ホンダもついに市販へ!「新型FCV(仮称)」はトヨタ「MIRAI」を越えるのか!?(1/2)

ホンダもついに市販へ!「新型FCV(仮称)」はトヨタ「MIRAI」を越えるのか!?
ホンダ 新型FCV ホンダ 新型FCV ホンダ 新型FCV ホンダ 新型FCV ホンダ 新型FCV ホンダ 新型FCV ホンダ 新型FCV ホンダ 新型FCV ホンダ 新型FCV ホンダ 新型FCV ホンダ 新型FCV 画像ギャラリーはこちら

高まっていくホンダ 新型FCVへの「期待」

2014年11月17日に発表されたホンダ FCVのコンセプトカー

トヨタに遅れることほぼ1年、ホンダも燃料電池車を発売する。

今回試乗した時点では車名&価格のアナウンス無し(東京モーターショーで車名を発表する。価格は官公庁の入札規定など考えれば、トヨタ MIRAIと差を付けられないと思われる)。

一番の驚きが、すでに発表されていたコンセプトカーとの“デザインの違い”だったりして。MIRAIが発表される前日に行われたホンダ燃料電池車の技術発表の際に展示されていたコンセプトカーは、ため息が出るほどスタイリッシュだった。

すでにMIRAIをオーダー済みだった私など「早まったか?」と思ったほど。もちろんバンパーすら付いていない完全なるショーモデルだったものの、ホンダの燃料電池車への期待は高まっていた。

あれっ?コンセプトカーとだいぶ違う!?

ホンダ 新型FCV

ということで写真をジックリ見て頂きたい。

コンセプトカーとずいぶん違いました。評価についちゃ読者諸兄にお任せしたいけれど、やはりエコカーだってデザインが重要だと考える。日産 リーフもカッコ良ければ今の3倍は売れていただろう。まぁMIRAI以上に生産可能台数が少ないだろうから、実際は全く問題にならない。

MIRAIとの機能的な差は「5人乗りであること」と「航続距離が若干長い」ことの二つ。その代わり大きな水素タンクを車体後部に搭載しているため、トランク形状が若干使いづらくなっている。これまた燃料電池車に大きな荷物を入れる人など少ないだろうから関係無いかもしれません。

スタイルを含め、MIRAIとの違いは以上の三つです。

ホンダ 新型FCVホンダ 新型FCVホンダ 新型FCVホンダ 新型FCVホンダ 新型FCV
ホンダ 新型FCVホンダ 新型FCVホンダ 新型FCVホンダ 新型FCVホンダ 新型FCV
1 2 次へ

この記事の画像ギャラリーはこちら

  すべての画像を見る >

【PR】MOTAおすすめコンテンツ

国沢 光宏
筆者国沢 光宏

1958年生まれ。ベストカーガイド編集部員を経て自動車評論家に。空気を全く読まず言いたいことを言い、書きたいことを書くので自動車メーカーから嫌われている。現在所有しているクルマは日産 リーフやトヨタ MIRAIなど多数。趣味はラリーに出場すること。人気のない(本人談)Webサイトを運営中。記事一覧を見る

MOTA編集部
監修者MOTA編集部

MOTA編集部は自動車に関する豊富な知識を持つ専門家チーム。ユーザーにとって価値のあるコンテンツ・サービスを提供することをモットーに、新型車の情報や、自動車の購入・売買のノウハウなど、自動車に関する情報を誰にでも分かりやすく解説できるように監修しています。

MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!

愛車の売却を、もっと楽に!もっと高く!

  • 一括査定はたくさんの買取店からの電話が面倒?

    これまでの一括査定は、たくさんの買取店からの電話が面倒でした。MOTA車買取なら、最大20社の査定額をwebで簡単比較。やり取りするのは査定額上位の3社だけ。車の査定が楽に完結する仕組みです。

  • 一括査定は本当に高く売れるの?

    これまでは、買取店に会わないと査定額がわからず、比較がしづらい仕組みでした。MOTA車買取は、申込翌日18時に最大20社を簡単比較。加えて、買取店は査定額上位3社に選ばれるために競い合うから、どうしても高く売れてしまいます。

人気記事ランキング
最新 週間 月間

新着記事

新着 ニュース 新型車 比較 How To
話題の業界トピックス・注目コンテンツ

おすすめの関連記事

ホンダの最新自動車ニュース/記事

ホンダのカタログ情報 ホンダの中古車検索 ホンダの記事一覧 ホンダのニュース一覧

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる