レヴォーグSTIスポーツ/パサートGTEヴァリアント/Cクラスワゴンを徹底比較 ~スポーティーで上質なステーションワゴン~(3/4)

  • 筆者: 渡辺 陽一郎
  • カメラマン:茂呂幸正・和田清志・小林岳夫
レヴォーグSTIスポーツ/パサートGTEヴァリアント/Cクラスワゴンを徹底比較 ~スポーティーで上質なステーションワゴン~
スバル レヴォーグSTIスポーツ スバル レヴォーグSTIスポーツ スバル レヴォーグSTIスポーツ スバル レヴォーグSTIスポーツ スバル レヴォーグSTIスポーツ スバル レヴォーグSTIスポーツ スバル レヴォーグSTIスポーツ スバル レヴォーグSTIスポーツ スバル レヴォーグSTIスポーツ スバル レヴォーグSTIスポーツ スバル レヴォーグSTIスポーツ 画像ギャラリーはこちら

後席の座り心地が快適で安全装備も充実させた

スバル レヴォーグSTIスポーツスバル レヴォーグSTIスポーツ

レヴォーグのインパネは、ほかのスバル車に通じる水平基調のデザインだ。基本的な考え方は「0次安全」で、メーターの視認性やスイッチ類の操作性に重点を置く。

例えばエアコンのスイッチは比較的高い位置に配置され、手を大きく下げず手探りで操作できる。質感にも配慮され、インパネの中央部分には光沢のあるブラックのパネルを装着した。

シートはSTIスポーツ専用の本革で、前席は肩まわりまで含めてサポート性が良い。背もたれの支え方も日本車では優れた部類に入る。腰の近辺の硬さと、張り出し方もちょうど良い。着座姿勢が乱れにくく、長距離移動時も快適だ。

後席は前席に比べて硬めの車種が多いが、レヴォーグは比較的柔軟に仕上げた。腰の収まりが良く、背もたれの角度もちょうど良い。

身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る同乗者の膝先空間は握りコブシ2つ少々。頭上にも握りコブシ1つを超える余裕があり、広々感はないが後席も実用的だ。ミドルサイズワゴンでは4名乗車時の居住性が優れ、ファミリーカーの用途に適する。

装備では安全面に注目したい。2個のカメラを使うアイサイトは、車両だけでなく歩行者も検知して、衝突の危険が生じた時には警報を行って緊急自動ブレーキも作動させる。

運転支援の機能も充実させた。車間距離を自動調節しながら先行車に追従走行する全車速追従機能付きクルーズコントロールに加えて、アクティブレーンキープも備わる。ステレオカメラが車線を認識して、中央部分を走れるようにハンドル操作を支援する機能だ。作動にはハンドルを保持することが条件で、先日フルモデルチェンジした日産 セレナに採用されたプロパイロットに近い機能を発揮する。

このほかベースのグレードではオプション設定になるアドバンスドセイフティパッケージをSTIスポーツでは標準装着とした。ドライバーの死角に入る後続車両を知らせたり、駐車場から後退しながら出庫する時の接近車両を知らせる機能もある。ハイ/ロービームの自動切り替えなども行う。

>>スバル レヴォーグSTIスポーツの画像ギャラリーはこちら(インテリア)

スバル レヴォーグSTIスポーツスバル レヴォーグSTIスポーツスバル レヴォーグSTIスポーツスバル レヴォーグSTIスポーツスバル レヴォーグSTIスポーツ

リラックスできる雰囲気と広くて快適な後席が特徴

フォルクスワーゲン パサートGTEヴァリアントフォルクスワーゲン パサートGTEヴァリアント

インパネのデザインはワイド感を強調して開放的な印象だ。ライバル2車がスポーティーで引き締まり感を伴うのに対し、パサートはリラックスできる雰囲気に仕上げた。

エアコンのスイッチは低い位置に装着されるが手探りで操作しやすい。前後にスライドさせるATレバーなどを含めて、従来のVWから代替えするユーザーも馴染みやすい。

前席はサイズに余裕があり、内装の雰囲気と同様にゆったりと座れる。サポート性に重点を置いていないようにも感じるが、肩まわりの支え方が良く、長距離移動時の快適性も高い。

後席は座面の柔軟性がいまひとつだが着座姿勢はちょうど良い。ホールド性も適度で着座姿勢が安定する。

注目されるのは後席の広さだ。身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る同乗者の膝先空間は握りコブシ3つ弱に達する。頭上にも十分な余裕があり、後席はかなり快適だ。

さらに荷室も張り出しを抑えた造りで、快適性と積載性というワゴン本来の機能を重視した。

このあたりは欧州におけるワゴンの使われ方も影響している。というのも、欧州では走行速度が全般的に高く、ビジネスの分野でも安定性の優れた低重心のワゴンを荷物の運搬に使うことがあるからだ。日本では荷物を積むならミニバンや商用車、走りとデザインを重視するならワゴンという選び分けだが、欧州では事情が異なる。

安全装備はセンサーにミリ波レーダーとカメラを使う。緊急自動ブレーキは、車両だけでなく歩行者にも対応。ドライバーの死角に入る斜め後方の並走車両を知らせたり、駐車場から後退しながら出庫する時の安全も確保する。

運転支援の機能も充実して、全車速追従型のクルーズコントロールに加え、トラフィックアシストと呼ばれる渋滞時追従支援システムも採用した。時速60km以下で追従走行している時は、アクセルとブレーキに加えて、ハンドル操作の支援も積極的に行う。

>>VW パサートGTEヴァリアントの画像ギャラリーはこちら(インテリア)

フォルクスワーゲン パサートGTEヴァリアントフォルクスワーゲン パサートGTEヴァリアントフォルクスワーゲン パサートGTEヴァリアントフォルクスワーゲン パサートGTEヴァリアントフォルクスワーゲン パサートGTEヴァリアント

緊急自動ブレーキなどの安全装備と運転支援の機能を充実

メルセデス・ベンツ Cクラスワゴンメルセデス・ベンツ Cクラスワゴン

Cクラスワゴンのインパネは、設計の新しいメルセデス・ベンツに共通するデザインで、中央の上部にはエアコンの吹き出し口を備える。

前席の間にあるセンターコンソールにはコマンドシステムを装着。ダイヤルで各種の情報を選んで操作する。さまざまな機能を盛り込めることが特徴で、最近はマツダ車などを含めて幅広い車種がこのタイプを採用する。見栄えも良いが、操作プロセスが少し多く、使い慣れるまでに若干時間を要する。

メルセデス・ベンツではATレバーのサイズも小さい。スライド式ではなく、シフトチェンジはハンドル奥に配置されたパドルシフトで行う。このあたりも好みが分かれるだろう。もっともこれらの機能を盛り込んだ結果、インパネ周辺がスッキリした。プレミアムブランドとあって質感が高く、メッキパーツの使い方にも抑制を利かせた。落ち着いた雰囲気を感じる。

後輪駆動らしく前席中央のセンターコンソールは高めに設定され、適度な囲まれ感がある。BMW3シリーズほど引き締まった印象はないが、車両との一体感を得やすい。

前席の座り心地はさほど柔軟ではないがサポート性は良い。長距離を移動するのに適した仕上がりだ。

後席は床と座面の間隔が少し不足して、座ると腰が落ち込みやすい。座面も硬めで柔軟性が乏しいが、着座姿勢を安定させやすい。

身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る乗員の膝先空間は握りコブシ2つ分。広々感はないが窮屈にも感じないので、ファミリーカーとしても適している。

安全装備は先進的だ。2種類のレーダー波と2個のカメラをセンサーとして使い、緊急自動ブレーキを作動させる。前方の車両や歩行者だけでなく、交差点などで左右方向から進行する車両を検知できることも特徴だ。

車間距離を自動制御できるクルーズコントロールの作動も綿密で、車線の中央を走れるようにハンドルの操作を支援する機能も備わる。

>>メルセデス・ベンツ Cクラスワゴンの画像ギャラリーはこちら(インテリア)

メルセデス・ベンツ Cクラスワゴンメルセデス・ベンツ Cクラスワゴンメルセデス・ベンツ Cクラスワゴンメルセデス・ベンツ Cクラスワゴンメルセデス・ベンツ Cクラスワゴン

内装・装備の総評

居住空間には、各メーカーの持ち味が明確に表現されている。レヴォーグSTIスポーツはスバル車らしく、上質感と併せてスポーティーな雰囲気だ。ボディサイズがコンパクトな割に、後席を快適に造り込んだことも特徴になる。

パサートGTEヴァリアントは、VWらしい馴染みやすさが持ち味で、初めて運転する人も戸惑いにくい。車内は開放的で、特に後席の居住性は3車種の中で最も快適だ。

メルセデス・ベンツ Cクラスワゴンは3車種の中では質感が最も高い。先進機能が特徴で、慣れを要するもののコマンドシステムやATレバーは新しい。

そしてメルセデス・ベンツの先進性は、安全装備と運転支援の機能にも見受けられる。安全装備はさまざまな場面に対応し、運転支援の作動も巧みだ。

最近はセレナのプロパイロット、メルセデス・ベンツ Eクラスのドライブパイロットなどで運転支援が注目されるが、最も優先すべきは事故の回避だ。メルセデス・ベンツ Cクラスは安全性にも重点を置く。

なお価格は、レヴォーグ1.6STIスポーツアイサイトが348万8400円、2.0STIスポーツアイサイトが394万2000円になる。

パサートGTEヴァリアントは539万9000円、上級のGTEアドンバンスは599万9000円だ。

メルセデス・ベンツ Cクラスワゴンは、1.6リッターターボのC180ワゴンアバンギャルドが550万円、2.2リッターターボのC220dワゴンアバンギャルドは607万円。価格は高めだが、レーダーセーフティパッケージが全車に標準装着され、C220dにはハイビーム状態を維持しながら相手車両の眩惑を抑えるアダプティブハイビームアシストプラスなども備わる。価格が高い代わりに装備も充実させた。

この記事の画像ギャラリーはこちら

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

なかの たくみ (MOTA編集長)
監修者なかの たくみ (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 藤龍館

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大20社の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

人気記事ランキング
  • 最新
  • 週間
  • 月間

新着記事

話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

スバル レヴォーグの最新自動車ニュース/記事

スバルのカタログ情報 スバル レヴォーグのカタログ情報 スバルの中古車検索 スバル レヴォーグの中古車検索 スバルの記事一覧 スバル レヴォーグの記事一覧 スバルのニュース一覧 スバル レヴォーグのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる