autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ブリヂストン、「バンダグ・リトレッド千葉ファクトリー」の運営を開始

自動車ニュース 2010/7/2 09:52

ブリヂストン、「バンダグ・リトレッド千葉ファクトリー」の運営を開始

バンダグ・リトレッド千葉ファクトリー

ブリヂストンは、リトレッドタイヤの製造拠点として、バンダグ・リトレッドシステムを導入した「バンダグ・リトレッドファクトリー」の全国展開を推進中で、このたび首都圏初の拠点として「バンダグ・リトレッド千葉ファクトリー」が完成し、7月9日(金)より運営を開始する。敷地面積・日産生産能力ともに「バンダグ・リトレッドファクトリー」の中では最大規模となる。

ブリヂストンは、省資源、省エネルギー、CO2排出量削減など環境保全に貢献するリトレッドタイヤを活用して、輸送事業者様の環境経営、経費削減、安全マネジメントに貢献する提案型ビジネスとして、「エコ バリュー パック」を展開している。「バンダグ・リトレッドファクトリー」は、「エコ バリュー パック」の推進拠点として、これまでに全国で10拠点(バンダグ・リトレッドファクトリーは6拠点)が既に稼動しており、「バンダグ・リトレッド千葉ファクトリー」は、第11号拠点となる。

ブリヂストングループは、リトレッドタイヤのリーディングカンパニーであるバンダグ社を2007年に買収。「バンダグ・リトレッドファクトリー」は、ブリヂストンのシステムを活用したコンパクトな製造ラインにより、多品種少量生産が可能で、お客様の近くでリトレッドタイヤの製造・販売・サービスを一体となって迅速に提供する。

なお、「バンダグ・リトレッド千葉ファクトリー」は、施設面において当社開発の新素材である高機能フィルム を窓やトップライト(天窓)に採用した遮熱施工や室内の温度調整を図る気化放熱式涼風装置の設置により、環境負荷軽減、労働環境向上への配慮を行なっている。これらにより、国土交通省の外郭団体である財団法人建築環境・省エネルギー機構の「CASBEE認証」「Aランク」を取得している。

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!