autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム もう少し稼働速度域が欲しい、ダイハツの新世代自動ブレーキ【コラム】

自動車評論家コラム 2015/5/8 12:49

もう少し稼働速度域が欲しい、ダイハツの新世代自動ブレーキ【コラム】

もう少し稼働速度域が欲しい、ダイハツの新世代自動ブレーキ【コラム】

あまり進化していない?ダイハツの自動ブレーキ

新たに衝突回避支援システム「スマートアシストⅡ」を採用している、ダイハツ ムーヴダイハツ スマートアシストⅡイメージ

ダイハツが新しいタイプの自動ブレーキシステム「スマートアシストII」を出してきた。

ダイハツ、「ムーヴ」と「タント」を一部改良 ~衝突回避支援システム採用~

システムを見ると赤外線レーザーとカメラを組み合わせたもの。先日トヨタが出してきたシステムと同じなので、共用しているのかと思ったら、性能は全く違っていた。ダイハツの新システム、期待値を下回ってます。

ここにきて各社から続々登場してきた自動ブレーキのシステムや性能は大きな幅を持つ。「素晴らしい!」と感心するシステムもあれば「付いていないよりいいですね」といったものもあります。ダイハツの新システムを紹介するメディアを見ると、ヨイショばかりで、的確な評価が見当たらない。

そこでキッチリ分析してみたい。

トヨタ 新世代自動ブレーキシステム作動イメージ

まず自動ブレーキの能力だけれど、稼働速度域は5~50km/hとなっている。

今までダイハツが使っていた赤外線レーザーを単独で使っているシステムだと30km/hまで。31km/hになると機能の全てがカットされてしまう。31km/hだとノーブレーキで突っ込む、ということ。

ダイハツ 衝突警報機能(対歩行者)

それからすれば20km/hくらい稼働速度域は向上した。ちなみに赤外線レーザー+カメラを使うトヨタのシステムは80km/hまで稼働する。この点でトヨタと違うということが解ります。とはいえ軽自動車でも70km/hくらいまでの稼働速度域が欲しいところ。もうひとがんばりして欲しい。

停止可能速度は20km/h以下と説明されている。そして30km/hまでなら、衝突するけれど減速してくれるという。このあたりは実車テストしてみないと不明ながら、今までの赤外線レーザー単独のシステムも20km/h以下で停止可能だった。ということからすればあまり進化していない?

新たに新世代自動ブレーキシステムを搭載するトヨタ カローラアクシオ
トヨタ 新世代自動ブレーキシステム作動イメージトヨタ レーザーレーダー&単眼カメラ(オプション装着)

興味深いのが歩行者感知。

トヨタの新しいシステムだと歩行者は全く感知出来ない(感知していると思うが反応させない)。ダイハツは対応している。といってもスバル「アイサイト」のように自動ブレーキを掛ける、という制御までは行っておらず、あくまで警報を出すだけ。無いより良いですけど。

これで価格は従来タイプより1万円高。なかなか微妙な評価である。

今や自動ブレーキの基準性能は、トヨタの新しいシステムだ。ダイハツの新世代自動ブレーキ、ライバルが一段階高い性能を持たせてくれば、あっという間に時代遅れになります。

トヨタのシステムをそのまま使わせて貰えば良かったと思う。

筆者: 国沢 光宏

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

ダイハツ ムーヴ の関連編集記事

ダイハツ ムーヴの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ ムーヴ の関連編集記事をもっと見る

ダイハツ ムーヴ の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR