アルファロメオ ステルヴィオ ディーゼルモデル 試乗! ディーゼルらしからぬスポーティさに脱帽(1/3)

ステルヴィオ 2.2ターボディーゼルQ4の実力を試す!

ディーゼルエンジンというものを搭載したクルマに、皆さんはどんなイメージをお持ちだろうか? あまり関心がなかった人の中でも、さすがに“臭い”とか“汚い”とか、そういう昔ながらの印象はだいぶ薄れただろうけど、“煩い”は今も生き残っているかも知れない。

それなりに耳障りな音を立てるものも存在しているのは確かだから、“燃費がいい”とか“経済的”というのは昔ほどではないにせよ根強いだろうし、それは事実でもある。“力強い”も同じだろう。

>>これぞアルファロメオ! ステルヴィオの内外装を画像で見る[27枚]

ステルヴィオは“ディーゼル”でもスポーツ性が高い

そして、もう少し最近のディーゼルエンジン搭載車を知っている人達の中では、“結構速い”とか“意外にも加速がいい”みたいな印象を持つ人もいらっしゃるだろう。そう、昨今のディーゼル・モデルに、スピードとの親和性が高いものが増えてきているのも確かなのだ。けれど、走らせた後に“スポーツ性が高い”だとか“走らせるのが楽しい”という印象が最も大きく残るディーゼルエンジン搭載車が登場してくるとは、さすがに思ってもいなかったことだろう。

アルファロメオ ステルヴィオ 2.2ターボディーゼルQ4(以下、ステルヴィオD)は、まさしくそういうクルマなのである。

クルマが好きな人達の間では、ステルヴィオが一般的なSUVとはちょっと違っていて、SUVカテゴリーの中のスポーツカー的な存在であることがあちこちで好評されているということなど、もはや周知の事実。

SUVなのに、感覚はスポーツモデルそのもの

ステアリング・ギア比が12対1、前後重量配分はほぼ50対50、AWDシステムは後輪駆動ベース、車体各部にアルミが多用されている。

さらにドライブシャフトがカーボン製となるなど軽量設計、ロール角はクラス最小、といった明らかにスポーツモデルを語るときのフレーズが並ぶのもさることながら、車体の大きさや車高の高さなどを考えたら普通はあり得ない抜群にキレのいいハンドリングや、SUVであることを疑いたくなる気持ちのいいコーナリングなどはほんのチョイ乗りでも体感できるから、ディーラー試乗などで唸らされた人もいらっしゃることだろう。

正直、“アルファ+ディーゼルエンジン”にはあまり期待していなかった

これまで日本に導入されていたモデルのエンジンラインナップは、510psを発揮する2.9リッターV6ツイン・ターボと280psの2.0リッター直4ターボの2種。フェラーリ由来のV6ツイン・ターボが馬鹿っ速で蕩けるような快感をもたらしてくれるのはいうまでもないけど、メインとなる2.0リッター直4ターボも好レスポンスで伸び感もあり、トルクも豊かならパワーも充分、ダウンサイジング系エンジンとしてはサウンドも快い、と速さも気持ち良さも兼ね備える好ましい出来栄えだ。ステルヴィオは確かにSUVではあるけど、それ以前にアルファロメオ。こうじゃなきゃ! だったのである。

そうした意識があったせいか、昨今のディーゼルなのだから昔ほど眠い感じじゃないだろうとは思いつつも、僕は“アルファ+ディーゼルエンジン”という組み合わせにそれほどの期待感を持つことができなかった。ステルヴィオの持ち味とも言える俊敏な印象とのマッチングに、ちょっとばかり懐疑的だったといってもいい。

>>やっぱりアルファロメオ! 想像を遥かに超える“走り”を魅せる[次ページへ続く]

1 2 3 次へ
この記事の画像ギャラリーはこちら
嶋田 智之
筆者嶋田 智之

本人いわく「ヤミ鍋系」のエンスー自動車雑誌、『Tipo』の編集長を長く務め、スーパーカー専門誌『ROSSO』の総編集長を担当した後、フリーランスとして独立。2011年からクルマとヒトに照準を絞った「モノ書き兼エディター」として活動中。自動車イベントではトークのゲストとして声が掛かることも多い。世界各国のスポーツカーやヒストリックカー、新旧スーパーカー、世界に数台の歴史的な名車や1000PSオーバーのチューニングカーなどを筆頭に、ステアリングを握ったクルマの種類は業界でもトップクラス。過去の経歴から速いクルマばかりを好むと見られがちだが、その実はステアリングと4つのタイヤさえあるならどんなクルマでも楽しめてしまう自動車博愛主義者でもある。1964年生まれ。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 古屋旅館
カー用品・カスタムパーツ
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社がネットで査定し、高値を付けた2社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

MOTAが厳選するワンランク上の旅宿特集

アルファ ロメオ ステルヴィオの最新自動車ニュース/記事

アルファ ロメオのカタログ情報 アルファ ロメオ ステルヴィオのカタログ情報 アルファ ロメオの中古車検索 アルファ ロメオ ステルヴィオの中古車検索 アルファ ロメオの記事一覧 アルファ ロメオ ステルヴィオの記事一覧 アルファ ロメオのニュース一覧 アルファ ロメオ ステルヴィオのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる