autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 日産 新型モコ 試乗レポート/藤島知子

試乗レポート 2011/3/30 12:18

日産 新型モコ 試乗レポート/藤島知子(1/2)

関連: 日産 モコ Text: 藤島 知子 Photo: 茂呂幸正/オートックワン編集部
日産 新型モコ 試乗レポート/藤島知子

女性のツボを上手に押さえた新型モコ!

日産 モコ

日産 モコが3代目にフルモデルチェンジした。

モコは代々、スズキのMRワゴンをベースとしたOEM車で、日産オリジナルのフロントフェイスを採用するなど、内外装に専用パーツを用いることで、日産が得意とする『オシャレ感覚』を上手に表現してきたモデル。

OEM車というと、「メーカーのバッヂが違うだけじゃないの?」と見られがちではあるものの、じつはこのあたり、女子にとっては単に「バッヂが違うだけ」とは言い難い、奥が深い部分ともいえる。

「奥が深い」理由のひとつが、顔つきやボディ色でクルマの存在価値が違って見えるところにある。とくに、女子の場合、色のニュアンスに関しては男性の100倍くらい(?)敏感なものだ。

「あのピンクがカワイくて、ひと目惚れしちゃったの!」といった具合に、クルマを購入するうえで、ボディ色はデザインに匹敵するくらい重要な要素だったりする。

その点、モコにかけられた“カラーリングの魔法”はじつに巧みで、女性のツボを上手に押さえている。『モコベリー』と呼ばれるモコ専用のピンクの外板色は、口紅のニュアンスカラーに通じるものがある。シーズンごとに似たような色が登場するにもかかわらず、光沢感やテクスチャーに変化をもたらすことで、「これを使えば、もっとキレイになれるかもしれない……」なんていう、淡い期待を抱かせてくれるのだ。

日産 モコ日産 モコ日産 モコ日産 モコ日産 モコ
日産 モコ日産 モコ

日本人の肌に映える優しいコーラル系の色合いは、自然体を好む時代に見合ったもので、大人でも自然に受け止められる。バブル期に丸の内のOLたちがこぞって愛用していた青味がかったピンクの口紅がいまの時代に流行るのか?といえば違っているように、ピンクひとつをとってみても、時代に合っていなければ途端に気持ちが萎えてしまう。女性はトレンド感のあるちょっとしたニュアンスの変化に、今日より幸せな明日の自分を妄想しつつ、心を踊らす生きモノなのだ。

話をクルマの話に戻すと、専用デザインが施されたボンネット上にフロントグリルに向かって緩やかなV字ラインが描かれ、繊細なイメージを与えている。その2本のラインのわずかなエッヂが、運転席から前方を見たときにボンネットの奥行きの目安となり、狭い場所を取り回すさいに手助けとなってくれそうだ。

横基調のフロントグリルや、ひと目でモコだと認識できる優しい目をしたヘッドライトも、睨みをきかせた新型MRワゴンとはずいぶん異なる。さり気なく『上品さ』を表現しているあたりも、エイジレスな魅力をもつモコならではの持ち味といえるだろう。

日産 モコ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 モコ の関連記事

日産 モコの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 モコ の関連記事をもっと見る

日産 モコ の関連ニュース

  • 日本における「新車初期品質」トヨタが1位

    自動車ニュース

    日本における「新車初期品質」トヨタが1位

    「J.D.パワーの自動車初期品質調査」は、世界各国で実施され新車の品質を調べる業界のベンチマークの役割を果たしている。今年で5回目となる20....

  • 日産、「モコ」をマイナーチェンジ

    自動車ニュース

    日産、「モコ」をマイナーチェンジ

    日産は、スズキよりOEM供給を受けているモデル「モコ」をマイナーチェンジし、10月16日より販売開始した。販売価格(消費税込)は、1,160....

  • 日産、「モコ」の一部仕様を向上

    自動車ニュース

    日産、「モコ」の一部仕様を向上

    日産は、「モコ」の一部仕様を向上し、7月26日(金)より販売開始した。併せて、関連会社であるオーテックジャパンでは、特別仕様車「エアロスタイ....

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/20~2017/9/20