autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ロータス 新型エリーゼ 海外試乗レポート 2ページ目

試乗レポート 2010/8/19 13:03

ロータス 新型エリーゼ 海外試乗レポート(2/3)

ロータス 新型エリーゼ 海外試乗レポート

“フェラーリマスク”へと変貌を遂げた新型エリーゼ

新型エリーゼ
(左)旧型エリーゼ/(右)新型エリーゼ新型エリーゼ

1996年の初代以来、約3万台を世に送り出したロータスの「核」となるエリーゼが、バハールCEO体制になって初のモデルチェンジ(ビッグマイナーチェンジ)を行った。

3モデル中、最もスタンダードなエリーゼ(他はエリーゼR/エリーゼSC)は、1.6リッターにダウンサイジングされた新エンジンを搭載している。試乗の目的はまさにこれだ。

まず大きな変更点は、エリーゼとして3度目の大掛かりなフェイスリフト。

通常、これをフェイズ3(現行はフェイズ2)と呼ぶが「そうは呼ばない」と念押しされた。

ひと目見て“フェラーリマスク”と思っても間違いではない。デザインのトップにフェラーリから、ドナート・ココが移籍して来たからだ。

ボディのスリーサイズに変更はないものの、エッジ角度と面の使い方を変え、ライト形状の変更とLEDデイライトによる眼力も含めて、スタイリングを低く、ワイドに見せている。

着座位置の低いシートは、足を投げ出して肘が軽く曲がる程度のストレートアームによるドライビング姿勢がいかにもスポーツカーらしく、キマっている。

右ハンドルの国で生まれているから、ステアリングもペダル類もシフトレバーの操作系もすべてがジャストフィット。なお、輸入車は左でなければ!という方には左ハンドルも用意される。

ダウンサイジングの理由は「環境対応」と「燃費性能」

新型エリーゼ新型エリーゼ

排気量を1.8リッターから1.6リッターへダウンサイジングされたエンジンは、ウェールズで製造されるトヨタ1ZR-FAE型で、欧州仕様の「オーリス」に搭載されているモノだ。

それをエリーゼに採用した目的は、「環境対応」と「燃費性能」にある。

まずCO2排出量を1.8リッターの179g/kmから149g/kmにまで低減(ユーロ5へ対応)した。燃費は、欧州の複合モードで6.28L/100km、つまり15.8km/Lとハイブリッドカーの実用燃費に近い数値を1.6リッターガソリンエンジンのスポーツカーで迫ったところが評価できる。

パワーとトルクは、136ps/16.3kg・m。

数字だけを見ると何の変哲もない性能だが、それが車重わずか876kgの“ライトウェイト”に搭載されると、俄然“イキイキ”とスポーツカーの走りが堪能できるから、軽さの勝利である。

ロータスT6と呼ばれるエンジン制御により、アクセル操作に自然に応答するエンジンは、あくまでも扱いやすい特性。

少しのアクセルペダル操作で、飛び出し感の強い日本車的なギミックは全くないオトナの制御だ。

5速から6速へとグレードアップしたギヤボックスと、上限7,000rpmまでを許容する回転が、各ギヤで胸の空く爽快な加速感を味わえる。

ロータス エリーゼ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ロータス エリーゼ の関連記事

ロータス エリーゼの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ロータス エリーゼ の関連記事をもっと見る

ロータス エリーゼ の関連ニュース

ロータス 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/20~2017/9/20