雪が降るときワイパーは立てる、立てないどっちが良い? 注意点や凍ったときのNG行為とは

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら

雪が降り始めたとき、ワイパーを立てたほうがいい? それとも立てないほうがいい? どちらか迷いますよね。 実は、雪の日にはワイパーを正しく扱わないと、ワイパーアームやワイパーゴム、フロントガラスを破損してしまう可能性があります。

そこでこの記事では、雪の日におけるワイパーの立て方や注意点、そして凍ってしまったときの対処法について詳しく解説します。また、車種によっては立てない方がいい理由や、お湯がNGな理由などについてもご紹介します。

目次[開く][閉じる]
  1. 雪の日にワイパーを立てる理由
  2. ワイパーを立てる際の注意点
  3. 車種によってはワイパーを立てるのにワンアクションが必要
  4. ワイパーが凍ってしまったときのお湯はNG!

雪の日にワイパーを立てる理由

雪が降った日の朝、駐車場に並ぶ真っ白な車から、触覚のようにワイパーだけが立っている光景を見かけたことがあるでしょう。なぜそのような光景が見られるのでしょうか?

1. ワイパーの凍結防止

雪が降るとフロントガラスに雪が積もり、ワイパーが凍ってしまうことがあります。

凍ったワイパーはフロントガラスに張り付いて動かなくなり、無理に動かすとゴムが切れてしまう恐れがあります。

そこで、ワイパーを立てることで凍結を防ぎ、安全な視界を確保することができます。

2. ワイパーの変形・破損防止

積もった雪の重量は意外と重く、ワイパーに負担がかかります。

ワイパーを下ろしたまま放置すると、雪の重みでワイパーが変形したり、折れたりする可能性があります。

ワイパーを立てることで、雪の重みを分散させ、変形・破損を防ぐことができます。

3. 雪かき作業の効率化

ワイパーを立てておくだけで、フロントガラスに積もった雪を効率的にかき落とすことができます。

このように、雪の日にワイパーを立てることは、ワイパーの凍結防止や破損防止、雪かき作業の効率化など様々なメリットがあります。

雪が降ったら、ぜひワイパーを立てる習慣を身につけましょう。

ワイパーを立てる際の注意点

雪の日にワイパーを立てることは安全運転のために有効ですが、車種によっては注意が必要です。

ワイパーアームに雪が積もる場合は立てない方がいい

ワイパーに雪が積もってしまうと、その重みでワイパーアームが折れてしまう可能性があります。

そのため、ワイパーに雪が積もっているか確認しましょう。

ワイパー自体に雪が積もってしまう場合は、ワイパーアームを格納したままとするか、こまめな雪落としを行いましょう。

雪落としはワイパーゴムを傷つけないよう気を付ける

雪を落とす際にも注意が必要です。

ワイパーに積もった雪は、手で払い落とすか、ブラシを使って落としましょう。

ワイパーゴムを傷つけないように、無理に引っ張ったり、硬いものでこすったりしないよう注意が必要です。

ワイパーを立てたまま車を動かさない

ワイパーを立てたまま車を動かさないようにしましょう。

ワイパーを立てたまま車を動かすと、フロントガラスやボンネットにワイパーがぶつかり、破損する可能性があります。必ずワイパーを寝かせてから車を動かしましょう。

コンシールドワイパーの操作方法は、車種によって異なります。詳細は取扱説明書を確認してください。

車種によってはワイパーを立てるのにワンアクションが必要

外車や一部の高級車には、ボンネットの下にワイパーが隠れている「コンシールドワイパー」と呼ばれるタイプがあります。

通常の車種とは異なり、そのままではワイパーを立てることができないため、以下の手順が必要です。

手順

ワイパースイッチを操作する コンシールドワイパーには、ワイパーを収納位置から出せるスイッチが搭載されています。

まず、このスイッチを操作することで、ワイパーブレードを立てられる位置まで動かすことができます。

次に、ワイパーブレードが立てられる位置まで動いたら、手でワイパーを持ち上げて立てます。

ワイパーが凍ってしまったときのお湯はNG!

もし万が一ワイパーがフロントガラスに凍りついてしまったら、絶対に無理やり剥がしたり、お湯をかけたりしないでください。

お湯をかけるのがNGな理由

・ワイパーブレードのゴムが破損する恐れがある

・フロントガラスに大きなダメージを与える可能性が高い

フロントガラスは、材質の異なるガラスとガラスの間に特殊なフィルムを挟んだ「合わせガラス」でできています。

凍っている外側のガラスにお湯をかけても、室内側のガラスには熱が伝わらず、外側のガラスだけ熱で膨張して破損する可能性があります。

安全な対処法

・自然に溶けるのを待つ

・エアコンの暖房で温めて溶かす

・解氷スプレーを使う

解氷スプレーは、フロントガラスに吹きかけるだけで簡単に氷を溶かすことができる商品です。ホームセンターやカー用品店などで購入できます。

ワイパーが凍ってしまった場合は、無理やり剥がしたり、お湯をかけたりせず、安全な方法で解凍しましょう。

あわせて読む

[筆者:MOTA編集部]

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

検索ワード

MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

樺田 卓也 (MOTA編集長)
監修者樺田 卓也 (MOTA編集長)

自動車業界歴25年。自動車に関わるリテール営業からサービス・商品企画などに長らく従事。昨今の自動車販売業界に精通し、売れ筋の車について豊富な知識を持つ。車を買う人・車を売る人、双方の視点を柔軟に持つ強力なブレイン。ユーザーにとって価値があるコンテンツ・サービスを提供することをモットーとしている。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる