autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 三菱、「ランサーカーゴ」「デリカバン」「デリカトラック」を一部改良

自動車ニュース 2010/9/9 13:49

三菱、「ランサーカーゴ」「デリカバン」「デリカトラック」を一部改良

三菱 ランサーカーゴ

三菱自動車は、商用車『ランサーカーゴ』『デリカバン』『デリカトラック』を一部改良して9月9日(木)から全国の系列販売会社より発売する(メーカー希望小売価格、『ランサーカーゴ』:1,308,000円~1,860,000円、『デリカバン』:1,728,000円~2,179,000円、『デリカトラック』:1,588,000円~1,918,000円、消費税込)。

今回の一部改良では、『ランサーカーゴ』は、助手席エアバッグを全車に標準装備して安全性の向上を図ったほか、ACパワーサプライ(AC100V)を全車に標準装備とするなど利便性の向上を図った。

『デリカバン』『デリカトラック』は、新型1.8L DOHCガソリンエンジンを搭載して燃費や出力/トルクの向上を図ったほか、2.OLディーゼルエンジンを廃止するなどのグレード展開の見直しや、助手席エアバッグを全車に標準装備するなど安全性の向上を図った。

なお、『ランサーカーゴ』は日産から、『デリカバン』『デリカトラック』はマツダからOEM供給を受けて販売するモデルである。

「ランサーカーゴ」の主な一部改良内容

装備 

・助手席SRSエアバッグを全車標準装備とした。(「12S」「15S」「16S」グレード。その他のグレードは以前より標準装備)

・ACパワーサプライ(AC100V)や助手席アシストグリップを全車標準装備とし、利便性を高めた。

「デリカバン」「デリカトラック」の主な一部改良内容

エンジン 

・新型1.8L DOHCエンジンを搭載し、燃費を大幅に向上させた。これにより、バン、トラック共に2WD車の5速マニュアルトランスミッション仕様は平成22年度燃費基準+5%を、2WD車の4速オートマチックトランスミッション仕様は平成22年度燃費基準を達成した。 また、同時に出力(70kW/5200rpmから75kW/5300rpmに)/トルク(135N・m/2500rpmから147N・m/4000rpmに)の向上も図った。

・2.0Lディーゼルエンジン仕様を廃止した。

装備/仕様

・運転席と助手席の間に大型センターコンソールを全車に装備し、利便性を高めた。また、これにより前席の乗車定員を3名から2名に変更した。

・助手席SRSエアバッグシステムを全車に標準装備した。

・『デリカトラック』の全車で、荷台のアオリを45mm高くし、積載性を向上させた。

・『デリカトラック』のシングルタイヤ仕様の荷台を、標準ボディ(850kg積)からロングボディ(900kg積)に変更し、最大積載量を増やした。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

三菱 ランサーカーゴ の関連ニュース

三菱 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/12~2017/12/12