autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 どっちが買い!?徹底比較 ホンダ 新型フィットRS vs スズキ スイフトスポーツ どっちが買い!?徹底比較

どっちが買い!?徹底比較 2013/9/22 15:58

ホンダ 新型フィットRS vs スズキ スイフトスポーツ どっちが買い!?徹底比較(1/2)

ホンダ 新型フィットRS vs スズキ スイフトスポーツ どっちが買い!?徹底比較

Sports VS Sports

ホンダ フィット RSスズキ スイフトスポーツ

今、話題の人気車といえばホンダ 新型「フィット」。ハイブリッドが受注台数全体の約70%を占めるが、クルマ好きには1.5リッターエンジンを搭載するRSも見逃せない。動力性能に余裕があり、CVT(無段変速AT)のほかに6速MTも選択できる。

そしてサスペンションには、専用のチューニングを施した。フルモデルチェンジによって「フィット」自体のボディ剛性も高められたので、RSならではのチューニングも高い効果を発揮する。

一方、従来から人気を得ていたコンパクトカーのスポーティーモデルといえば、スズキ 「スイフトスポーツ」が挙げられる。エンジンは専用に開発された1.6リッターを搭載。「フィットRS」と同じく6速MTも用意される。

サスペンションの取り付け剛性を向上させ、ショックアブソーバーはテネコオートモーティブ社のモンローを採用。スバル「インプレッサWRX・STI」のようなスポーツ指向のエボリューションモデルに仕上げた。

そこで「フィットRS」と「スイフトスポーツ」、コンパクトスポーティモデル2台を比較してみたい。

モデル名

エンジン

トランスミッション

駆動

燃費

価格

ホンダ フィットRS

1.5リッター i-VTEC

CVT

FF

21.4km/L

1,800,000円

6MT

19.0km/L

1,800,000円

スズキ スイフトスポーツ

1.6リッター

CVT

15.6km/L

1,748,250円

6MT

14.8km/L

1,680,000円

【新型フィットRS vs スイフトスポーツ 動力性能対決】

ホンダ フィット RSスズキ スイフトスポーツホンダ フィット RSスズキ スイフトスポーツ

まずは動力性能だが、「フィットRS」の最高出力は132馬力(6600回転)、最大トルクは15.8kg-m(4600回転)になる。対する「スイフトスポーツ」は、136馬力(6900回転)/16.3kg-m(4400回転)だ。

車両重量は6速MT仕様で見るとフィットRSが1050kg、スイフトスポーツが1040kg。数値上は最大トルクの0.5kg-mの違いにより、1.6リッターを搭載する「スイフトスポーツ」が若干優位と受け取られる。

エンジンのフィーリングは、実用回転域の駆動力については互角の印象。両車とも1500~3000回転付近から余裕があり、運転がしやすい。

モデル名

最高出力

最大トルク

ホンダ フィットRS

97kW(132ps)/6,600rpm

155N・m(15.8kg・m)/4,600rpm

スズキ スイフトスポーツ

100kW(136ps)/6,900rpm

160N・m(16.3kg・m〉/4,400rpm

スズキ スイフトスポーツスズキ スイフトスポーツ

高回転域の吹け上がりは、「スイフトスポーツ」の方が鋭く感じられる。特に5000回転を超えた領域の伸びが良く、6速MTのメリットを引き出しやすい。吸気側にはバルブの開閉タイミングを制御する機能が備わるが、開発者によれば「主に3000回転と5000回転を境に切り替わる」とのこと。5000回転付近からはエンジン音も含めて、スポーティーな感覚が強まる。

従って「フィットRS」であればCVTを選んでも良いと思うが、「スイフトスポーツ」では6速MTを推奨したい。CVTでもパドルシフトによる7速の疑似変速操作が可能だが、メリハリのある回転感覚には6速MTが似合う。

コーナリング時の挙動は、両車ともに後輪の接地性を重視している。先代型の「スイフト」は良く曲がる代わりに後輪の横滑りが強めに生じる傾向があり、「スイフトスポーツ」もその影響を受けていたが、現行型は走行安定性を重視する方向に発展した。

これは日本車、輸入車を問わず今日のクルマに共通する安全重視の開発方針だが、「スイフトスポーツ」は、後輪の接地性を確保した上で少し曲がりやすい設定だ。前輪側のグリップ性能が高く、操舵に対する反応の仕方も機敏に仕上げた。

スズキ スイフトスポーツスズキ スイフトスポーツスズキ スイフトスポーツスズキ スイフトスポーツスズキ スイフトスポーツ
スズキ スイフトスポーツスズキ スイフトスポーツスズキ スイフトスポーツスズキ スイフトスポーツスズキ スイフトスポーツ
ホンダ フィット RS
ホンダ フィット RSスズキ スイフトスポーツ

対する「フィットRS」はバランス型。操舵感は切れが良いというより自然な印象で、後輪の踏ん張り感が常に伴うから安心できる。

タイヤの違いも影響しているだろう。「フィットRS」のタイヤサイズは185/55R16・83Vで、試乗車が装着していたブランドはブリヂストンのトランザER370。「スイフトスポーツ」のサイズは195/45R17・81Wで、ブランドはブリヂストンのポテンザRE050Aであった。

乗り心地は「フィットRS」が快適。「スイフトスポーツ」にも粗さはなく、重厚な印象だが、路面上の細かなデコボコを少し伝えやすい。「フィットRS」の方がしなやかに感じられる。

ホンダ フィット 関連ページ

スズキ スイフト 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

ホンダ フィット の関連記事

ホンダ フィットの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

ホンダ フィット の関連記事をもっと見る

ホンダ フィット の関連ニュース

ホンダ 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/24~2017/7/24