autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 新車比較 V40・Aクラス・1シリーズを徹底比較 -300万円で本格輸入車ライフを満喫できる最新5ドアハッチ-

3台比較 2013/4/14 00:00

V40・Aクラス・1シリーズを徹底比較 -300万円で本格輸入車ライフを満喫できる最新5ドアハッチ-(1/4)

V40・Aクラス・1シリーズを徹底比較 -300万円で本格輸入車ライフを満喫できる最新5ドアハッチ-

輸入車は高くて買えない時代はもう終わり!1.6リッターの5ドアハッチは日本車と同等の割安感

ボルボ、メルセデス・ベンツ、BMWなどを新車で購入したと聞けば、大半の人は「高価格車を買った」と思い込む。羨ましい、妬ましい、あるいは今どき珍しいクルマ好きだとか、いろいろな感情で受け取られるものだ。

しかし、このような時代もそろそろ終わりかも知れない。いわゆる名ブランドの輸入車メーカーから、買い得な5ドアハッチバックが続々と登場したからだ。

「買い得」とは、単なる安いクルマとは違う。走行性能や居住性などの機能、乗り心地やデザインといった質感、さらに装備を含めた総合的な商品力に対して、価格を割安に抑えていることだ。「価格対満足度の高いクルマ」と表現しても良いだろう。この価値観において、注目される最先端の3車種を比べてみたい。

車名とオプションを付けない最廉価グレードの価格を挙げると、ボルボV40・T4が269万円、メルセデスベンツAクラスが284万円、BMW116iが308万円になる。日本車でいえば、レガシィツーリングワゴンやエスティマの売れ筋グレードと同等だ。3車種ともにターボを備えた1.6リッターエンジンを主力に搭載し、動力性能は2~2.5リッタークラス並み。燃費性能も優れている。

これらの車種は世界的にダウンサイジングが進む中で登場したが、日本における販売戦略上も重要な存在。今はエコロジーの流れもあり、かつてブランド力を押し上げた「高級車メーカー」のイメージが、マイナスに作用する懸念も生じているからだ。

だからといってブランド力を下げたら、選ぶ価値が根本的に薄れてしまう。ブランド力を維持しつつ、イメージの硬直化を防いで間口を広げねばならない。その難しい戦略を担うのが、ここで取り上げる3車種になる。

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

ボルボ V40 の関連編集記事

ボルボ V40の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ボルボ V40 の関連編集記事をもっと見る

ボルボ V40 の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR