autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート テスラ ロードスター 試乗レポート

試乗レポート 2009/10/30 19:10

テスラ ロードスター 試乗レポート(1/4)

Text: 松田 秀士 Photo: オートックワン編集部
テスラ ロードスター 試乗レポート

テスラとは?

テスラ ロードスター
テスラ ロードスターテスラ ロードスター

テスラとは、米国カリフォルニア州シリコンバレーに本拠を置くテスラ・モーターズが開発したEV(電気自動車)だ。

テスラ ロードスターは、ロータス エリーゼをベースに開発された2シーターのハイパフォーマンスEVスポーツ。EV、つまりCO2を一切排出しない電気自動車なのだ。

日本では、今年三菱i-MiEVがデビューしたが、テスラはその前の2008年に本格的な生産が始まっている。

テスラの最大の特徴は、スポーツカーとして走りを楽しむことに特化して造られている点だ。このため、カーボンファイバーなどを多用することで1,235kgの車重に抑えられている。

ベースとなっているエリーゼの車重は800kg台なのでテスラは十分に重いのだが、リチウムイオン電池を6831個(450kg)も搭載していることを考えれば、よくこのレベルの車重にまとめ上げたものだと思う。そう、EVはバッテリーをたくさん搭載しなくてはならないので重くなってしまうのだ。

ところで今回試乗したテスラは、ガリバーが扱う中古車だ。ガリバーは、中古車を扱うことで環境を無視しているというイメージを持たれないよう、これからもEVやハイブリッド車など環境に優しいクルマを扱ってゆくとのこと。今回のテスラは、そんな思いから導入したとのことだ。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!