autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート アストンマーティン ヴァンキッシュ ヴォランテ試乗レポート/石川真禧照 2ページ目

試乗レポート 2014/1/2 10:00

アストンマーティン ヴァンキッシュ ヴォランテ試乗レポート/石川真禧照(2/2)

アストンマーティン ヴァンキッシュ ヴォランテ試乗レポート/石川真禧照

オーラが周囲に撒き散らされる

イグニッション用のキーを押し込み、エンジンスタート。同時に爆音が周囲に轟く。アクセルを踏み込まなくても、勝手にエンジン始動は2000回転以上まで吹き上がるのだ。Dボタンを押し、スタートする。

エンジンチューンもサスペンションチューンも標準モードで走り出す。もちろん幌は開ける。街中では周囲の歩行者やドライバーや助手席の人たちからの視線を感じる。フツーに走っているのだけで、オーラが周囲に撒き散らされる。

Dレンジでは65km/hぐらいで6速に入るので、平和なドライビングだ。乗り心地はやや硬め。排気音も3000回転ぐらいまでなら抑えられている。ちなみに100km/h巡航は6速1800回転、5速でも2200回転なので、平和な高速クルージングも可能だ。幌を閉じれば、耐候性も遮音もよくできている。

思わず高回転にしてV12エンジンのサウンドを楽しんでしまった

スポーツモードは、足回りとパワーユニットの両方に設定されている。そして、これを選択すると、ヴァンキィッシュ・ヴォランテは、それまでとはまったく別の顔を見せる。

サスペンションは硬く、細かいゴツゴツ感が伝わってくる。これはフラットな舗装路面、例えばサーキット走行用に近い。そしてパワーユニットは、まず排気音が2000回転をオーバーすると爆音になる。アクセルをオフにしても爆音がする。思わず高回転にしてV12エンジンのサウンドを楽しんでしまった。

当然、動力性能も迫力だ。V12、6.0リットルエンジンは573ps、620Nmを発生する。ためしにアクセルペダルを床まで踏みつけたが、瞬時に全開加速、もの凄い排気音と共にV12は7000回転まで上昇し、4秒台半ばで100km/hに達した(メーカー発表値は4.1秒)。さすがに最高速295km/hは出せなかったがきっと不可能な数字ではないのだろう。

実は実用性もある程度備える

これだけのスーパーコンバーチブルだが、実は実用性もある程度備えている。まず、リアにはプラス2以下の広さだがシートが設けられているので、コートなど小物も置ける。

トランクも奥行は590mmだが左右幅は1360mmもある。高さも410mmなので、ゴルフバッグの収納も可能だ。なぜかトランクリットはオートクロージャーも付いていた。

こんなラグジュアリーで美しく、スポーティなクルマを通勤で使うエグゼクティブになってみたい。年末ジャンボの当選番号をもう一度、確かめてみようっと。

アストンマーティン V12ヴァンキッシュ 関連ページ

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

アストンマーティン V12ヴァンキッシュ の関連記事

アストンマーティン V12ヴァンキッシュの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

アストンマーティン V12ヴァンキッシュ の関連記事をもっと見る

アストンマーティン V12ヴァンキッシュ の関連ニュース

アストンマーティン 新車人気ランキング  集計期間:2017/6/29~2017/7/29

  • アストンマーティン

    新車価格

    2,380万円2,591.6万円

  • アストンマーティン
    V8

    新車価格

    1,630.5万円1,709万円

  • アストンマーティン
    DB9

    新車価格

    2,391.4万円2,822.4万円