autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム マツダ新型ロードスターの先行商談予約スタート!滑り出し2000件は多い?少ない?

自動車評論家コラム 2015/3/30 12:35

マツダ新型ロードスターの先行商談予約スタート!滑り出し2000件は多い?少ない?

関連: マツダ ロードスター Text: 国沢 光宏 Photo: 小林岳夫
マツダ新型ロードスターの先行商談予約スタート!滑り出し2000件は多い?少ない?

ロードスター人気は凄い!異例となる商談予約をスタート!!

マツダの新型ロードスター(ND)の商談予約が3月20日から始まった。現時点で受け付け件数は2000件少々とのこと。この数字、多いか少ないか?マツダの自己評価からすれば「2000件以上もの予約」らしい。しかし客観的に考えてみたら、予想していたよりずっと少なく感じる。

そもそもマツダだって「ロードスターの人気は凄い! 普通に商談を始めたら大混乱する」ということから、異例となる商談予約の申し込みという方法を取ったのだろう。もし2000件なら通常通りの販売方法で問題ない。

そもそも今回行ったのは「商談予約の申し込み」であり契約開始でない。マツダのディーラーは1000店舗。1店舗2台。そして月に1000台程度なら生産出来るはず。おそらくプリウスなどのように発表直後に納期1年みたいな受注状況を想定していたのだと思う。

「一桁違うのでは?」

実際、他のメーカーのチーフエンジニア級の方や、マーケティング担当の人に聞くと「一桁違うのでは?」。改めて状況を確認したが、やはり2000件だった。自動車業界の人で「立派な数字」と評価した人は1名だけ。客観的に評価すると「ウナりを上げるような大空振」となる。

一方「クルマの仕上がりや魅力に問題あるのか?」と聞かれたら、そんなことありません、と答えたい。自動車ジャーナリストの皆さんが絶賛する通り、素晴らしいクルマだと思う。ただ私は2点を持って難しいと考える。

まずは一つ目は価格で、売れ筋グレードに必要な装備を付けた総支払い価格が320万円だとあまりにも高い。二つ目に、高い価格をハネ返すくらいの「飛び抜けた魅力」を持ってはおらず…。今のままだと新型ロードスターは日本仕様に限り6月と言われる発売直後から生産調整しなければならなくなる。

同じような状況になりそうなのが本日3月30日発表のホンダS660(エスロクロクマル)。軽自動車なのに総支払額で250万円近い。クルマは魅力的ながら、商品として考えれば厳しいと思う。

ここにきてユーザーのことを考えていないクルマが多くなってきた。ホンダのジェイドとグレイスは、デビュー直後に失速。生産調整に入ったものの間に合わず、今や在庫車の置き場所に困っているほど。

一方、アルファード/ヴェルファイアのように強気になっても売れる車種もある。商品戦略が重要と考えます。

■参考)「マツダ ロードスター」先行商談予約について

・3/20(金)正午~3/30(月)正午の期間、プレサイト(http://www.roadster.mazda.co.jp/pre/)で実施。

・先行商談予約したユーザーは、4/4(土)~4/12(日) の期間で店頭予約が可能。

筆者: 国沢 光宏

マツダ ロードスター 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

マツダ ロードスター の関連記事

マツダ ロードスターの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

マツダ ロードスター の関連記事をもっと見る

マツダ ロードスター の関連ニュース

マツダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/21~2017/11/21