autoc-one.jp 記事・レポート 自動車ニュース 今週末開幕!スーパーGT2015 昨年チャンピオンの「GT-R」勢が好調!

自動車ニュース 2015/4/2 16:43

今週末開幕!スーパーGT2015 昨年チャンピオンの「GT-R」勢が好調!

関連: 日産 GT-R

「王者は騒がず、動かず」余裕の表情を浮かべる王者ニスモ

スーパーGT合同テスト (3/14-15 岡山国際サーキット)

スーパーGT2015年シリーズの開幕戦が4月4,5日、岡山県東部の美作市にある岡山国際サーキットにおいて開催される。舞台となる岡山国際では、本番の3週間前となる3月14~15日には公式テストが実施され、日産・レクサス・ホンダの各陣営ともに準備万端で開幕を迎える。

国内最高の観客動員を誇り、今や世界的にも注目度の高まっているスーパーGTだが、2014年の日産陣営は「NISSAN GT-R NISMO GT500」を投入し、全8戦のうち2勝を含めて4戦で表彰台を奪うなど、着実にポイントを重ねたニスモの松田次生/ロニー・クインタレッリ組がドライバーズチャンピオンに輝くとともにニスモはチーム部門でチャンピオンとなり、新規定での初年度に記念すべきダブルタイトルを獲得している。

新規定での2年目となる2015年は、「王者は騒がず、動かず」の定石通り、ディフェンディングチャンピオンとして挑む「ニスモ」を始め、日産陣営の「チームインパル」「モーラ」「コンドーレーシング」の4チームは、昨年の強力なパッケージングをほぼ踏襲している。

すなわち、タイヤは#1 ニスモの松田/クインタレッリ組がミシュランを使用し、#12 チームインパルが安田裕信/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ組でブリヂストン、#46 モーラが本山哲/柳田真孝組でミシュラン、と3チームに関しては組み合わせ全く不変となった。唯一、#24 コンドーレーショングが、ミハエル・クルムがル・マン・プロジェクトに専念するためにシーズン前半はスーパGTを欠場することになり、佐々木大樹のパートナーには去年GT300クラスにフル参戦したルーカス・オルドネスが抜擢されている。またクルムもシーズン後半にはチームに合流する予定だ。

岡山で行われた公式テストはコンドーレーシングとニスモがトップタイム!

3月に行われた公式テストは、初日の午前がウェット路面となったが、午後からはドライに変わり、2日目は午前午後を通じてドライコンディションで充分に走り込むことができた。昨年のチャンピオンマシンを正常進化させた2015年仕様のNISSAN GT-R NISMO GT500は好調で、クラス別の専有走行セッションが設けられた初日には、これまでのコースレコードを更新する好タイムで#24 コンドーレーシングと#12 インパルがトップ2に並び、各チームがロングラップの決勝セットに励んだ2日目には#1 ニスモがトップタイムをマークするなど連覇に向けて好発進している。

とはいえやはりライバルの動向からも目が離せない。昨年の開幕戦で速さを見せつけたレクサス「RC F」勢だけでなく、シーズン中盤からは目覚ましい進歩を見せたホンダ「NSX」勢も、タイトル奪還に向けてオフの間に用意周到に開幕を待っていたようだ。実際のところ岡山の公式テストでも、RC FやNSXがGT-R勢に僅差で続いており、本番の予選・決勝では昨年以上の好バトルが期待できる。

一方、GT300クラスでは、デビューから4シーズン目を迎えて、空力の改善、ブレーキの強化などで仕様をアップデートした「NISSAN GT-R NISMO GT3」から目が離せなくなりそうだ。今シーズンはNDDP RACINGが星野一樹のパートナーにF3などフォーミュラで腕を磨いてきた高星明誠が抜擢された。また昨年のGT300チャンピオンチームとなったGAINERからベテランのアンドレ・クートとコンビを組んで千代勝正が参戦することになった。昨年はGT-Rを駆って海外で武者修行をしてきた千代の活躍にも注目したい。

日産 GT-R 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

日産 GT-R の関連記事

日産 GT-Rの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

日産 GT-R の関連記事をもっと見る

日産 GT-R の関連ニュース

日産 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/22~2017/9/22