autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート 【試乗】ホンダ 新型ヴェゼルは明らかに違う!2年連続SUVナンバー1の進化した実力

試乗レポート 2016/2/25 15:30

【試乗】ホンダ 新型ヴェゼルは明らかに違う!2年連続SUVナンバー1の進化した実力(1/2)

【試乗】ホンダ 新型ヴェゼルは明らかに違う!2年連続SUVナンバー1の進化した実力

新たにパフォーマンスダンパーを採用し、1クラス上の雰囲気に

ホンダ ヴェッゼルパフォーマンスダンパー(RS専用)

果たして雪の上で、変わった部分など分かるのだろうか?そんな心配をよそに、ヴェゼルは着実な進化を、瞬時に披露してくれた。

2月にしては気温が高めで、雪もかなり少ない鷹栖のテストコースの圧雪路でも、ヴェゼルはかなり乗り心地が良くなったな、とすぐにわかった。登場したばかりのヴェゼルでは、特にリアのサスペンションが滑らかに動かず、突き上げ等も含めてキツい乗り心地だった。しかし今回はまず、乗り心地が進化したなと感じたほどだった。

ちなみにこの時、試乗したのは「HYBRID Z」。このグレードでは乗り心地向上に効果を発揮するパフォーマンスダンパーを採用したが、それがしっかりと体感できた証だろう。

パフォーマンスダンパーは、前後のオーバーハング内に設置すると車体の振動等を巧みに吸収して質の高い乗り心地を実現する。それが見事に効果を発揮したわけだ。

乗り心地が良くなったことで、クルマの走りそのものも印象はさらによくなる。特に今回は雪道での試乗となったわけだが、そうしたシチュエーションでも、しなやかさを忘れずに走ってくれることも確認できたし、何より走りの良い印象が増したことで、1クラス上のクルマを感じさせる雰囲気も手に入れた。

2年連続SUV No,1のヴェゼルにRSが追加!

ホンダ ヴェゼル[HYBRID RS・Honda SENSING]

ご存知のようにヴェゼルは2014年に続き、2015年もSUV新車登録販売台数で1位を記録している人気ナンバー1モデル。そんなモデルがより熟成されたのだから、今後もさらに評価は高まっていくだろう。

そう思わせるような仕上がりが、一部改良されたヴェゼルには漂っていたわけだが、やはり何と言っても今回のトピックは「RS」グレードが新たに設定されたことだろう。

ホンダのRSは、ロード・セイリングを意味する名称で、道路の上をセイリングするように気持ち良く走るモデルであることを意味する。

RS専用エクステリア (フロントグリル)
RS専用ドアミラー (クリスタルブラック)18インチアルミホイール

そうしたキャラクターを実現するために、ヴェゼルRSには様々な専用装備が施される。

エクステリアではまず、RS専用となるフロントグリルを備える他、クリスタルブラック塗装が施されたボディーロアガーニッシュ・ドアミラー、そして18インチサイズのアルミホイールとタイヤが与えられる。これによってもともと小気味良い感覚を持ったヴェゼルが、さらにスポーティな雰囲気を醸し出すわけだ。

またインテリアで印象的なのが、RS専用となるスウェード調の表皮である「ウルトラ・スウェード」。これによってシートはもちろん、インパネやセンターアームレストの質感が変わり、スポーティながらもラグジュアリーな雰囲気を漂わせるのだ。

さらにメカニズムに関しては、操縦安定性の向上に寄与するパフォーマンスダンパーや、可変ステアリングギアレシオを採用。加えてホンダ独自のCVT制御である「G・Design Shift」も採用しており、ノーマル比で明らかに確かな感触を持ったスポーティな走りを手に入れた。

ホンダ ヴェゼル 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ ヴェゼル の関連記事

ホンダ ヴェゼルの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ ヴェゼル の関連記事をもっと見る

ホンダ ヴェゼル の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/8/27~2017/9/27

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円