autoc-one.jp 記事・レポート 新車情報 試乗レポート トヨタ 新型RAV4試乗【後編】 公道&ダートの巻|群雄割拠のミッドサイズSUVセグメントの中でも人気者になりそうな気配 3ページ目

試乗レポート 2019/4/12 17:23

トヨタ 新型RAV4試乗【後編】 公道&ダートの巻|群雄割拠のミッドサイズSUVセグメントの中でも人気者になりそうな気配(3/3)

関連: トヨタ RAV4 Text: 今井 優杏 Photo: 茂呂 幸正
トヨタ 新型RAV4
トヨタ 新型RAV4トヨタ 新型RAV4トヨタ 新型RAV4トヨタ 新型RAV4画像ギャラリーはこちら

初期からアシストし、最終的に破綻しない「ダイナミックトルクベクタリングAWD」

トヨタ 新型RAV4トヨタ 新型RAV4

ダートでの新型「ダイナミックトルクベクタリングAWD」では、VSCの介入がほぼされないのに驚いた。

小石のグラベル路はかなりミューが低い。ここをコーナリングしながらアクセルを踏んで加速していく、という、人工的アンダー状態に持ち込むわけだけれど、そんなときにでもターンインから繊細に制御がちょっとずつドライバーを助けてくれるのが解る。

ここでも何度も何度も本当に何度も、バターになっちゃうんじゃないかってくらいにぐ〜るぐ〜る走ったけれど、従来型「ダイナミックコントロール4WD」はかなり早い段階、コーナーの頂点に差し掛かる前にリアが滑り始め、滑り始めたほぼ同じタイミングでVSCが嫌な音と振動で介入して鼻先をこれでもかと内側に曲げる。

対して「ダイナミックトルクベクタリングAWD」はそれが、最後にブレーキをかけて停車するまで感じられないのだ。あれ、なんかじょうずに回れちゃった、なのだ。

で、注意深く観察してみると、滑り出す前からすご〜く少しずつ、舵が入った瞬間くらいからもうすでに左右のトルク配分が行われているようなのだ。ちゃんと初期からそうしてアシストしているから、最終的には破綻をしない、という結果。

高い静粛性とモーターのトルクを発揮してグイグイ登ってくれる「E-four」

トヨタ 新型RAV4

そしてハイブリッド四輪駆動の「E-four」も最新の4代目に進化し、お馴染みプリウスにも搭載されたものと名前こそ同じだが、別次元にまで進化している。

まずはリアのモーターが大型化され、トルクが30%引き上げられた。つまり、FFベースのパートタイム四駆的な即席モノではなく、本格的四輪駆動に近づいたシステムになっている。

駆動配分は走行状況によって前後100:0から20:80にまで変化するから、これもハイブリッドと思えないほど悪路走破性は○。

しかし、なにより一般道での走行がとても良かった。静粛性もさすがだし、2.0リッターガソリンモデルでは非力に感じた急峻な登坂でもモーターのトルクを発揮してグイグイ登ってくれるし。

意外や最近トヨタのSUVは、ちょっとアツい!

トヨタ 新型RAV4
トヨタ 新型RAV4

無論、従来型「ダイナミックコントロール4WD」だって悪くはない。普通に悪路走破だって出来るし、価格を考えれば優秀だ。車重も軽いから、普通に一般道メインだったらむしろボディが軽くてハンドリングもバッチリ。しかし、ちょっとでも雪道とかオフロードに行く予定がある人は、間違いなく新型「ダイナミックトルクベクタリングAWD」一択で正解だ。

ちなみに特別内外装が用意された最上級グレード「アドベンチャー」を選べば、もれなく「ダイナミックトルクベクタリングAWD」が装備される。お値段も張るがやはり個人的にもイチオシはコチラ。

いやはや、C-HRも良かったけど、このRAV4もとてもステキ。意外かもしれないけれど、最近トヨタのSUVは、ちょっとアツいんです!

[筆者:今井 優杏/撮影:茂呂 幸正]

【公式動画】トヨタ 新型RAV4 雪上試乗

トヨタ 新型RAV4 主要スペック

トヨタ 新型RAV4 主要スペック
XAdventureHYBRID X
メーカー希望小売価格
(消費税込)
2,835,000円3,137,400円3,450,600円
WLTCモード燃費15.2km/L20.6km/L
WLTCモード燃費
(市街地モード)
11.5km/L18.1km/L
WLTCモード燃費
(郊外モード)
15.5km/L15.3km/L22.4km/L
WLTCモード燃費
(高速道路モード)
17.4km/L17.5km/L20.7km/L
全長4,600mm4,610mm4,600mm
全幅1,855mm1,865mm1,855mm
全高1,685mm1,690mm1,685mm
ホイールベース2690mm
乗車定員5名
車両重量(車重)1,570kg1,630kg1,670kg
エンジン種類直列4気筒
駆動方式
ダイナミック
トルクコントロール
4WD

ダイナミック
トルクベクタリング
AWD
E-Four
排気量1,986cc2,487cc
エンジン最高出力126kW(171PS)/6,600rpm131kW(178PS)/5,700rpm
エンジン最大トルク207N・m(21.1kg・m)/4,800rpm221N・m(22.5kg・m)/3,600~5,200rpm
フロントモーター
最高出力
-88kW(120PS)
フロントモーター
最大トルク
-202N・m(20.6kg・m)
リアモーター
最高出力
-40kW(54PS)
リアモーター
最大トルク
-121N・m(12.3kg・m)
トランスミッションDirect Shift-CVT電気式無段変速機
燃料無鉛レギュラーガソリン
筆者: 今井 優杏

この記事にコメントする

【お車の買い替えをご検討中の方へ】

■買い替えでよくある失敗にご注意!
車の乗り換えを行う際、よくある失敗はディーラーで営業マンから好条件を提示され、ハッキリした下取り価格を知らずに手放してしまうパターンです。一見好条件に見えても、実は下取り相場より安く、損をしてしまうことも。
■ネットで複数の買取相場をチェック!
ディーラーが高額な場合もありますが、車の買取に特化した買取店の方が高額査定を出せる場合が多いようです。ですから、あらかじめネットで愛車の下取り価格を取得しておくのは鉄則です。ただし一括査定サービスは、申し込むと大量の電話が掛かってきますからご注意ください。
■営業電話なしの【Ullo(ウーロ)】で快適に愛車を売ろう!
オートックワンの買取サービス「ウーロ」なら、一括査定と違って大量の営業電話は一切なし。パソコンやスマホ上で各社の買取店を一斉表示して、高額2社からのみ連絡を受けられます。

トヨタ RAV4 の関連編集記事

トヨタ RAV4の新車記事の一覧。新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、オートックワンがお届けする最新の自動車記事をご覧になれます。

トヨタ RAV4 の関連ニュース

オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック! オートックワン公式アカウントをフォローし、最新記事をチェック!
編集企画(パーツ・用品)PR