【試乗】シボレー 新型 コルベット(C7) クーペ Z51[7速MT] 国内初試乗レポート/今井優杏(1/4)

【試乗】シボレー 新型 コルベット(C7) クーペ Z51[7速MT] 国内初試乗レポート/今井優杏
CHEVROLET CORVETTE COUPE Z51(シボレー 新型 コルベット クーペ Z51)[C7] シボレー 新型 コルベット クーペ Z51(C7)[ボディカラー:トーチレッド/インテリアカラー:ジェットブラック] シボレー 新型 コルベット クーペ Z51(C7)[ボディカラー:トーチレッド/インテリアカラー:ジェットブラック] シボレー 新型 コルベット クーペ Z51(C7)[ボディカラー:トーチレッド/インテリアカラー:ジェットブラック] 画像ギャラリーはこちら

8年の沈黙を破り、史上最強のコルベットがやって来た!

シボレー 新型 コルベット クーペ Z51(C7)[ボディカラー:トーチレッド/インテリアカラー:ジェットブラック]

ついに8年の長い沈黙を破って、あの伝説のマシンが帰って来た!

…な~んて、まるで映画のキャッチコピーのようだが嘘ではない。誕生から60周年を迎え実に7代目となる「シボレー コルベット」、通称C7がフルモデルチェンジで完全復活を遂げたのだ。しかも史上最強のコルベット、いや、史上最強のスポーツカーと言っても過言ではないスペックに、欧州勢にはないブリっとパワフルなデザインを纏っての堂々のカムバックである。

シボレー 新型 コルベット クーペ Z51(C7)[ボディカラー:トーチレッド/インテリアカラー:ジェットブラック]

事実、試乗会場にずらっと並んだ実車から醸し出されるオーラと言ったら圧巻だった。こんな団体が高速道路なんかで追走してきたら本気ですぐにどく。それくらいの強い“押し出し感”は他のどの国にも迎合しない強烈な個性を放ってはいるが、きちんと正当進化というか、時代の空気を読んだ演出が特に印象的だ。

さすがアメリカンスポーツカー!と唸らせられるブリブリに盛られたボンネットやボンネット中央の穴“ボンネットベント”、前後フェンダー形状に代表される筋肉モリモリなマッチョさも持たせながら、HIDヘッドランプに代表されるライト類はフロント・リア共にきっちりと近年風にクールに味付けされている。

シボレー 新型 コルベット クーペ Z51(C7)[ボディカラー:トーチレッド/インテリアカラー:ジェットブラック]シボレー 新型 コルベット クーペ Z51(C7)[ボディカラー:トーチレッド/インテリアカラー:ジェットブラック]シボレー 新型 コルベット クーペ Z51(C7)[ボディカラー:トーチレッド/インテリアカラー:ジェットブラック]シボレー 新型 コルベット クーペ Z51(C7)[ボディカラー:トーチレッド/インテリアカラー:ジェットブラック]シボレー 新型 コルベット クーペ Z51(C7)[ボディカラー:トーチレッド/インテリアカラー:ジェットブラック]
シボレー 新型 コルベット クーペ Z51(C7)[ボディカラー:トーチレッド/インテリアカラー:ジェットブラック]

しかも伝統的なスポーツカーボディ、つまりロングノーズ&ショートデッキをなめらかな流線型状に仕立て上げた。それはまるでカリフォルニアあたりのセレブリティに絶大な人気を誇る低環境負荷車…たとえばフィスカーやテスラに相通ずるような、クリーンなイメージを彷彿とさせる先進感を覗かせていると感じたのだが、その推測はあながち間違ってはいない。

コルベットは前時代的な“アメ車”のイメージに代表されるような、ガソリンをひたすらに喰い漁るモンスターカーなんかではなく、スタイリッシュでスマートでハイテクなクルマだということを示したかったのだ。

エイエイエイ、控えおろう! このエイの印籠が目に入らぬか!

シボレー 新型 コルベット クーペ Z51(C7)[ボディカラー:トーチレッド/インテリアカラー:ジェットブラック]

そのデザインを語るにおいてハズせないのは、ボディにキラリと輝くアカエイ=スティングレイのバッジのこと。残念ながら日本では利権という大人の事情により(涙)その名はモデル名には組み込まれることは無いのだが、デザインの話のついでにエピソードだけは紹介したい。

本国ではその後のコルベットの性格を明確にした2代目モデル(1963年〜1967年)に与えられた『スティングレイ』というサブネームを、今回のC7コルベットは手にしているのだが、それは2代目と同じく『空気や水をできるだけ速く、効率的に切り裂くという機能から生まれた美しさ』を、C7もまたデザイン・コンセプトに掲げたからだ、と同社エクステリアデザイン・ディレクターのトム・ピーターズは語っている。

シボレー 新型 コルベット クーペ Z51(C7)[ボディカラー:トーチレッド/インテリアカラー:ジェットブラック]

さらに言うなら、これはゼネラルモータース・ジャパン株式会社のコミュニケーションズディレクター兼先進技術ディレクターのジョージ・ハンセン氏から聞いたのだが、実は当初、C7はスティングレイの名を冠する予定ではなかったという。

しかしデザインが成熟してくる中で『これは間違いなくスティングレイだ』という共通認識が高まり、このバッヂを得るに至ったという。

つまりC7もまた、特別なモデルであるということの“お墨付き”、エイの形の印籠を携えた、気合いの入りまくったモデルだということをお分かりいただけただろうか。

[次ページへ続く]

1 2 3 4 次へ

MOTAおすすめコンテンツ

雨の時期も安心感をもって走れるオールシーズンタイヤ「セルシアス」その実力をテストしてみた[雨の日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
今井 優杏
筆者今井 優杏

自動車ジャーナリストとして、新車や乗用車に関する記事を自動車専門誌、WEBメディア、一般ファッション誌などに寄稿しながら、サーキットやイベント会場ではモータースポーツMCとしてマイクを握り、自動車/ モータースポーツの楽しさ・素晴らしさを伝える活動を精力的に行う。近年、大型自動二輪免許を取得後、自動二輪雑誌に寄稿するなど活動の場を自動二輪にも拡げている。AJAJ・日本自動車ジャーナリスト協会会員。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 蛍雪の宿 尚文

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

シボレー コルベットの最新自動車ニュース/記事

シボレーのカタログ情報 シボレー コルベットのカタログ情報 シボレーの中古車検索 シボレー コルベットの中古車検索 シボレーの記事一覧 シボレー コルベットの記事一覧 シボレーのニュース一覧 シボレー コルベットのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる