autoc-one.jp 記事・レポート 特集 NEXTALK トヨタ自動車 製品企画本部 センチュリー 開発主査 清水 勉 インタビュー 2ページ目

NEXTALK 2012/07/13 12:09

トヨタ自動車 製品企画本部 センチュリー 開発主査 清水 勉 インタビュー(2/5)

関連: トヨタ センチュリー Text: 御堀 直嗣 Photo: 佐藤靖彦
トヨタ自動車 製品企画本部 センチュリー 開発主査 清水 勉 インタビュー

後席のために

まずは単刀直入に、センチュリーとは、どのような乗用車なのか?

トヨタ 製品企画本部 センチュリー開発主査 清水勉インタビュートヨタ 製品企画本部 センチュリー開発主査 清水勉インタビュー

【清水勉】トヨタの初代主査である中村健也さんが、クラウンを立ち上げたあと、初代センチュリーを創られました。トヨタにとっては、クラウンと並んで、歴史を語るうえで重要な位置づけのクルマです。

また、後席を重視したクルマでもあります。6対4で、後席に比重があります。とはいえ、ドライバーに苦労をかけさせない、走りやすさを備えたクルマにしてあります。走行性能については、後席に座る人に迷惑をかけない、静かでコントロール性のあるクルマに仕立てています。

センチュリーは、日本独創のクルマと言えるのではないでしょうか。日本人が大事にしてきた「しつらえ」や「もてなし」といった味を備えています。きょうの取材に際して、一日をかけて、歴代センチュリーを製造している関東自動車工業(7/1よりトヨタ自動車東日本株式会社)の工場や工房などを見て戴いたのも、センチュリーの精神をご理解いただけば、いろいろご納得いただけるのではないかという「おもてなし」の気持ちからです。

こうして皆様を工場にお迎えすることも、センチュリーの精神そのものと言えます。

センチュリーの購入を検討する上で実際にクルマが作られている工場を見学したいという要望があれば、それにこたえている。

トヨタ 製品企画本部 センチュリー開発主査 清水勉インタビュートヨタ 製品企画本部 センチュリー開発主査 清水勉インタビュー

【清水勉】日本独創のクルマであるという一つの特徴に、お気付きの、後席の乗り降りのしやすさがあると思います。そういう気配りですね。走行中も、ある程度のロール(カーブで車体が傾くこと:筆者注)はしますが、大きく傾くことはなく、後席の人に負担をかけない乗り心地に仕上げています。

前後ドアの間のピラー(支柱:筆者注)根元に、靴ベラ置き場があったのにお気付きでしょうか?長く乗っていると靴を脱ぎたくなることもあるかもしれません、そういう場合を考慮した気配りです。あるいは、天井