autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース VW、新型ティグアンを世界初公開「GTE」はソーラー発電機能を搭載【フランクフルトショー】

自動車ニュース 2015/9/15 20:09

VW、新型ティグアンを世界初公開「GTE」はソーラー発電機能を搭載【フランクフルトショー】

フォルクスワーゲン ティグアンGTE
フォルクスワーゲン ティグアン R-Lineフォルクスワーゲン ティグアン

フォルクスワーゲンは、フランクフルトモーターショー2015で、 新型「ティグアン」を世界初公開する。

新型「ティグアン」は、モジュラートランスバースマトリックス(MQB)に基づいて設計されたフォルクスワーゲングループ初のSUVとなる。

コンセプトモデルの「ティグアン GTE」は、プラグインハイブリッドのドライブシステム(160kW/218PS)を搭載し、「ティグアン」シリーズの将来展開を示唆している。

ルーフにソーラーモジュールを搭載し、ソーラーシステムで発電した電力はバッテリーに蓄えられる。ソーラー発電によるゼロエミッションの走行距離が年間最大で約1,000km延長されるという。

市販向けになるのは、スポーティな性格を強調した「ティグアン R-Line」と、標準型のオンロードモデル、そして、オフロードユースに特化したオフロードモデルで、デザイン、テクノロジーともに一新された。

シティエマージェンシーブレーキと歩行者モニタリング機構付フロントアシスト、 アクティブエンジンボンネット、レーンアシスト、ポストコリジョンブレーキシステムを全車標準装備した。

また、4種類のガソリンエンジンと4種類のディーゼルエンジンを用意し、最大出力は、ガソリンエンジンは、それぞれ92kW/125PS、110kW/150PS、132kW/180PS、162kW/220PS。ディーゼルエンジンは、それぞれ 85kW/115PS、110kW/150PS、140kW/190PS、176kW/240PSを発揮する。ガソリン、ディーゼルともにもっともベーシックなエンジンを搭載するモデルはFFだが、それ以外のモデルは、4WDシステムの4MOTION がオプションもしくは標準となる。

Euro-5のエンジンを搭載した初代「ティグアン」と比較すると、燃料消費量は最大24%削減されており、また、Euro-6を搭載した従来型「ティグアン」の最終仕様と比べても、 燃費は最大10%向上している。

フォルクスワーゲン ティグアン 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

フォルクスワーゲン ティグアン の関連記事

フォルクスワーゲン ティグアンの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

フォルクスワーゲン ティグアン の関連記事をもっと見る

フォルクスワーゲン ティグアン の関連ニュース

フォルクスワーゲン 新車人気ランキング  集計期間:2017/7/18~2017/8/18

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    249.9万円559.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    199.9万円337.9万円

  • フォルクスワーゲン

    新車価格

    239.9万円349.9万円