autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 どっちが買い!?徹底比較 セレナe-POWER vs ヴォクシーハイブリッドどっちが買い!?|ハイブリッドミニバンの金字塔を徹底比較!

どっちが買い!?徹底比較 2018/3/9 11:11

セレナe-POWER vs ヴォクシーハイブリッドどっちが買い!?|ハイブリッドミニバンの金字塔を徹底比較!(1/3)

関連: 日産 セレナ , トヨタ ヴォクシー Text: 小鮒 康一 Photo: 小林 岳夫・茂呂 幸正
セレナe-POWER vs ヴォクシー どっちが買い!?
日産 セレナe-POWER ハイウェイスターVトヨタ ヴォクシー日産 セレナe-POWER ハイウェイスターVトヨタ ヴォクシー画像ギャラリーはこちら

低燃費・ハイブリッドミニバン頂上決戦!

日産 セレナといえば、ミニバン販売台数で常に上位にランクインする人気車種。2016年に新型となる5代目が登場しているが、そのセレナに2018年2月28日に追加となった「e-POWER(eパワー)」。これは2016年11月にノートに搭載されたハイブリッドシステムで、デビューから4年が経過していたノートを月販販売台数ランキングトップにまで押し上げた立役者でもあり、ノート登場時から期待されていたセレナe-POWERがいよいよ登場と相成った。

日産 セレナe-POWER ハイウェイスターVトヨタ ヴォクシー

>>どっちがお好み?セレナe-POWERとヴォクシーHVを画像で見比べる!

一方のトヨタ ヴォクシーハイブリッドは2014年に3代目へとフルモデルチェンジを果たした際に追加されたもので、基本的には先代プリウスに搭載されていたものと同等の1800ccエンジン+モーターというハイブリッドシステムが搭載されている。ヴォクシー単体ではセレナの後塵を拝しているが、兄弟車のノア、エスクァイアも含めればセレナを超える人気車種であり、2017年7月にマイナーチェンジを実施し、上級車種のヴェルファイアを彷彿とさせるアグレッシブなフロントマスクを手にしている。

そんなハイブリッドミニバンの金字塔とも言える2車種は「どっちが買い!?」なのか、自動車評論家・小鮒康一が徹底評価!

>>【結論・3ページ目】どっちが買い!?&おすすめグレード

セレナe-POWER vs ヴォクシーHV|燃費比較

日産のフルハイブリッドシステム、e-POWER(eパワー)とは

日産 セレナe-POWER ハイウェイスターV

燃費の話をする前に、日産のe-POWERについて簡単に説明しておこう。日産自動車は「電気自動車の新しいカタチ」と言っているが、エンジンとモーターを搭載しているため、実際はハイブリッドの一種である事はすでに多くの方がご存知のことだろう。

しかし、e-POWERが他のハイブリッド車と大きく異なるのは、走行時は常にモーターで駆動し、エンジンは発電に徹するシリーズハイブリッド方式であるということだ。そのため、エンジンは駆動系には一切繋がっておらず、加減速時にエンジンが大きく揺さぶられることもないため、より高い快適性が実現できているというわけだ。

セレナとヴォクシー、燃費がいいのはどっち?

日産 セレナe-POWER ハイウェイスターVトヨタ ヴォクシー

セレナe-POWERとヴォクシーはどちらもハイブリッド車ということで、やはり気になるのは燃費の数値だろう。カタログ値では、セレナe-POWERが26.2km/Lなのに対して、ヴォクシーハイブリッドは23.8km/Lとセレナe-POWERの方が2.4km/Lも良い数値をマークし、後発の意地を見せた形となった。

しかし、これはあくまでカタログ上での数値であり、走行シーンによっては逆転する可能性も秘められている。というのも、モーターのみで走行するセレナe-POWERは、高い速度域での巡行や上り坂での加速など、強い負荷がかかり続けるシーンは得意ではなく、みるみるバッテリーを消費してしまう。そうなるとエンジンも充電のためにフル稼働してしまい、結果的に燃費が悪化してしまうのである。一方ヴォクシーハイブリッドは、そういったシーンではエンジンも動力として併用することができるので、そこまで大きく悪化する可能性が低いというわけだ。

また、両車とも暖房を使うと一気に燃費が悪化してしまう。というのも、自動車の暖房は一般的にエンジンの熱を利用しており、暖かい風を送ろうとすると必然的にエンジンがかかる頻度がアップしてしまうのだ。セレナe-POWERには電熱線ヒーターの一種であるPTCヒーターも標準装備(ヴォクシーハイブリッドはオプション)しているものの、本格的に車内を暖めるには力不足であり、結局エンジンが始動してしまう。

勝者:セレナe-POWER(カタログ値では)

■トヨタ ヴォクシーHV実燃費レポート(2017年7月マイナーチェンジモデル)

■日産 セレナ実燃費レポート|マイルドハイブリッド版の燃費を徹底チェック!

セレナe-POWER vs ヴォクシーHV|価格・コストパフォーマンス比較

日産 セレナe-POWER ハイウェイスターVトヨタ ヴォクシー

ファミリーカーとして見逃すことができないのが車両価格だ。いくら燃費がよくて燃料代を抑えることができたとしても、車両価格が高くなってしまうのでは身も蓋もないだろう。車両本体価格で比較すると、セレナe-POWERが2,968,920円(e-POWER X)~3,404,160円(e-POWER ハイウェイスターV)となり、ヴォクシーハイブリッドは、3,014,280円(HYBRID X)~3,269,160円(HYBRID ZS)となる。

どちらの車両もエアロパーツを纏ったグレードが用意され、セレナe-POWERでは「ハイウェイスター」シリーズ、ヴォクシーハイブリッドは「HYBRID ZS」が該当するのだが、今回は、標準ボディの中間グレードで比較したい。となるとセレナe-POWERは「e-POWER XV」、ヴォクシーハイブリッドは「HYBRID V」でである。

前述のグレードで比較すると、セレナe-POWERが3,128,760円、ヴォクシーハイブリッドが3,142,800円とほぼ同等の価格となる。どちらも両側電動スライドドアや衝突被害軽減ブレーキなどの先進安全装備は標準装備となっているが、ヴォクシーハイブリッドに標準装備されるLEDヘッドライトやリアエアコン、本革ステアリング、シートヒーターなどの装備がセレナe-POWERではメーカーオプションとなっており、この辺りの装備を追加しようとすると約15万円の上乗せとなってしまう。

また、ボディカラーは13色が用意されるセレナe-POWERだが、アズライトブルー、シャイニングブルー、ブリリアントシルバーの3色以外は全て特別塗装色となっており、エクストラコストがかかってしまう点も注意したい。

勝者:ヴォクシーハイブリッド

セレナe-POWER vs ヴォクシーHV|安全性能比較

日産 セレナe-POWER ハイウェイスターVトヨタ ヴォクシー

もはや必須装備となりつつある衝突被害軽減ブレーキは、セレナe-POWERとヴォクシーハイブリッド両車とも装着される。作動範囲はどちらも約10km/h~80km/hの範囲となっているが、ヴォクシーハイブリッドのトヨタセーフティセンスCが対車両だけなのに対し、セレナe-POWERのインテリジェントエマージェンシーブレーキは、これに加えて車速が約60km/h以下の場合は歩行者も感知する点に違いがある。

また、セレナe-POWERにはオプションではあるが、高速道路同一車線自動運転技術のプロパイロットの設定があり(243,000円)、これを選択することで、車線逸脱防止支援システムや踏み間違い衝突防止アシスト、移動物検知機能付インテリジェントアラウンドビューモニター、標識検知機能など多くの装備がプラスになる。

一方のヴォクシーハイブリッドには、踏み間違い衝突防止やオートマチックハイビーム、先行車発進告知機能などはトヨタセーフティセンスCの機能に含まれるため、予算をかけても安全装備を充実させたい人はセレナe-POWER、必要最低限の装備で充分という人にはヴォクシーハイブリッドがオススメできそうだ。

勝者:セレナe-POWER

セレナe-POWER vs ヴォクシーHV|外装デザイン・ボディサイズ・運転しやすさ比較

日産 セレナe-POWER ハイウェイスターVトヨタ ヴォクシー

セレナe-POWERとヴォクシーハイブリッドは、どちらも5ナンバーサイズミニバンということで、ボディサイズはかなり似通った数値となっている。

セレナe-POWERが全長4690mm×全幅1695mm×全高1865mmで、ヴォクシーハイブリッドが全長4695mm×全幅1695mm×全高1825mmとなる。全高に関してはセレナが若干高いが、室内空間は両車とも1400mmと全くの同一なので、デザイン上の差異ということになる(※数値は標準ボディのもの)。

運転しやすいのは、視界確保の観点でセレナか

セレナe-POWERに試乗した”ミキティ”こと藤本美貴さん<日産 新型セレナe-POWER 発表披露会[2018年2月28日(水)/会場:日産自動車グローバル本社ギャラリー(神奈川県横浜市)]>トヨタ ヴォクシー

運転のしやすさに関してはどちらもファミリーカーという観点で作られており大きな差異はないが、セレナの方がフロントの三角窓が大きく、サードシートを格納したときもリアサイドガラスがほとんど隠れないという点ではややセレナの方に分がある。

■ミキティとフジモンが“家族史上、最高”セレナe-POWERのデビューを祝福

外観はお好みで選べば良い

外観に関しては、まさに“ミニヴェルファイア”といった印象のヴォクシーハイブリッド。特にエアロパーツを纏ったZSグレードはかなり押し出しの強いフロントマスクを持っており、迫力のあるルックスを好むユーザーには持ってこいだろう。

一方のセレナe-POWERは、ヴォクシーハイブリッドに比べるとスッキリした印象。ハイウェイスターでもそこまでのオラオラ感はないので、スマートに乗りたいユーザーにはセレナe-POWERをオススメしたい。

勝者:引き分け

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 セレナ の関連記事

日産 セレナの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 セレナ の関連記事をもっと見る

日産 セレナ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2018/4/28~2018/5/28