MOTAトップ 記事・レポート 特集 フォトギャラリー BMW 新型3シリーズの全貌が公開|新型ライト採用で躍動感あふれるデザインに

フォトギャラリー 2018/10/19 10:38

BMW 新型3シリーズの全貌が公開|新型ライト採用で躍動感あふれるデザインに

BMW 3シリーズ 新モデル 登場
BMW 3シリーズ 新モデル 登場BMW 3シリーズ 新モデル 登場BMW 3シリーズ 新モデル 登場BMW 3シリーズ 新モデル 登場画像ギャラリーはこちら

BMW 新型3シリーズの全貌が公開!

2018年10月2日、BMWはパリモーターショーにおいて、新型3シリーズ セダンを発表した。1975年の初代モデルのデビュー以来、今回登場する新型は7代目となる。

3シリーズは日本でもおなじみのスポーツセダンで、販売台数において同社の主力モデルとなる。現行モデルのパワートレインには直列3気筒、4気筒、6気筒ガソリンエンジンの他、クリーンディーゼルやプラグインハイブリッドをラインナップ。さらに派生モデルには、ステーションワゴンのツーリング、5ドアハッチバッククーペのグランツーリスモ、4シリーズカブリオレ、4シリーズクーペ、またハイパフォーマンスモデルのM3セダン等、実に広いラインナップがある。

それだけに、3シリーズのフルモデルチェンジの影響は大きい。今後、各派生ラインナップについても、順次モデルチェンジしていくものと思われる。

>>デザインが大幅進化! BMW 新型3シリーズの写真をもっと見る

新型3シリーズの特徴

伝統は守りつつ現代風にアップデート

BMW 3シリーズ 新モデル 登場

新型3シリーズはFRプラットフォーム、前後50:50の理想的な重量配分、FRらしさを存分に主張するプロポーションといった歴代モデルの伝統を守りつつ、各部をブラッシュアップして登場した。

大きな特徴としては、新デザインとなるフルLEDヘッドライトの採用。これにより眼力がグッと強くなった。このヘッドライトはハイビーム状態で530m先を照らす性能を持つ。さらにオプションで、ハンドルの舵角に合わせてカーブの先を照らすアダプティブヘッドライトも選択可能。またテールランプはLEDライトを採用しつつ、発光部分以外をブラックアウトすることで精悍な印象になった。

先代以上に空力性能がアップ

ボディ細部構造の見直しにより、Cd値は先代の0.26から0.23にアップ。これにより空気抵抗が軽減され、走行中の騒音低減や燃費性能の向上に貢献している。これにはラジエーター内のエアフラップや、ボディアンダーを平面化するなどの施策により可能になった。

ガソリン、ディーゼル、プラグインハイブリッドをラインナップ

新型3シリーズのエンジンラインナップは、発売当初は2リッター直列4気筒ガソリン、2リッター直列4気筒ディーゼル、3リッター直列6気筒ディーゼルの3種類となる。これに加え、プラグインハイブリッドが追加されることが明言されている。

導入時期や、組み合わされるエンジンに関しては現時点では明言されていない。

充実の運転支援機能はさらに性能が向上、スマホで解錠できる機能も

BMW 3シリーズ 新モデル 登場BMW 3シリーズ 新モデル 登場BMW 3シリーズ 新モデル 登場

運転支援機能の性能もアップしている。

すでにBMW各車に搭載されている「ドライバー アシスタント」の機能として、車両・歩行者検知による警告と自動ブレーキ、車線逸脱警報、車線逸脱防止機能、停止・再発進可能な先行車両追従機能、車線変更時の後方監視・警告機能を搭載。またバックカメラ、360°カメラによる駐車支援機能も搭載している。

これに加え、より幅広い単語・指示の認知や自然な受け答えが可能になったボイスコマンドも搭載。最新型iDriveやマルチファンクションステアリング上のボタンと合わせ、オーディオや口調といった車内環境の制御が可能になった。

これらに加え、新機能としてスマートフォンを介して解錠するデジタルキーも初めて採用された。

新型3シリーズ、日本導入はいつ?

新型3シリーズは2019年3月より欧州市場に投入されるとアナウンスされている。

現時点で日本市場への導入時期は明らかにされていないが、日本でのBMW人気を盤石にした主力モデルだけに、その続報に期待したい。

ラインナップとエンジンスペック(欧州仕様)

BMW 3シリーズ 新モデル 登場

■320i

・エンジン:2リッター直列4気筒

・トランスミッション:8AT

・駆動方式:FR

・最高出力:135kW(184hp)/5000-6500rpm

・最大トルク:300Nm(221lb-ft)/1350-4000rpm

■330i

・エンジン:2リッター直列4気筒

・トランスミッション:8AT

・駆動方式:FR

・最高出力:190kW(258hp)/5000-6500rpm

・最大トルク:400Nm(295lb-ft)/1550-4400rpm

■318i

・エンジン:2リッター直列4気筒

・トランスミッション:6MT

・駆動方式:FR

・最高出力:110kW(150hp)/4000rpm

・最大トルク:320Nm(236lb-ft)/1500-3000rpm

■320d

・エンジン:2リッター直列4気筒ディーゼル

・トランスミッション:6MT

・駆動方式:FR

・最高出力:140kW(190hp)/4000rpm

・最大トルク:400Nm(295lb-ft)/1750-2500rpm

■320d xDrive

・エンジン:2リッター直列4気筒ディーゼル

・トランスミッション:8AT

・駆動方式:4WD(xDrive)

・最高出力:140kW(190hp)/4000rpm

・最大トルク:400Nm(295lb-ft)/1750-2500rpm

■330d

・エンジン:3リッター直列6気筒ディーゼル

・トランスミッション:8AT

・駆動方式:4WD(xDrive)

・最高出力:195kW(265hp)/4000rpm

・最大トルク:580Nm(428lb-ft)/1600-3000rpm

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
MOTAの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

BMW 3シリーズ の関連編集記事

BMW 3シリーズの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、MOTAがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

BMW 3シリーズ の関連ニュース

MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! MOTA公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
車のカスタムパーツ(カー用品)PR