autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース トヨタ、スマートフォン向けテレマティクスサービス「スマートG-BOOK」を開発

自動車ニュース 2010/11/30 14:49

トヨタ、スマートフォン向けテレマティクスサービス「スマートG-BOOK」を開発

関連: トヨタ

トヨタ自動車は、これまで同社純正ナビゲーションで利用可能のテレマティクスサービス「G-BOOK」を、一般のスマートフォンで利用できるよう開発し、「スマートG-BOOK」として2010年12月1日よりサービス提供を開始すると発表した。

「スマートG-BOOK」は、専用のアプリケーションをネットワークからダウンロードすることにより、iPhoneやAndroid搭載のスマートフォンで利用できる。

主なサービス内容は、「音声ガイド付通信ナビ(目的地までのルート案内)」に加えて、オペレーターに口頭で目的地の設定を依頼できる「オペレーターサービス」、事故や急病時に、現在位置を自動送信して、緊急車両を要請できる緊急通報サービス「ヘルプネット」、自宅のパソコンで作成したドライブ計画を共有できる「ドライブプラン」など、純正ナビゲーションと同等のG-BOOKサービスが利用できる。

特に、オペレーターサービスでは、オペレーターに会話で希望の施設や地名の検索を依頼でき、目的地がスマートフォンに送信されるので、あいまいなリクエストにも対応でき、かつ、手入力による検索の手間や、音声入力による誤認識がなく、スマートフォンによるナビをより簡単に利用できる。

また、緊急通報サービスヘルプネットでは、スマートフォンが衝撃を検知すると緊急通報ボタンが自動的に表示され、ユーザーが動揺した際でも確実に通報できる「通報支援機能」も提供する。

「スマートG-BOOK」の利用料金については、「ヘルプネット」は、安心安全サービスを広く普及させたいとの観点から無料で提供。音声ガイド付き通信ナビとオペレーターサービスは、セットで6ヶ月間900円にて提供する。

なお、トヨタの販売店でauのスマートフォンを購入した場合、スマートG-BOOK登場キャンペーン期間中(12/1~3/末)は、同サービスが6ヶ月間無料で利用できる。

トヨタは「スマートG-BOOK」により、純正ナビゲーション以外のユーザーに対しても、緊急通報サービスや、オペレーターサービス等を、幅広く普及させることを通じて、安心・安全・快適なカーライフの実現に貢献したいと考えているという。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ の関連記事

トヨタの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ の関連記事をもっと見る

トヨタ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/23~2017/9/23