autoc-one.jp 記事・レポート 特集 イベントレポート “世界一”の性能を誇る日産の「自動ブレーキ」体験レポート

イベントレポート 2015/6/2 21:47

“世界一”の性能を誇る日産の「自動ブレーキ」体験レポート(1/2)

関連: 日産 Text: 国沢 光宏 Photo: 和田清志
“世界一”の性能を誇る日産の「自動ブレーキ」体験レポート

「自動ブレーキ」という名称を世間に広めた日産

今まで事実上の自動ブレーキなのに、なぜか「追突被害低減ブレーキ」等と称してきた。ややこしくてなんだか解りません。まぁ国交省に遠慮した表現なんだろう。

しかし日産が突如『自動ブレーキの日産』というキャンペーンを始めたら、世の中イッキに自動ブレーキと言うようになった。この一点を持ってしても日産の功績は大きい。

ところがその日産、今まで市販車に装着されている自動ブレーキの取材をさせてくれたことは一度も無かった。私も先行試作車での試乗を何回か行っただけで、市販車についちゃなし。かといって広報車を借りて、他のクルマや歩行者相手のテストなど出来ず。

そんなこんなで、本当に止まるのか確信が無かった。日産もそう考えたのだろう。

追浜工場の隣にある『グランドライブ』というテストコースで、60km/hからの完全停止性能を持つなど現在世界最高の性能を誇るスカイライン/フーガや、低コストで対歩行者の自動ブレーキを掛けるシステムなど5つのデモを行った。

残念ながらいくつかの自動ブレーキは十分な信頼性が確保できていないらしく、同乗体験でした。

エマージェンシーブレーキ/ミリ波レーダー方式(60km/hからの自動ブレーキ)

エマージェンシーブレーキ(ミリ波レーダー方式)エマージェンシーブレーキ(ミリ波レーダー方式)

停止車両への追突を想定した場合、停車出来る速度は高い方が望ましい。なのに軽自動車やコンパクトカーに多い安価なレーザー式だと20km/h程度までしか止まれず。ミリ波レーダー使っているレクサスですら25km/hで止まりきれなかった。そういった意味じゃスバル『アイサイト』の全モデル