ステップワゴンの牙城を崩したヴォクシーの快進撃がスゴかった! 新型ステップワゴンはヴォクシーを倒すことはできるのか!?

画像ギャラリーはこちら
5ナンバーサイズのミニバンは今や国民的ファミリーカーといっても過言ではないほど人気を集めている。現在はトヨタ ヴォクシー3兄弟がもっとも売れているモデルであるが、じつはこの市場を不動のモノとしたのは初代ステップワゴンであったのだ。そこで今回は5ナンバーサイズミニバンの歴史を振り返るとともに、まもなく発売予定の新型ステップワゴンについて考えてみたい。
目次[開く][閉じる]
  1. 5ナンバーサイズミニバン市場はトヨタの独占状態だが、かつては違った!?
  2. 1990年代は商用車ベースのミニバンが大半! 初代オデッセイや初代ステップワゴンで大改革を敢行
  3. 対するトヨタは商用車チックなモデルばかり! 初代ステップワゴンの牙城は崩せずにいた
  4. 打倒ステップワゴン! セレナにヴォクシーなど今売れ筋モデルが続々投入
  5. ライバル続出でステップワゴンもあの手この手で改良を実施
  6. 新型ステップワゴンは再び首位奪還なるか!?

5ナンバーサイズミニバン市場はトヨタの独占状態だが、かつては違った!?

現在日本のファミリーカーの大きな柱となっているのは5ナンバーサイズのミニバンだ。最近トヨタ エスクァイアが2021年12月上旬で生産終了というニュースはあったが、エスクァイアを含むトヨタヴォクシー三兄弟の独走状態である。

しかし、このジャンルを開拓したのは1996年登場のホンダ ステップワゴンの初代モデルであった。ここではヴォクシー三兄弟、日産 セレナ、ステップワゴンという三強による激闘が本格化する前の時代を中心に、このジャンルの戦いの過程を振り返ってみた。

>>モデル末期のヴォクシーやステップワゴンは買い時なのか!? 1年前の常識が通用しない緊急事態! 激戦Mクラスミニバンの最新購入術を伝授

1990年代は商用車ベースのミニバンが大半! 初代オデッセイや初代ステップワゴンで大改革を敢行

まずは初代ステップワゴンが登場した1996年の当時は「ワゴン車、1BOXカー」と呼ばれていた現在のミニバン業界、ホンダの状況を思い出してみよう。

当時のミニバン業界はラージクラスこそ1990年登場の初代エスティマや1994年登場の初代オデッセイと、乗用車ベースへの移行は始まっていたが、この2台以外は商用バンベースのモデルが中心だった。

ミドルクラスのミニバンは、初代エスティマを5ナンバーサイズとしたエスティマルシーダ&エミーナは存在した。

だが、トヨタはヴォクシー三兄弟の前身となるタウンエース&ライトエース、日産はセレナの前身となるバネットセレナと、それぞれフロントノーズの有無はあるにせよ、エンジンはフロントシートの下に配置されるキャブオーバーレイアウトだった。

>>エスティマ生産終了から2年! 後継車は未だ現れず 未来的な卵型フォルムはEVやFCVとなってよみがえる!?

初代オデッセイから始まったクリエイティブムーバー戦略! 初代ステップワゴンは画期的なモデルだった

当時のホンダに目を移すと、1990年代前半のバブル崩壊、その後当時の三菱自動車が得意としたRVシフトへの遅れを原因にピンチに陥っており、三菱自動車との合併という噂まであったほどだった。

そんな中登場した初代オデッセイはラージミニバンながらFFの乗用車ベースとしていた。乗用車的な雰囲気や乗り味、フロアの低さのよる広さ、価格の安さにより大ヒットした。

さらにホンダは初代オデッセイから「クリエイティブムーバー」と呼ぶRV戦略を開始し、翌1995年には乗用車ベースでライトなキャラクターであったミドルSUVの初代CR-Vも登場し、こちらも大ヒット車となった。

>>【新型オデッセイ予想】ホンダ 新型オデッセイは現行モデルより50万円程度値下げをすればアルファードにも勝てる!? 現行モデルの敗因は高すぎる価格設定にアリ

1996年登場の初代ステップワゴンも初代オデッセイや初代CR-Vと近い路線の5ナンバーBOX型ミニバンである。初代ステップワゴンも2台と似た理由で大ヒットし、ホンダはピンチから一気に勢いを取り戻した。

対するトヨタは商用車チックなモデルばかり! 初代ステップワゴンの牙城は崩せずにいた

その頃トヨタはというと、初代ステップワゴンと同じ1996年にタウンエースノア&ライトエースノアを出すのだが、この2台は商用バンと関連のあるフロントノーズにエンジンがあるFRレイアウトの5ナンバーBOX型ミニバンで、初代ステップワゴンほどは乗用車的なモデルではなかった。

ただ、タウンエースノア&ライトエースノアはトヨタが1995年登場のコンパクトカーの5代目スターレットから衝突安全ボディGOA、ABS、デュアルエアバッグといった安全装備の標準装備化を進め始めた時期のモデルでもあった。その面では初代ステップワゴンを上回っていたのも事実である。

タウンエースノア&ライトエースノアは当時のRVブームもあり、十分売れたのだが、販売台数は2台を合計して初代ステップワゴンと同等程度。この結果はトヨタの販売力を考えたら初代ステップワゴン優勢というのが結論だろう。

>>ホンダ 新型ステップワゴンは2022年初頭に発売!? 価格は280万円〜か!?

打倒ステップワゴン! セレナにヴォクシーなど今売れ筋モデルが続々投入

初代ステップワゴンに続いてこのクラスのミニバンを乗用車ベースのFF車としたのは1999年登場の2代目セレナだ。この代からバネットの名が取れ、セレナとして独立した初のモデルでもある。2代目セレナは当時ルノーとの資本提携が結ばれるなど瀕死の状態だった日産の中ではよく売れたモデルだった。

そして、2001年にステップワゴンは2代目モデル、タウンエースノアは初代ノア、ライトエースノアは初代ヴォクシーにフルモデルチェンジされる。

このとき2代目ステップワゴンは左側スライドドアに対して、初代ノア&ヴォクシーは両側スライドドアを採用していた点が別れ道だったのか、ステップワゴンとノア&ヴォクシーの形勢が逆転し始め、現在も続くノア&ヴォクシーの快進撃が始まる。

ライバル続出でステップワゴンもあの手この手で改良を実施

ステップワゴンは2005年登場の3代目モデルでは両側スライドドアを初採用。フローリングフロアを持ち、若干全高を下げた低床低重心パッケージによりピタッとよく走るミニバンだったのだ。

2009年登場の4代目モデルは比較的オーソドックスなスタイルであった。2015年登場の現行モデルではフィーリングのいい1.5リッターとワクワクゲートの採用と、どれもいいクルマなのになぜかヴォクシー三兄弟には勝ち切れない状況が続いている。

新型ステップワゴンは再び首位奪還なるか!?

現行ステップワゴンは5ナンバーBOX型ミニバン三強において実力はナンバー1なだけに、販売が実力に追いついていないのは残念を通り越して気の毒である。

それだけに2022年にも登場と言われている新型ステップワゴンでは、このジャンルの先駆車として今までのうっぷんを晴らすようなモデルになって欲しい!

【筆者:永田 恵一】

トヨタ/ヴォクシー
トヨタ ヴォクシーカタログを見る
新車価格:
281.4万円344.3万円
中古価格:
20.8万円426.8万円

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
永田 恵一
筆者永田 恵一

1979年生まれ。26歳の時に本サイトでも活躍する国沢光宏氏に弟子入り。3年間の修業期間後フリーランスのライターとして独立した。豊富なクルマの知識を武器に、自動車メディア業界には貴重な若手世代として活躍してきたが、気付けば中堅と呼ばれる年齢に突入中。愛車はGRヤリスと86、過去には日本自動車史上最初で最後と思われるV12エンジンを搭載した先代センチュリーを所有していたことも。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 櫻湯 山茱萸

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ ヴォクシーの最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ヴォクシーのカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ヴォクシーの中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ヴォクシーの記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ヴォクシーのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる