プジョーやジープ、フィアットなど米仏伊メーカー連合連合「ステランティス」のクルマが売れている! ニッチな輸入車集団が躍進の理由は個性の尊重にあり

画像ギャラリーはこちら
ステランティスというのは、イタリアの自動車メーカーFCAとフランスの自動車メーカーであるPSAが対等合併することによって生まれた巨大自動車製造グループのことだ。

取り扱うブランドもPSA系がプジョー、シトロエン、DSオートモビル、FCA系がジープ、フィアット、アバルト、アルファロメオと輸入車の中では個性的な車種が豊富。

しかし、そのステランティスの日本での販売台数が伸びているのだ。一体なぜなのだろうか。詳しく解説したい。

目次[開く][閉じる]
  1. ステランティスはFCAとPSAが合併したことで生まれた巨大自動車製造グループ
  2. 2021年7月に日本国内での販売台数過去最高を更新!
  3. 7月に対して8月の販売実績には息切れも感じる

ステランティスはFCAとPSAが合併したことで生まれた巨大自動車製造グループ

少々旧聞に付すニュースになるが、2021年7月にステランティス・ブランドの日本における販売台数が過去最高を更新したという発表があった。

FCAがフィアットとクライスラーという米伊の連合であり、PSAはプジョーシトロエンを軸としたフランス連合というルーツを持つが、それがひとつになったのがステランティスというわけだ。

ちなみに、ステランティスの主導権についてもFCAとPSAは対等となっているが、ステランティスの初代CEOとなったのはPSA出身のカルロス・タバレス氏。

タバレス氏といえば、かつて日産のゴーン体制下において活躍したことで、その名前を覚えている自動車ファンも少なくないだろうが、ルノーCOOを務めた後に、ライバルのPSAへ転身し、そして現在はステランティスのリーダーとなっている。

そのグループ傘下にあるブランドは多彩であり、またブランドの個性が強いものが多い。日本で展開しているブランドだけでいっても、PSA系がプジョー、シトロエン、DSオートモビル、FCA系がジープ、フィアット、アバルト、アルファロメオと計7ブランドを展開している。また来年にはオペルが8番目のブランドとして日本上陸(復活)することも既定路線となっている。

さて、ステランティスの方針は、こうしたブランドを整理するのではなく、ブランドの個性は残したまま、自動運転や電動化といった基本となるテクノロジーの開発においてスケールメリットを活かそうというもので、アメ車のイメージが強いジープであっても、コンパクト系モデルでは、ハードウェアの基本がフィアットの小型車と共通だったりしている。

同じプラットフォームやパワートレインを使いつつ、ブランドの個性をしっかりと残すというクルマ作りについてはプジョーとシトロエンでまったく異なるキャラを実現してきたPSA系の商品企画が得意とするところでもあり、ステランティスとして合併したメリットは、実際の商品において感じられるようになってくることだろう。

2021年7月に日本国内での販売台数過去最高を更新!

そんなステランティスの7ブランドは日本での販売が好調だ。

2021年7月には7ブランドの合計で3,643台を販売、前年同月比128.2%となり、7月単月の過去最高記録を更新した。ブランドごとの内訳は次のようになっている。

プジョー:1,133台(154.4%)

ジープ:987台(98.9%)

シトロエン:575台(163.4%)

フィアット:504台(128.2%)

アバルト:162台(117.4%)

アルファロメオ:194台(293.9%)

DSオートモビル:88台(120.5%)

※()内は前年同月比

旧PSAのリーダーであったプジョーと、旧FCAを代表するブランドのジープが切磋琢磨して、ステランティスの販売をけん引しているといった状況だ。

ジープとプジョーがけん引役! 電動化技術の導入もグループ内で加速化

どちらのブランドにも共通しているのは電動化を進めているという点だろう。プジョーでいえば208や2008に100%電気自動車のバリエーションを増やしているほか、3008や508にはプラグインハイブリッドを設定するなどしている。

ジープにしてもコンパクトクラスのレネゲードにプラグインハイブリッドを用意している。それでいながら、昔ながらのタフ&ワイルドなモデルもしっかりと残している。このあたりのバランス感覚が、日本のユーザーマインドにフィットしたことが、こうした好調につながった。

7月に対して8月の販売実績には息切れも感じる

ちなみに、2021年8月の販売実績は以下のようになり、ステランティスとしての合計は2,789台となった。

ジープ:997台(106.0%)

プジョー:624台(112.8%)

フィアット:571台(132.2%)

シトロエン:219台(70.65)

アルファロメオ:196台(332.2%)

アバルト:139台(129.9%)

DSオートモビル:43台(47.35)

台数的には7月に対しては大きく減っており、販売は息切れしたようにも見えるが、8月の前年同月比でみると111.9%と十分に好調を維持している。

とくにフィアット、アバルト、アルファロメオといったブランドは確実に前年比を超えており、日本におけるステランティスの飛躍を支えている。このあたり旧FCAと旧PSAのライバル心がうまく切磋琢磨につながっていることを感じさせる。

2021年8月までの統計をみると、国産ブランドを含めた輸入車全体のシェアにおいてステランティスが占める割合は約13%。複数ブランドの合計ではあるが、フォルクスワーゲン単体のシェアが10%ほどであることを知れば、ステランティスの健闘が光ってみえてくる。

【筆者:山本晋也】

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
山本 晋也
筆者山本 晋也

日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ1969年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、雑誌編集長などを経て、2010年代からWEBを舞台に自動車コラムニストとして活動している。タイヤの数や有無にかかわらずパーソナルモビリティの未来に興味津々。「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることもポリシーのひとつ。個人ブログ「クルマのミライ(http://blog.livedoor.jp/yamamotosinya/)」やYouTubeチャンネル(https://www.youtube.com/user/tatukaze/)でも情報発信中。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 和心亭豊月

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる