイト「INSIGHT EX」

軽量ボディや人の感性に合うチューニングの効果で運転しやすい

それでもボディが比較的軽く、EXの車両重量は1390kgだ。アコードハイブリッドEXの1600kgに比べると200kg以上軽いため、動力性能に余裕がある。加速力を普通のガソリンエンジンに当てはめると2.5リッター並みで、先に述べたようにアクセル操作に対する反応が機敏だから運転しやすい。

各種の制御も新しく、エンジンやインバーターのノイズを抑えた。エンジンを停止させたモーターのみの走行と、再始動を頻繁に繰り返しても、煩わしく感じない。エンジン回転数と速度も、なるべく連係するよう配慮した。

燃費を最優先すると、アクセルペダルを踏み増した時にエンジン回転を高効率な領域まで一気に高めたいが、ドライバーは駆動力が適切に伝わっていないような違和感を抱く。現行アコードの初期モデルは、この傾向が顕著だった。

そこでインサイトは、エンジン回転数と速度増減のズレを抑えた。ただしドライバーの感覚を重視しすぎると、肝心の燃費効率が悪化する。開発者は「緻密にバランスを取るのに苦労した」とコメントした。日本のFF車で一般的なCVT(自動無段変速AT)にも高効率と運転感覚の両立という意味で、似たようなことが当てはまる。

>>ホンダ 新型インサイトを徹底評価【走行性能編】[次ページ]

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

ホンダ インサイト の関連編集記事

ホンダ インサイトの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ インサイト の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR