autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート BMW X6M 海外試乗レポート/河村康彦 編 2ページ目

試乗レポート 2009/7/28 13:00

BMW X6M 海外試乗レポート/河村康彦 編(2/3)

関連: BMW X6 M Text: 河村 康彦 Photo: ビー・エム・ダブリュー株式会社
BMW X6M 海外試乗レポート/河村康彦 編

この巨体で0-100km/h加速はわずか4.7秒!

今回のモデルのパワーパックにはもう一点、“M車の常識外”のポイントがある。

それは、前述のように従来の各MモデルがMT、もしくはそれをベースとしたトランスミッションを採用したのに対して、こちらはトルコンATを用いる事。

「DCTにはまだこのエンジントルクに見合う大容量ユニットが存在しないし、ボートや馬の牽引(!)などの用途では、こちらに分がある」のが、その理由との回答。すなわち、そこに採用のパワーパックからしてこれまでにない価値観を提案する、“新時代のM”の誕生だ。

2.4トン近い重量級ボディの持ち主ながら、いざ走り出せばそんな事を感じさせないのは、低回転域からのアクセル操作に対しても瞬時に太いトルクを発する心臓の威力。

通常とは逆に“内側排気”のレイアウトを持つエンジンは、そのバンク内へコンパクトに収められた排気系に、左右両バンクから最高1,050度に達する高温=高エネルギーのガスを連続して送り込む構造が特徴。

それゆえ、2基のツインスクロール・ターボはまるで機械式スーパーチャージャーのように、エンジン低回転時から俊敏なレスポンスを示すのだ。これが1,500~5,650rpmと驚異的に幅広いゾーンで680Nmという猛烈に太い最大トルクを発し続ける、このエンジンキャラクターの大きな秘密になっている。

さすがに、他のMモデルのような超高回転域に掛けての鮮烈な伸び感は味わえないものの、それでも0→100km/h加速がわずかに4.7秒という圧倒的な速さなのは、最高555psという際立つ最高出力の成せる技。

ちなみに、通常シーンではトルコンATらしいジェントルでスムーズな変速を行うトランスミッションは、マニュアル・モードを選ぶとタイトな繋がり感と素早いシフト動作がまるでDCT風味。

こちらのモードでは変速時に明確なシフトショックを伴うものの、それが走行性能に「悪さ」をするどころかスポーツ走行時にはむしろアップテンポでメリハリある走りを演出し、好ましいスパイス役を果たしてくれるのは発見だった。

BMW X6 M 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

BMW X6 M の関連記事

BMW X6 Mの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

  • BMW X6M 海外試乗レポート/西川淳 編

    試乗レポート

    BMW X6M 海外試乗レポート/西川淳 編

    おそるべきスーパーカースペックのX6M0→100km/h加速、なんと4.7秒。これは、同門のM6と良い勝負であり、ライバル・カイエンターボS....

  • BMW X6M 海外試乗レポート/河村康彦 編

    試乗レポート

    BMW X6M 海外試乗レポート/河村康彦 編

    ”M”の心臓を搭載したX6の登場初代X5の誕生時からたびたび噂はあったものの、結局のところ今になるまで世に姿を現す事のなかったのが「Mの手掛....

BMW X6 M の関連記事をもっと見る

BMW X6 M の関連ニュース

BMW 新車人気ランキング  集計期間:2017/10/23~2017/11/23

  • BMW
    X3

    新車価格

    639万円710万円

  • BMW

    新車価格

    317万円618万円

  • BMW
    X1

    新車価格

    406万円614万円