autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート ホンダもついに市販へ!「新型FCV(仮称)」はトヨタ「MIRAI」を越えるのか!? 2ページ目

試乗レポート 2015/10/27 11:49

ホンダもついに市販へ!「新型FCV(仮称)」はトヨタ「MIRAI」を越えるのか!?(2/2)

関連: ホンダ Text: 国沢 光宏 Photo: 茂呂幸正
ホンダもついに市販へ!「新型FCV(仮称)」はトヨタ「MIRAI」を越えるのか!?

いよいよホンダ 新型FCVを試乗!果たしてトヨタ MIRAIとの実力差は!?

ホンダ 新型FCVホンダ 新型FCV

早速試乗してみた。基本は水素で発電した電気を使いモーターを駆動するという電気自動車のため、トヨタのMIRAI同様に静か&滑らか。アクセルをジンワリ踏むと、ほとんど聞こえないレベルの電動ファン音を発しながら走り出す。

巡航状態ではオーディオを聞いていれば全く解らないレベルの電動ファンの音しかせず。超を三つつけたいくらい静か。

それでは、とアクセル全開にしてみると、立ち上がり加速は若干MIRAIよりレスポンスが悪く、本格的な加速が始まったら若干MIRAIより速い感じ。ただどちらも必要にして十分以上の性能だから、これまた甲乙付け難し。

興味深いことに、絶対的な音量でホンダ優性。音質はミライの方が気にならないタイプだったりします。

世界を圧倒する国産メーカーの燃料電池車

ホンダ 新型FCVを試乗中の国沢光宏氏ホンダ 新型FCV

結論から書けば、真っ直ぐ走っている限りMIRAIと実力伯仲(重心位置と、もしかしたら前後の重量配分は重いスタックを車両下部に搭載するミライの方が好ましいかもしれません)。

水素タンク容量が多い分、航続距離は10%くらい長いというイメージ。燃料電池車に乗りたいなら、納期とデザインと好みのメーカーで選べば良いと考える。

いずれにしろ、燃料電池車は日本の自動車メーカーが世界を圧倒した。未だ市販できるレベルの燃料電池車を作れる海外メーカーなど無し。

メルセデス・ベンツやGMは生産コストで、現代自動車も燃料電池の耐久性で課題を抱えており「誰にでも売れる市販車」にはほど遠い。

ホンダの燃料電池車が欲しいなら、早めに名乗りを上げておくべきだ。

筆者: 国沢 光宏
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ の関連記事

ホンダの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ の関連記事をもっと見る

ホンダ の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/25~2017/11/25

  • ホンダ

    新車価格

    131.5万円208万円

  • ホンダ

    新車価格

    142.9万円236.7万円

  • ホンダ

    新車価格

    188万円272.8万円