autoc-one.jp 記事・レポート 特集 自動車評論家コラム トヨタがロータリーエンジン採用決定! マツダとの連携が驚きの形で表面化 2ページ目

自動車評論家コラム 2018/1/11 19:30

トヨタがロータリーエンジン採用決定! マツダとの連携が驚きの形で表面化(2/2)

関連: トヨタ , マツダ デミオ Text: 桃田 健史 Photo: 桃田健史
ついにトヨタがロータリーエンジンの採用を決定!
ついにトヨタがロータリーエンジンの採用を決定!ついにトヨタがロータリーエンジンの採用を決定!ついにトヨタがロータリーエンジンの採用を決定!ついにトヨタがロータリーエンジンの採用を決定!画像ギャラリーはこちら

パワーユニットはパナソニックになるのか?

そんなイー・パレットコンセプトの前で、トヨタ関係者からじっくり説明を受ける人を見つけた。パナソニックの都賀一宏社長である。

トヨタの豊田章男社長と都賀社長は昨年12月、都内でEV向けの角形電池の開発に関する共同記者会見を行った。質疑応答の時間に、筆者は両社長に質問をしたが、その受け答えの中で”電池以外での協業”についての可能性を感じていた。

そして今回、トヨタのイー・パレットコンセプトと同じCESで、パナソニックが小型EV向けのパワーユニット「イー・パワートレイン」を世界初公開した。

ついにトヨタがロータリーエンジンの採用を決定!

これは、モーター、インバーター、昇圧機能を持つDCDCコンバーター、そして充電器を一体化させたもの。複数のモーターを使う場合、DCDCコンバーターと充電器は各モーターと共用することができる。モーターの出力は未発表ながら「数kW」(パナソニック関係者)という。同社ではすでに、福井県永平寺町で実証試験を行っている小型自動運転EVに後輪2モーター式として採用している。事業者向けの発売は「2018年中を目指す」という。

トヨタのイー・パレットは、今回発表さらた全長4800mmバージョンでは前後4つ・合計8つのモーターを搭載するイメージだったが、ボディサイズによってモーターの数を増減することも考えられ、そうなるとパナソニックのイー・パワートレインが最適に思えてくる。その点についてパナソニック関係者は「現状では不明」と答えるにとどめた。

以上のように、トヨタの次世代車開発の今後、乗用車市場よりも、商用車市場で大きな変革が生まれそうな予感がする。

[Text:桃田健史]

筆者: 桃田 健史
オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!

トヨタ の関連記事

トヨタの新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ の関連記事をもっと見る

トヨタ の関連ニュース

トヨタ 新車人気ランキング  集計期間:2018/3/21~2018/4/21