MOTAトップ 記事・レポート 新車情報 新車比較 三菱 デリカD:5 vs 日産 セレナ どっちが買い!? 徹底比較

3台比較 2019/7/24 10:00

三菱 デリカD:5 vs 日産 セレナ どっちが買い!? 徹底比較

三菱 デリカD:5 vs 日産 セレナ
三菱 新型デリカD:5三菱 新型デリカD:5三菱 新型デリカD:5三菱 新型デリカD:5画像ギャラリーはこちら

三菱、日産を代表するミニバンを徹底比較!

3列シートを備えたミニバンは、人気の高いカテゴリーだ。背の低いワゴン風のミニバンは車種を減らしたが、全高が1700mmを超えるスライドドアを備えたタイプは、ファミリーカーの定番になった。

この中でも特に注目度の高い車種が三菱 デリカD:5だ。現行型は2007年の発売だが、2019年にクリーンディーゼルターボエンジン搭載車に大幅な改良を加えた。またフロントマスクなどの外観、エンジン、サスペンション、安全装備など、フルモデルチェンジ並みに進化させている。

一方、ミニバンの売れ筋車種は日産 セレナだ。標準ボディが5ナンバーサイズに収まるミドルサイズミニバンで運転しやすく、背の高いボディによって車内は広い。またハイブリッドのe-POWERも用意され、2019年上半期(2019年1~6月)は、ミニバンの最多販売車種となった。

そこで三菱 デリカD:5のディーゼルモデルと、日産 セレナ e-POWERを比べてみる。

>>デリカD:5とセレナの内外装を画像で比較

三菱 デリカD:5 vs 日産 セレナ|ボディスタイル/サイズ/視界/取りまわし性比較

デリカD:5は、SUVに限りなく近いミニバンといえるだろう。最低地上高(路面とボディの最も低い部分との間隔)は185mmだから、セレナ e-POWERの140mmを大幅に上まわり、悪路のデコボコも乗り越えやすい。

ボディサイズは、デリカD:5の全長が4800mm、全幅は1795mmだ。セレナで売れ筋のe-POWER ハイウェイスターは、全長4770mm・全幅1740mmになる。最小回転半径はデリカD:5が5.6m、セレナは5.5mだ。

デリカD:5の外観はSUV風で個性的だが、セレナはサイドウィンドウの下端を低めに抑えて視界を向上させた。小回り性能も、若干狭い全幅と相まってセレナが優れている。

勝者:セレナ

三菱 デリカD:5 vs 日産 セレナ|内装のデザイン/質感/操作性/視認性比較

内装の仕上げは、設計の新しいセレナが少し上質だ。メーターはセレナが高い奥まった位置に装着して、視認性を向上させた。その割に圧迫感はあまり意識させない。

セレナで注意したいのはハンドルの形状だ。直進状態で下側が平らになるD字型を採用する。今の日産車に多い形状だが、操舵の仕方によっては扱いにくい。そして日産 デイズは「D字型ハンドルも検討したが、違和感が生じる」という理由で、普通の円形にしている。

その点でデリカD:5のインパネは、オーソドックスだが違和感も生じにくい。

勝者:デリカD:5

三菱 デリカD:5 vs 日産 セレナ|前後席の居住性比較

シートの座り心地は、設計の新しいセレナが上まわる。1列目シートは、デリカD:5でも不満はないが、セレナは腰の近辺をしっかりと支えて肩まわりのサポート性も良い。

2列目も肩の支え方などは、セレナが少し優れている。ただしセレナ e-POWERの場合は、1列目の下側に駆動用リチウムイオン電池が収まる。そのために2列目に座った乗員の足が、1列目の下に収まりにくい。快適に座るには、2リッターのノーマルエンジン(Sハイブリッド)搭載車に比べると、2列目のスライド位置を少し後退させねばならない。

セレナが2列目のスライド位置を後退させると、3列目に座る乗員の足元空間が狭まる。身長170cmの大人6名が乗車して、握りコブシ1つ少々しか確保できない。

一方、デリカD:5は、2列目に座る乗員の足が1列目の下側にスッポリと収まるため、スライド位置を前側に寄せやすい。そうなると3列目の膝先空間を握りコブシ2つ少々まで拡大できる。またデリカD:5の3列目はスペースが広く、しかも3列目については、座り心地もデリカD:5が快適だ。

従って多人数乗車時の居住性はデリカD:5が勝るが、3列目をほとんど使わないユーザーが、1/2列目だけで判断するとセレナが上質だ。

勝者:デリカD:5

三菱 デリカD:5 vs 日産 セレナ|乗降性比較

デリカD:5は最低地上高を十分に確保したこともあり、床が高い。セレナもトヨタ ヴォクシー/ノア/エスクァイアやホンダ ステップワゴンに比べると70mmほど高いが、デリカD:5はそれ以上に高いから、乗降性が良くない。セレナの方が乗り降りしやすい。

勝者:セレナ

三菱 デリカD:5 vs 日産 セレナ|荷室比較

デリカD:5はボディがワイドで荷室幅にも余裕を持たせたが、セレナも十分に広い。3列目シートを畳むと、自転車などを収納できる。

注意したいのはデリカD:5のシートアレンジだ。3列目シートの格納(左右に跳ね上げる方式)には体力を要する。シートを降ろす時も、重いから注意したい。その点でセレナは、力を入れずに上げ下げできる。

勝者:セレナ

三菱 デリカD:5 vs 日産 セレナ|動力性能&エンジンフィーリング比較

デリカD:5のエンジンは、2.2リッターのクリーンディーゼルターボだ。最高出力は145馬力(3500回転)、最大トルクは38.7kg-m(2000回転)だから、実用回転域の駆動力が高い。発進直後の1400回転前後から余裕があり、1500~3000回転が最もパワフルに感じる。

Dレンジでアクセルペダルをフルに踏み込むと、3500回転でシフトアップした。5000回転近くまで吹き上がるマツダの2.2リッター ディーゼルとは印象が異なる。

また2000回転以下で緩くアクセルペダルを踏み増した時などは、ディーゼル特有のノイズが少し気になる。出力の発生の仕方も含めて、ディーゼルの個性が強い。このあたりは好みの分かれるところだ。

セレナ e-POWERは、1.2リッターエンジンが発電機を作動させ、そこで生み出された電気を使ってモーターを駆動する。エンジンがホイールを直接駆動することはないから、動力性能の性格は基本的に電気自動車と同じだ。加速は滑らかで、モーター駆動だから瞬発力もある。

通常の動力性能は、ガソリンエンジンに当てはめると2.5リッター相当だが、巡航中にアクセルペダルを踏み増した時には3リッター並みの余裕を感じる。

デリカD:5のディーゼルは実用回転域で力強いが、一般的にはセレナe-POWERの運転感覚が馴染みやすい。

勝者:セレナ

三菱 デリカD:5 vs 日産 セレナ|走行安定性比較

デリカD:5は足まわりを刷新して、安定性が向上した。後輪の接地性も高まり、操舵した時の反応も以前に比べると正確になった。

またセレナも駆動用電池の搭載に伴い、低重心になってボディ下まわりの剛性を高めている。ボディは2リッターのノーマルエンジン搭載車に比べて70kgほど重いが、挙動は落ち着いた印象だ。

その上で比べると、安定性が優れているのはセレナになる。デリカD:5の車両重量は1900kgを超えるから、セレナe-POWERは約200kg軽い。重心も低く、峠道のカーブを曲がる時などの揺り返しを抑えた。

勝者:セレナ

三菱 デリカD:5 vs 日産 セレナ|悪路走破力比較

デリカD:5の悪路走破力は、4WDを備えたミニバンの中で最も優れている。4WDシステムは多板クラッチを使って前後輪に駆動力を配分するが、ロックモードも備わり、滑りやすい路面でも駆動力を確実に伝える。最低地上高にも余裕があるから、悪路走破力はSUV並みに高い。

勝者:デリカD:5

三菱 デリカD:5 vs 日産 セレナ|乗り心地比較

デリカD:5の乗り心地は、時速50km/h以下では硬めに感じる。バタバタした粗さはないが、18インチサイズのタイヤとホイールが重い印象だ。速度が上昇すると快適になる。

セレナの乗り心地は比較的しなやかで、低い速度域でも比較的快適だ。

勝者:セレナ

三菱 デリカD:5 vs 日産 セレナ|安全&運転支援機比較

歩行者を検知できる緊急自動ブレーキは、両車ともに標準装着している。デリカD:5には後方を走る並走車両を検知する機能などが備わるが、セレナも移動物検知機能を備えたアラウンドビューモニター、クルーズコントロール作動時の操舵支援など、多岐にわたる機能を加えた。

勝者:セレナ

三菱 デリカD:5 vs 日産 セレナ|燃費性能&エコカー減税比較

デリカD:5のディーゼルは、JC08モード燃費が13.6km/Lだ。セレナ e-POWERは26.2km/Lだから、燃料代はセレナが安い。

エコカー減税は両車ともに免税(100%の減税)になる。クリーンディーゼルを搭載したデリカD:5は、クリーンエネルギー自動車に含まれるため、燃費数値に関係なく免税だ。

勝者:セレナ

三菱 デリカD:5 vs 日産 セレナ|グレード構成と価格の割安度比較

機能と価格のバランスを見ると、デリカD:5のG(394万2000円)と、セレナ e-POWERハイウェイスターV(340万4160円)が吊り合う。

約54万円の差額が生じるが、デリカD:5は4WD、セレナ e-POWERは2WDだから、この機能の違いを補正すると価格差は実質30万円に縮まる。

この価格差でも、一般的にはセレナが割安と受け取るだろう。ディーゼルよりもハイブリッドの方が高コストと考えられるからだ。

しかしディーゼルが好みのユーザーにとっては、居住性の違いなども含めると、デリカD:5に魅力を感じる。

勝者:セレナ

三菱 デリカD:5 vs 日産 セレナ|総合評価/どっちが買い!?

デリカD:5のディーゼル搭載車は、2019年のマイナーチェンジで大幅に魅力を増したが、セレナに比べると今でもマニアックな選択肢だ。高い床面、格納操作が重い3列目シート、ディーゼルの特徴を明確に表現したエンジン特性、大きめに響くノイズ、ボディの重さを感じさせる操舵感覚などは、一般的ではないだろう。従って幅広いユーザーに推奨できるミニバンはセレナだ。

ただしデリカD:5には、ほかのミニバンでは得られない独自の魅力が多い。それが好みに合うユーザーにとっては、唯一無二の選択肢になり得る。従ってデリカD:5を何台も乗り継ぐユーザーも多い。

勝者:セレナ

[筆者:渡辺 陽一郎]

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

日産 セレナ の関連編集記事

日産 セレナの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 セレナ の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR