autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム 2011年4月 販売ランキング/松下宏 2ページ目

自動車評論家コラム 2011/5/18 10:37

2011年4月 販売ランキング/松下宏(2/2)

Text: 松下 宏
2011年4月 販売ランキング/松下宏

11位~20位:ステップワゴンがミニバン首位

日産 マーチ

11位:カローラ(3,268)/12位:ステップワゴン(3,062)

13位:モコ(2,930)/14位:マーチ(2,770)

15位:デミオ(2,591)/16位:セレナ(2,349)

17位:パッソ(2,319)/18位:パレット(2,289)

19位:ノート(2,217)/20位:ステラ(2,072)

11位から20位には、普段であればミニバン系の車種が入ることが多いのだが、4月は12位にステップワゴン、16位にセレナが入っただけであった。

ステップワゴンが堅調を示してセレナを上回り、ミニバンの首位を確保した。ヴォクシーは20位以下、ノアは30位以下と低迷している。モデルサイクルが長期化しているヴォクシー/ノアはともかく、ステップワゴンとセレナの販売合戦は、5月以降も続くだろう。

4月の11位~20位のランキングでは、コンパクトカーが目立つ。14位のマーチ、15位のデミオ、17位のパッソ、19位のノートなどだ。軽自動車は13位のモコと18位のパレット、20位のステラの3車種だった。

モコはMRワゴンの2台近い台数を販売したが、パレットはルークスを上回ることができず、スズキからのOEM供給車も車種によって異なる売れ方をしている。

また“最後のスバル製の軽自動車”となりそうなステラが、モデル末期にもかかわらず手堅い売れ行きを示している。

混戦模様の20位以下

スズキ スイフト

21位:ルークス(1,962)/22位:スイフト(1,933)

23位:ヴォクシー(1,966)/24位:ソリオ(1,810)

25位:ラクティス(1,795)/26位:キューブ(1,794)

27位:AZワゴン(1,660)/28位:ekワゴン(1,603)

29位:MRワゴン(1,559)/30位:ウィッシュ(1,496)

21位から30位までのランクには、さまざまな車種が入っている。

軽自動車は21位のルークスのほか、27位のAZワゴン、28位のekワゴン、29位のMRワゴンの4車種が入った。

AZワゴンは月によっては軽自動車の上位15位までに入らないこともあるが、今月は軽自動車の11位に入った上で、総合でも27位になった。

スイフトとソリオのスズキ同士の争いは、3月に続いて4月も僅差ながらスイフトが上位に立った。

2月にはソリオが上位にきていたが、初期受注分が落ち着いたものと見られる。またメーカーからの供給台数もスイフトのほうが多いのだろう。

昨年秋にフルモデルチェンジしたラクティスはキューブと1台差。モデルの新鮮さを考えるとやや物足りない印象もある。

レクサス CT200h

31位:ティーダ(1,414)/32位:ノア(1,361)

33位:インプレッサ(1,204)/34位:CT200h(1,184)

35位:ジューク(1,161)/36位:インサイト(1,099)

37位:レガシィ(1,094)/38位:エブリイ(1,092)

39位:ゼスト(1,068)

30位以下ではレクサスのCT200hが34位に入った。ほかの車種の台数が落ち込んだ結果として浮上してきたわけだが、レクサスブランド車が概ね上位40車種くらいまでのランキングに入るのは珍しいことだ。

またスバル車も33位のインプレッサと37位のレガシィの2車種が入っている。

ステラを含めると3車種がランキング入りしたわけで、さすがは前年に比べて唯一販売を伸ばしたメーカーらしい結果である。

筆者: 松下 宏
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!