宿敵フェラーリを倒せっ! 男たちの意地が激突する映画『フォードvsフェラーリ』

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
2020年1月10日(金)から全国で公開される映画『フォードvsフェラーリ』。ル・マン24時間レースを舞台に、普通車で世界を席巻したフォードが、レース界の絶対王者であるフェラーリに挑んでいく!

打倒フェラーリを掲げたフォードGT40を画像でチェック![フォトギャラリー]

勝つのはフォードか、それともフェラーリか!?

大衆車メーカーとして世界を席巻したフォードが、レーシングカーの名門フェラーリをレースで打ち負かしたことがあるという事実を知っているだろうか? 耐久レースの代名詞、ル・マン24時間レースで、フォードはフェラーリに勝利している。その歴史的な事実を、英国人ドライバーとアメリカ人チューナーの二人を中心に、フォード側から映像化したのが、2020年1月10日(金)から日本全国で公開される映画『フォードvsフェラーリ』だ。

フォード vs フェラーリ 公式サイト

フォードは、市販車をさらに売るためにレースで勝利したい。一方で当時レースシーンを席巻していたフェラーリはというと、レース資金を捻出するために市販車をさらに売りたい。そこでフォードはフェラーリの買収を企てる。フォードのアイアコッカはエンツォ・フェラーリにアポイントを取り直接買収交渉を行うも、巨大な横やりが入り破談。その際エンツォに吐かれた言葉がきっかけとなり、フォード社内で打倒フェラーリの狼煙が上がることになる。

映画の主人公は、癖は強いがドライビング技術は抜群のドライバー、ケン・マイルズ(クリスチャン・ベイル)と、ル・マンのウィナードライバーでありチューナーのキャロル・シェルビー(マット・デイモン)。シェルビーは、過去にはドライバーとしてル・マンを制していながら心臓の病でドライバーを諦め、クルマのチューナーに転身した人物。シェルビー・コブラの生みの親といえば、覚えがある人も多いだろう。この二人を中心に、フォードの代表取締役や重役勢、モータースポーツ担当などがぞれぞれの思惑でル・マンという偉大なレースに挑んでいく。

これまでレースとはまったく縁のなかったフォードが社運をかけて開発したレーシングカー GT40だったが、戦闘力はフェラーリに劣っていた。そこでル・マンに間に合わせるべく、ケン・マイルズとキャロル・シェルビーが徹底的に鍛えていく。車両開発中やレースでの走行シーンは迫力満点で、実際にフォードGT40に乗っているかのよう。とくにル・マンでライバルとなるフェラーリ330P4とのバトルシーンは、緊迫感と臨場感に溢れ、手に汗握る展開が続く。レースシーン自体は映画全体の半分近くを占めるが、その長さをまったく感じさせないはずだ。

従順ではないケン・マイルズを疎むフォード経営陣との確執はどうなったのか? 果たしてフォードはフェラーリに勝つことができたのか? そしてキャロル・シェルビーは監督としてル・マンでの勝利を得られたのか? その結果は、ぜひ劇場で確かめて欲しい。

古いレースファンやクルマ好きは絶対にドハマリするだろう。レースなんてまったく興味ないという人でも、ドライバーとチーム、そして組織が絡み合う人間ドラマに引き込まれるに違いない。『フォードvsフェラーリ』、オススメです。

映画 『フォードvsフェラーリ』 2020年1月10日(金)全国ロードショー

配給: ウォルト・ディズニー・ジャパン

(C)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やソーシャルもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... きたの風茶寮
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

フォードの最新自動車ニュース/記事

フォードのカタログ情報 フォードの中古車検索 フォードの記事一覧 フォードのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる