トヨタがロータリーエンジン採用決定! マツダとの連携が驚きの形で表面化(1/2)

トヨタがロータリーエンジン(RE)搭載の自動運転EVの実証を決意

トヨタとマツダの連携の成果が、驚きの形で表面化した。なんと、トヨタがロータリーエンジンを使ったレンジエクステンダー式EVを採用するというのだ。さらに驚きなのは、そのクルマがフリート向けの自動運転車になるという。フリートとは、タクシー・レンタカー・配送車などの商用事業者を指す。

>>トヨタのRE搭載車を画像でチェック(20枚)

こんなトンデモナイ話が発表されたのは、米ラスベガスでのCES(セス)だ。

CESは、「コンシューマ(消費者)・エレクトロニクス(電気)・ショー」の略で、日本では”世界最大級の家電IT見本市”と称されることが多い。毎年1月に開催され、近年では3Dプリンター、ウェアラブル、ドローンなどの分野で世界市場に向けた発信源となってきた。また、自動車業界では自動運転や車外とのデータ通信を行うコネクテッドカー関連での世界初公開が多い。

トヨタはこれまでのCESで燃料電池車でのパテント公開、シリコンバレーを本拠地とするトヨタリサーチインスティテュート(TRI)設立、そしてトヨタが考える未来形自動車「コンセプトi(愛)」などを発表してきた。

そうした中で、今回発表された「e-Palette(イー・パレット) コンセプト」は過去の各種発表を大きく上回る注目を世界中から浴びている。

その理由は、いくつもあり、ロータリーエンジン採用のそのひとつだ。

パレットとは、プラットフォームを意味する

「イー・パレット」のパレットとは、一般的には絵を描くときに絵の具を混ぜるためにつかう道具だ。また、運送業界では、フォークリフトで移動させるような台座を指す。

では、トヨタが今回発表したパレットとは何か? それは、EV、自動運転、さらにビックデータにおけるプラットフォームのことだ。

EVについては、モーターやバッテリーなどの詳細は公開されず、搭載されるパワーユニットの一例として、マツダが開発中の横置き式1ローター・ロータリーエンジンを発電機として使うEV、つまりレンジエクステンダーの採用だ。

自動運転については、トヨタが社内カンパニー制のひとつである、先進モビリティカンパニーが行ってきた高速道路での車線変更を伴う自動運転ではなく、アメリカのトヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)が開発中の、一般公道での完全自動運転システムの採用を念頭に置いている。

この完全自動運転システムでは、トヨタ社外での開発を実現させるためのAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェイス)を用意する。つまり、トヨタは完全自動運転システムの”大家さん”となり、それを”店子(たなこ)”が利用するイメージだ。

ところが、その”たなこ”のメンツが凄い! 初期メンバーは、米アマゾン、米ライドシェアリング大手のウーバー、中国のライドシェアリング大手のディディ、そして大手ピザ宅配のピザハットなど、世界的に名の知れ渡ったフリート事業者ばかりだ。

また、こうした大手事業者はビックデータを有効活用していることでも知られている。イー・パレットでは、トヨタが量産車での採用を進めているビックデータのエコシステム、モビリティ・サービス・プラットフォームも採用し、アマゾンらとのデータ共有を行うことになる。

イー・パレットは、各種フリートサービスに対応して、ボディサイズを変更するなど、自動で走る空間としての利活用が期待される。こうしたコンセプトは、ダイムラーなどの欧州大手自動車メーカーや、米ローカルモータースなどのベンチャー企業で発案されているが、トヨタのように「2020年前半に事業化を目指した実証を世界各地で始める」と、連携する企業名を含めて具体的な事業計画を明言した企業は過去に事例がない。

次のページ:パワーユニットはパナソニックになるのか?

1 2 次へ

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
桃田 健史
筆者桃田 健史

日米を拠点に、欧州、BRICs(新興国)、東南アジアなど世界各地で自動車産業を追う「年間飛行距離が最も長い、日本人自動車ジャーナリスト」。自動車雑誌への各種の連載を持つ他、日経Automotive Technologyで電気自動車など次世代車取材、日本テレビで自動車レース中継番組の解説などを務める。近著「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」(ダイヤモンド社)。1962年東京生まれ。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... みやこわすれの宿 こおろぎ楼
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

おすすめの関連記事

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる