autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ダイハツ、「ムーヴ」と「タント」を一部改良 ~衝突回避支援システム採用~

自動車ニュース 2015/4/27 16:31

ダイハツ、「ムーヴ」と「タント」を一部改良 ~衝突回避支援システム採用~

タントは使い勝手や外観魅力も向上

ダイハツ ムーヴカスタム
ダイハツ ムーヴダイハツ タント

ダイハツは、「ムーヴ」と「タント」に一部改良を施し5月11日(月)より発売開始する。

今回の一部改良では、ムーヴ、タント共に衝突回避支援システム「スマートアシストII」を採用。60万台を越える販売を達成し、衝突回避支援システムとして軽自動車No.1の販売を誇る「スマートアシスト」のさらなる性能向上を図るため「カメラ」を新搭載することで、新機能の追加と、従来機能の性能向上を実現しながら、これらの先進デバイスを求めやすい価格設定とした。

進化したスマートアシストIIでは、新機能となる「衝突警報機能(対歩行者)」や「車線逸脱警報機能」を追加。さらに衝突回避支援ブレーキ機能の作動速度を約4~50km/hに拡大するなど、従来の機能も性能向上した。

また、タントは2014年度の軽自動車新車販売台数でNo.1になったことを記念して、好評のトップエディションにLEDフォグランプや専用14インチアルミホイールなどを装備し魅力向上を図った。その他パワースライドドアにワンタッチオープン機能の追加や、VSC&TRCを全車標準装備とするなど、使い勝手の良さと基本性能をさらに磨き上げた。

価格(消費税込)は「ムーヴ」が1,134,000円~、「ムーヴカスタム」が1,404,000円~、「タント」が1,220,400円~、「タントカスタム」1,528,200円~となっている。

衝突回避支援システム「スマートアシストII」の採用

ダイハツ タント

従来のスマートアシストで搭載していた「レーザーレーダー、ソナーセンサー」に加え、「カメラ」を新搭載し、機能追加や性能向上を実現。

<機能追加>

・衝突警報機能(対歩行者)

約4~50で走行中、前方に歩行者を認識し、衝突の危険性があると判断した場合に、ブザーとメーター内の警告灯でドライバーに危険を警告

・車線逸脱警報機能 

約60km/h以上で走行中に、ウィンカーを出さずに、走行している車線から車両がはみ出しそうになると、ブザーとメーター内の警告灯でドライバーに危険を警告

<性能向上>

・衝突回避支援ブレーキ機能

従来は、約4~30km/hで走行中に前方車両を認識し、衝突の危険性が高まった場合に、緊急ブレーキが作動することで、被害軽減や衝突回避を支援。今回は、約4~50km/hで走行中に前方車両を認識し、衝突の危険性が高まった場合に、緊急ブレーキが作動し、被害軽減や衝突回避を支援

・衝突警報機能(対車両)

従来は約4~30km/hで走行中に前方の車両を認識していたが、スマートアシストIIでは、約4~100km/hでの走行中に前方の車両を認識し、衝突の危険性があると判断した場合に、ブザーとメーター内の警告灯でドライバーに危険を警告

スマートアシストIIイメージ突警報機能(対歩行者)衝突警報機能(対車両)衝突警報機能(対歩行者)車線逸脱警報

タントの使い勝手の良さや外観魅力を向上

・パワースライドドアにワンタッチオープン機能を追加し、ミラクルオープンドアの使い勝手の良さをさらに向上

・VSC&TRCを全車標準装備化することで、安全性を向上

・LEDヘッドランプをメーカーオプションで設定

・トップエディション全車にLEDフォグランプを採用

・カスタムX“トップエディションSAII”のアルミホイール意匠を刷新

・ディープブルークリスタルマイカやシルキーグリーンパールなど新色5色を追加し、カラーバリエーションを充実

ダイハツ ムーヴ 関連ページ

ダイハツ タント 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ダイハツ ムーヴ の関連記事

ダイハツ ムーヴの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ダイハツ ムーヴ の関連記事をもっと見る

ダイハツ ムーヴ の関連ニュース

ダイハツ 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/18~2017/8/18