autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース トヨタ、ハイエース&レジアスエースをマイナーチェンジ

自動車ニュース 2010/7/26 13:40

トヨタ、ハイエース&レジアスエースをマイナーチェンジ

トヨタ ハイエース

トヨタは、ハイエース(バン・ワゴン・コミューター)ならびに、レジアスエース(バン)をマイナーチェンジし、ハイエースは全国のトヨペット店(東京地区は東京トヨタおよび東京トヨペット、大阪地区は大阪トヨタ)、レジアスエースは全国のネッツ店を通じて、7月26日より発売した。

今回のマイナーチェンジでは、3.0L・直噴ディーゼルターボエンジン(1KD-FTV)搭載車について、高性能触媒DPRの改良などにより、環境性能を向上させ、「平成21年(ポスト新長期)排出ガス規制」に適合するとともに、ピエゾインジェクタ-の採用などにより燃費を向上、一部車型において「平成27年度燃費基準」を達成したほか、静粛性も向上。また、ガソリンエンジン(1TR-FE、2TR-FE)搭載車(2WD)では、エンジン・トランスミッションの制御および触媒の変更により、バン(ワイドボディ[4WD]を除く)においては「平成27年度燃費基準」を達成した。

これにより、バンのディーゼルエンジン搭載車、ガソリンエンジン搭載車(一部車型を除く)およびコミューターのディーゼルエンジン搭載車は、本年4月に改正された「環境対応車 普及促進税制」により、自動車取得税と自動車重量税がディーゼルエンジン搭載車では75%減税、また、「平成17年排出ガス基準50%低減レベル」を従来型にてすでに認定を取得しているガソリンエンジン搭載車(2WD)では、50%減税される。

外観においては、フロントバンパー・ヘッドランプ・フロントグリルの意匠を変更し、よりスタイリッシュな印象とした。さらに、バン・ワゴン・コミューターの上級グレードにディスチャージヘッドランプ(オートレベリング機能付)をオプション設定するとともに、オートエアコンを標準装備したほか、バン・ワゴン・コミューターの「DX」にパワーウインドウ(運転席キーOFF後作動可能ワンタッチ式・挟み込み防止機能付)を採用、全車標準装備とし、操作性を向上させた。また、外板色にはホワイトパールクリスタルシャイン、ゴールドメタリックを新設定した。

内装においては、ドアトリムやシート表皮色にダークグレーを採用し、落ち着いた室内空間としたほか、上級グレードに設定のオプティトロンメーターの意匠を変更した。

なお、月販目標台数は、ハイエース3,500台、レジアスエース1,200台としている。

あわせて、ウェルキャブならびにTECS(メーカー完成特装車)についてもベース車と同様の改良を施すとともに、ウェルキャブにストレッチャ-での乗員搬送を可能とした車いす仕様車Eタイプおよび地域の公共乗合タクシーに適した福祉タクシー仕様車タイプIIを新設定し、ラインアップを充実させた。また、TECSにおいては、低温冷凍バン、中温冷凍バン、クーリングバン、保冷バンにイージークローザーを標準装備し、使用性を向上させた。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ ハイエース の関連記事

トヨタ ハイエースの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ ハイエース の関連記事をもっと見る

トヨタ ハイエース の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2017/11/15~2017/12/15