autoc-one.jp 記事・レポート 特集 モーターショー ソウル・モーターショー2011 ヤバイぜ コリアンパワー!

モーターショー 2011/4/8 11:12

ソウル・モーターショー2011 ヤバイぜ コリアンパワー!(1/4)

ソウル・モーターショー2011 ヤバイぜ コリアンパワー!

遂にハイブリッド時代に突入か?

震災まっただ中の4月1日、韓国の首都、ソウルでモーターショー2011がスタートした。今年で8回目であり、南の玄関口である釜山モーターショーとは1年ごとの交互開催だから始まってざっと16年。かなりの歴史を持つ。

ところが正直、不肖小沢コージは今まで来たことがなかったし、過去日本人は少なかったという。しかし、今年はプレスデイに行ったこともあり、会場内でチラホラ日本語が飛び交う。

そう、今、韓国自動車産業は急速に「日本にとってちょっと強力過ぎるライバル」になりつつあるからだ。

まず06年にはホンダを抜いて世界6位の自動車メーカーとなった韓国ナンバーワンメーカーのヒュンダイ自動車は、09年にはルノー日産を抜いて世界4位の企業に成長。

昨年2010年のグループ全体の生産台数は575万台と、ぶっちゃけアジアではトヨタの次に多い。

なによりも気になるのは急速な品質向上と政治力だろう。09年にヒュンダイ・ジェネシスが初めて北米カーオブザイヤーを取ったことからも分かるように、韓国車は今急速にクオリティアップを果たしており、加え、得意の政治力だ。

昨年のEUに引き続き、アメリカともFTA(自由貿易協定)を結び、今年から段階的に関税を引き下げ、最後はなくなる。

過去、EUに自動車を入れる際には10%の関税がかかっていたが、それが無くなるのだ。比べると日本は相変わらずFTAを結べてないから、同じ価格のクルマを入れたとして、日本車の方が確実に高くなる。

今まで「安くて壊れない」を売り物としていた日本車にとって大打撃なのは明白だ。よってこのソウル・モーターショーにも危機感バリバリの日本人関係者が殺到しているのである。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!