autoc-one.jp 記事・レポート お役立ち 教えてMJブロンディ エアコンコンプレッサーの制御で燃費は良くなるの?

自動車用語 2012/3/14 10:12

エアコンコンプレッサーの制御で燃費は良くなるの?

エアコンコンプレッサーの制御で燃費は良くなるの?

エアコンコンプレッサーの制御で燃費は良くなるの?

一個人として省エネを考え、楽しみの一つとしています。カーエアコンを使うと一般的に燃費は悪くなりますが、わずかでも改善できればと、思いついたことがあります。

それはエンジンブレーキ時に、冷房の設定温度を強制的に低温側にする方法です。つまりアクセルペダルを離したことを検知し、リレー接点を介して温度検出のサーミスターに並列に抵抗を接続すれば、抵抗値が下がり気温が高いと判断し、コンプレッサーが回りだし冷えはじめます。

通常は自動で温度が制御されコンプレッサーはオンオフを繰り返しますが、この方法では設定温度より過冷却になる理屈ですが、長い下り坂でない限り冷えすぎにはならないと思います。

エンジンブレーキで冷やした分だけ気温の上昇が先送りされるので、結果として燃費向上になるのではないでしょうか。一種の回生エネルギー?車内が高温のままだとコンプレッサーは回りっぱなしですのでこの限りではありません。

街乗りでは加減速が多く有効と思われますが、いかがでしょうか?(ムラサキシチブ)

其の疑問、MJブロンディがお答えいたします!

ムラサキシチブさん、深い省エネ思考、すばらしいですね。脱帽です。

このようにいろいろ考えを巡らすことは、非常に大切なことだと思います。ぜひ実際に愛車で試して、科学的なデータを蓄積し、この方法が有効かどうかを検証してください!

ただ、私は、この方法はあまり有望ではないのではないかと考えます。現在走っているクルマに装着されているエアコンの大部分は、エアコンをONにしたら、その時点でコンプレッサーは回りっぱなしになり(つまりエンジンの馬力を多少食う状態)、冷え過ぎは、エンジンの余熱を混ぜて調節する方式を取っているからです。

つまり、設定温度は、燃費にほとんど影響を及ぼさないのです。かつては、コンプレッサーをON/OFFして温度を調節するタイプも存在しましたが、これだと、どうしても車内温度が「冷え過ぎ」と「暑すぎ」を繰り返し、快適性を損なってしまいます。なので現在は、この方式はほぼ絶滅しているのです。

プリウスなどハイブリッドカーや、一部最新モデルのエアコンには、家庭用エアコンのようなインバーター機能がついているので、車内温度によってコンプレッサーの負荷を細かく調節しています。そういうクルマに、あなたの考案した方法を導入すれば、わずかに燃費を改善することが可能かもしれません。

ただ、どれくらい改善されるかは未知数で、私は、1%前後が限界ではないかと予想します。仮に1%だとすると、それにどれだけのコストをかけられるか?という、コストパフォーマンスの壁が立ちはだかります。

それをブチ破るのは、技術者の汗だけですね。

自動車評論家MJブロンディこと清水草一氏に聞きたいことを受付中!

自動車評論家、清水草一(MJブロンディ)が、みんなの疑問に面白く答えてくれる自動車用語解説。みなさんのクルマに関する疑問についてアンケートを実施しておりますので、皆さんドシドシご応募下さい!

https://service.autoc-one.jp/mypage/article/message_detail?no=112

マイページにログイン」→「マイページトップ」→「マイページの最新情報」にある【アンケート】から投稿頂くことができます。

筆者: 清水 草一
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!