V40・Aクラス・1シリーズを徹底比較 -300万円で本格輸入車ライフを満喫できる最新5ドアハッチ-(1/4)

V40・Aクラス・1シリーズを徹底比較 -300万円で本格輸入車ライフを満喫できる最新5ドアハッチ-
画像ギャラリーはこちら

輸入車は高くて買えない時代はもう終わり!1.6リッターの5ドアハッチは日本車と同等の割安感

ボルボ、メルセデス・ベンツ、BMWなどを新車で購入したと聞けば、大半の人は「高価格車を買った」と思い込む。羨ましい、妬ましい、あるいは今どき珍しいクルマ好きだとか、いろいろな感情で受け取られるものだ。

しかし、このような時代もそろそろ終わりかも知れない。いわゆる名ブランドの輸入車メーカーから、買い得な5ドアハッチバックが続々と登場したからだ。

「買い得」とは、単なる安いクルマとは違う。走行性能や居住性などの機能、乗り心地やデザインといった質感、さらに装備を含めた総合的な商品力に対して、価格を割安に抑えていることだ。「価格対満足度の高いクルマ」と表現しても良いだろう。この価値観において、注目される最先端の3車種を比べてみたい。

車名とオプションを付けない最廉価グレードの価格を挙げると、ボルボV40・T4が269万円、メルセデスベンツAクラスが284万円、BMW116iが308万円になる。日本車でいえば、レガシィツーリングワゴンやエスティマの売れ筋グレードと同等だ。3車種ともにターボを備えた1.6リッターエンジンを主力に搭載し、動力性能は2~2.5リッタークラス並み。燃費性能も優れている。

これらの車種は世界的にダウンサイジングが進む中で登場したが、日本における販売戦略上も重要な存在。今はエコロジーの流れもあり、かつてブランド力を押し上げた「高級車メーカー」のイメージが、マイナスに作用する懸念も生じているからだ。

だからといってブランド力を下げたら、選ぶ価値が根本的に薄れてしまう。ブランド力を維持しつつ、イメージの硬直化を防いで間口を広げねばならない。その難しい戦略を担うのが、ここで取り上げる3車種になる。

1 2 3 4 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 仙郷楼
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

ボルボ V40の最新自動車ニュース/記事

ボルボのカタログ情報 ボルボ V40のカタログ情報 ボルボの中古車検索 ボルボ V40の中古車検索 ボルボの記事一覧 ボルボ V40の記事一覧 ボルボのニュース一覧 ボルボ V40のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる