autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース ブリヂストン、ポーランド工場で乗用車用タイヤの生産能力を増強

自動車ニュース 2010/4/6 15:03

ブリヂストン、ポーランド工場で乗用車用タイヤの生産能力を増強

ブリヂストンの欧州統括子会社であるブリヂストン ヨーロッパ エヌヴイ/エスエー(BSEU)は、ランフラットタイヤ・UHP(超高性能)タイヤの欧州域内での生産能力を拡大し、タイムリーに商品を供給できる体制を構築するため、ポーランドの乗用車用タイヤ工場(ポズナン工場)の増強を決定した。

総投資額は約1億500万ユーロで、2012年1月からの能力増強を予定している。生産能力は2014年1月時点で日産約5,600本増加し、日産約29,200本に到達する見込。

2009年の欧州におけるランフラットタイヤ・UHPタイヤの販売量は、厳しい市場環境の下にもかかわらず2008年対比伸長しており、また中長期的にも堅調な需要の拡大が見込まれている。特にランフラットタイヤについては、乗り心地をノーマルタイヤ(通常タイヤ)と比べても遜色ないレベルまで改善した第3世代ランフラットタイヤの商品開発に成功しており、ブリヂストンはより積極的な市場への浸透を図っていくとしている。

ポズナン工場

会社名 :ブリヂストン ポズナン エスペー ツェットオーオー

設立年月 :1998年7月

所在地 :ポーランド共和国 ポズナン市 (ワルシャワの西、約300キロメートル)

敷地面積 :約19万m2

生産品目 :乗用車用ラジアルタイヤ

現行生産能力 :日産約23,600本

従業員数 :約1,300名(2009年12月末現在)

出資比率 :BSEU100%

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!