新型ランドクルーザー300の狙い目は730万円の最上級版ではなく550万円のベーシックなグレードだ!

画像ギャラリーはこちら
1951年、現在の自衛隊向けに開発した四輪駆動車に端を発するトヨタの「ランドクルーザー」(ランクル)にはいくつかのシリーズがある。中でも1967年に登場したステーションワゴン仕様のランドクルーザー55から発展したシリーズは、ランクル60、80、100、200とシリーズの最高峰モデルとして長い歴史を重ねてきた。そして2021年8月、14年ぶりのフルモデルチェンジを実施したのが「ランドクルーザー300」だ。

四輪駆動車専門誌の編集長経験も持つカーライフジャーナリストの渡辺 陽一郎氏が、新しいランクルの最高峰モデルを解説。オススメグレードなどをご紹介する。

目次[開く][閉じる]
  1. 流行りのライトなSUVとは別格! 70年の歴史を持つ生粋の悪路向け四輪駆動車「ランドクルーザー」
  2. 新型ランドクルーザー300で最もオススメなグレードは下から2番目! 550万円「AX」(ガソリン)だ
  3. 730万円(ガソリン)の最上級グレード「ZX」だけは他グレードに比べ割高感が強い
ランドクルーザー300の最新業界ニュース・自動車ニュース&記事

流行りのライトなSUVとは別格! 70年の歴史を持つ生粋の悪路向け四輪駆動車「ランドクルーザー」

今はSUVが世界的なブームになり、新型車の発売も活発だ。大半の車種は乗用車と共通のプラットフォームを使うシティ派だが、SUVの源流は悪路を走るためのツールだった。日本車ではランドクルーザーの前身とされるトヨタ ジープ(BJ型)が1951年に登場し、のちにランドクルーザーに改名されて今に至る。ラダー(ハシゴ状)フレームを備える、後輪駆動をベースにした生粋の悪路向けSUVだ。

70年に及ぶ歴史を持つランドクルーザーシリーズの最高峰「ランドクルーザー200」が2021年8月、14年ぶりにフルモデルチェンジを行い、「ランドクルーザー300」に刷新された。

新型ランクル300はフレームからエンジンに至るまで全てを一新

新型ランドクルーザー300(ランクル300)は、ラダーフレームとサスペンションを新開発。悪路走破力を維持しながら舗装路での走行安定性を向上させている。

メカニズムでは、耐久性の優れた油圧式パワーステアリングを踏襲しながら、電動機能も組み合わせて運転を支援する操舵機能などを加えた。雪道や砂地など、悪路の状況に応じてサスペンションやブレーキを最適に制御できるマルチテレインセレクトは、作動範囲を4WDのローレンジから新たにハイレンジまで広げた。

登載するエンジンは、従来型(ランドクルーザー200)にはV型8気筒4.6リッターガソリンが積まれていたが、新型では新開発のV型6気筒3.5リッターツインターボのガソリンと、V型6気筒3.3リッターツインターボのクリーンディーゼルになった。

装備については、衝突被害軽減ブレーキや全車速追従型クルーズコントロールを含んだトヨタセーフティセンス、ドライバーの死角に入る後方の並走車両などを検知して知らせるブラインドスポットモニターなどを標準装着した。安全面と運転支援の機能は大幅に充実している。

新型ランドクルーザー300で最もオススメなグレードは下から2番目! 550万円「AX」(ガソリン)だ

新型ランドクルーザー300のグレードは、ガソリンが5種類、ディーゼルは上級に限定して2種類を設定した。

グレード名は下から「GX」(510万円)、「AX」(550万円)、「VX」(630万円)、「GR SPORT」(ガソリン:770万円/ディーゼル:800万円)、「ZX」(ガソリン:730万円/ディーゼル:760万円)となっている。

ガソリンモデルの乗車定員は、価格が最も安いGXを除くと3列シートの7人乗りで、ディーゼルは2列の5人乗りのみ。ガソリンエンジンに比べディーゼルは30万円高い設定だ。

趣味性の強い車種だから、グレード選びは好みと予算に応じて行うことになるが、客観的に推奨度が高いのはガソリンのAX(550万円)だ。

2番目は、シートが本革になり、ドライバー異常時対応システム(ドライバーの異常を検知すると自動的に減速して停車させる機能)などの安全装備が充実しカラーヘッドアップディスプレイなども備わるガソリンのVX(630万円)となる。

新採用の指紋認証スタートスイッチは、GXはオプション(2万2000円と安い)だが、それ以上には標準装着される。

730万円(ガソリン)の最上級グレード「ZX」だけは他グレードに比べ割高感が強い

逆にZX(730万円/ガソリン)は割高だ。価格はVXに比べて100万円高いが、装備の違いを見ると、価格上昇は50万円程度が妥当になる。

トヨタは時々、高価格車の上級グレードを割高にする。最上級グレードを求めるユーザーが、機能や装備と価格のバランスを気にしない傾向にあることを知っていて、儲けを狙うわけだ。GRスポーツ(770万円/ガソリン)は専用のパーツを数多く装着するから一概にはいえないが、いずれにせよAXやVXに比べると割高になる。

なお新たに投入されたディーゼルエンジン車は、前述の通りZX(760万円)とGRスポーツ(800万円)のみの設定だから、必然的に割高になってしまう。

従ってランドクルーザーのグレード選びでは、550万円のAXが最も買い得だ。本革シートなどが欲しいユーザーはVXも検討したい。

AX・VXグレードにもディーゼルの設定を! またディーゼル車にも7人乗り仕様の設定が欲しい

今後の展開としては、ディーゼルでもベーシックなAX・VXの2グレードを選択可能にすると良心的だ。そして、ディーゼル車には現状で設定がない7人乗り仕様にも需要があるだろう。これらは早期の追加を期待しておく。

また操舵を支援するレーントレーシングアシストとドライバー異常時対応システムは、VX以上のグレードだけに標準装着される。大切な安全装備だから、AXやGXでも選択可能にして欲しい。

ハイビーム作動時に相手方の眩惑を抑えるアダプティブハイビームシステムも、ZXとGRスポーツのみの設定だ。このタイプの装備は、今では軽SUVのダイハツ タフトなども採用するので、最高峰のトヨタ ランドクルーザーでは、全グレードに標準装着すべきだろう。

[筆者:渡辺 陽一郎/撮影:TOYOTA]

MOTAおすすめコンテンツ

この記事の画像ギャラリーはこちら
渡辺 陽一郎
筆者渡辺 陽一郎

1961年生まれ。自動車月刊誌の編集長を約10年務めた後、フリーランスのカーライフ・ジャーナリストに転向。「読者の皆さまに怪我を負わせない、損をさせないこと」が最も重要なテーマと考え、クルマを使う人達の視点から、問題提起のある執筆を心がけている。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... おごと温泉 びわこ緑水亭

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ ランドクルーザー300の最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ランドクルーザー300のカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ランドクルーザー300の中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ランドクルーザー300の記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ランドクルーザー300のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる