autoc-one.jp 記事・レポート 特集 特別企画 もう一度観たい! おすすめクルマ映画 Vol.3『フェラーリの鷹』|イラストレーター・遠藤 イヅル編

特別企画 2018/2/11 12:00

もう一度観たい! おすすめクルマ映画 Vol.3『フェラーリの鷹』|イラストレーター・遠藤 イヅル編

関連: シトロエン DS3 Text: 遠藤 イヅル Photo: イラスト:遠藤イヅル
フェラーリの鷹(Illust:遠藤イヅル)
フェラーリの鷹(Illust:遠藤イヅル)フェラーリの鷹(Illust:遠藤イヅル)シトロエン DSフェラーリ250 GT COUPÉ PININ FARINA画像ギャラリーはこちら

原題は『Poliziotto sprint』、とにかくカーチェイスを楽しむが勝ち

原題は『Poliziotto sprint』(英語版では「Highway Racer」)で、は1977年のイタリア映画です。

ストーリーは単純。主人公は“自称”超絶ドラテク警官。ところが銀行強盗を追跡中に同僚を死なせてしまいます。というのも、強盗は元レーサーで、テクニックが彼より上だったのです。

そこで元レーサーの上司が主人公にドライビングテクニックを伝授、上司が持っていた古いフェラーリを譲り受けレストア、強盗団に取り入るも主人公の彼女のせいでバレてしまい、最後は強盗に挑むというあらすじ。ヒネリもあまりないのですが、逆にそれがカーチェイスを存分に楽しめる要素にもなっています。

>>フェラーリの鷹(吹替版)のレンタルはこちらから

>>作中に登場する懐かしの欧州車を画像で見る

観かたによっては★4つ!シトロエンDSが大暴れ

フェラーリ250GT BERLINETTA

劇中に出てくるクルマは欧州車ファンの心を釘付けです。邦題につくようにフェラーリが出てくるのですが、これがまたスーパーカーブーム時代の前に生産されていた「250GTE 2+2」という後輪駆動の4人乗りモデルというシブさです。でも!実はこの映画、カゲの主役は登場してはどんどん破壊される(涙)警察のアルファロメオ ジュリア ベルリーナと、街中を走る数々の欧州車、そして敵の強盗が乗るシトロエンDS(ID)です。DSは強盗のドラテクも手伝って面白いように追っ手を翻弄し、最後に繰り広げられる主人公 vs 強盗の戦いでもフェラーリと互角に立ち向かいます。

シトロエン DS

DSはそのデザインからおとなしめなイメージがありますが、軽量でハンドリングも良好(当時のラリーでも勝利を幾度も手にしています)なため、強盗はそれを利して見事な走りを見せます。DSは柔らかいサスで乗り心地が優れていることでも知られますが、映画内でも随所でフワンフワンとした動きを見せてくれます。ネタバレになってしまうのですがラストではDSの特徴的なボディ構造も明らかになるシーンもあり、ニヤニヤが止まりません。

映画的には「B級」扱いですが、クルマが好き、特に古い欧州車が好みの人だと★4つくらいつく映画になっています。

[イラスト&レポート:遠藤 イヅル]

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■下取り相場は調べられましたか?
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一件好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■買取専門店にお願いするのも一つの手
買取専門業者は様々なメーカー・年式の車種、また改造車や希少車でも適正価格で転売するノウハウを持っているので、よりディーラー下取りより高く買い取ってもらえる可能性が高いといわれています。一括査定サービスを利用すれば、同時に複数の買取店に査定を依頼できるので便利です。
■【Ullo(ウーロ)】の一括査定なら翌日18:00に査定結果をお届け!
オートックワンの一括査定サービスUllo(ウーロ)ならお申し込みの翌日18:00に、複数買取業者からの査定結果をお届けします。さらに、よく一括査定で聞く、しつこい営業電話などは一切なし。
申込んだら「いつの間にか」査定が終わっています。

シトロエン DS3 の関連編集記事

シトロエン DS3の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

シトロエン DS3 の関連編集記事をもっと見る

シトロエン DS3 の関連ニュース

この記事にコメントする

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
オートックワンのおすすめ特集
編集企画(パーツ・用品)PR