autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 日産、「マーチ/マイクラ」の世界販売台数が600万台を達成

自動車ニュース 2011/6/22 15:23

日産、「マーチ/マイクラ」の世界販売台数が600万台を達成

1982年の発売以来、世界70ヶ国以上で愛され続けるクルマ

新型マーチ

日産は22日、「マーチ/マイクラ」の世界累計販売台数が、5月末時点で600万台を突破したと発表した。

1982年に、運転のしやすさと優れた経済性を特長とした初代「マーチ/マイクラ」を発売して以来、CVTなどを採用した2代目(1992年発売)、日産車で初めてインテリジェントキーを採用した3代目(2002年発売)に続き、アイドリングストップシステムや新世代エクストロニックCVTを採用しクラストップレベルの低燃費を実現した4代目(2010年発売)まで、長きに渡り販売され続けてきたマーチ。

「マーチ/マイクラ」担当のグローバルチーフマーケティングマネージャーの岩佐洋介氏は、

「今回、世界販売台数で600万台を達成できたのは、『マーチ/マイクラ』の運転のしやすさや信頼性の高さ、使い勝手の良さなどが、世界の70ヶ国以上のお客さまに高く評価され、支持されてきた結果だと思う」

と語った。

日産は、新型「マーチ/マイクラ」の販売を2010年3月のタイを皮切りに、インドや中国においても開始。

「マーチ/マイクラ」は3代目モデルまで日本と英国で生産してきたが、新型マーチは新興国であるタイ、インド、中国、メキシコに生産を移管し、本年5月末までに世界の56ヶ国で17万台以上を販売した。

欧州では、本年9月にスーパーチャージャー付きHR12DDRエンジンを搭載したモデルを追加発売する予定で、これは欧州で販売される最も燃費の良いクルマの一つとなる。

日本では、グッドデザイン賞や「オートカラーアウォード2011」のファッションカラー賞を受賞するなど、高いデザイン評価を得ている。

タイでは、優れた燃費により政府から初のエコカー認定を受け、更に2011年には1200cc以下の車に贈られる「Best Car of the Year under 1200cc」を、2010年には環境性能No.1のクルマに贈られる「Best Environmental Car of the Year」を受賞している。

インドでは、2010年7月の発売以来、15,000台以上を販売しており、同国での日産車の販売台数を押し上げている。

また、生産開始から1年を経過した新型「マイクラ」の累計生産台数は10万台を超え、既に約7万台をインド国外に出荷。

今後、インドから欧州、中東およびアフリカの100ヶ国以上に向けて輸出される予定だ。

日産 マーチ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 マーチ の関連記事

日産 マーチの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 マーチ の関連記事をもっと見る

日産 マーチ の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/19~2017/11/19