いつの間に高級になっちゃったの?元クロカンだったラグジュアリーSUV3選!

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
今ではすっかり人気ジャンルとなったSUVですが、かつては「クロカン」と呼ばれていた時代もありました。今回は、そんな道なき道を突き進む硬派なクロカンとしてデビューし人気を獲得するも、気が付いたらラグジュアリーSUVになっていた車種3選を紹介します。
目次[開く][閉じる]
  1. 日本を代表するクロカン!トヨタ ランドクルーザー
  2. 軍用車出身のラグジュアリーSUV!メルセデス・ベンツ Gクラス
  3. 68年にわたり生産され、ラグジュアリーSUVとなったディフェンダー

日本を代表するクロカン!トヨタ ランドクルーザー

トヨタ ランドクルーザーは、1951年に「ランドクルーザー」の名が与えられてから、モデルチェンジを繰り返し、現在も生産・販売が続いている本格クロカン。高い耐久性を持ったラダーフレームを使い、トップレベルの悪路走破性を持ち合わせています。また、日本のみならず世界中で高い信頼を獲得。1955年のランドクルーザー20系の発売以降、中南米、中東、東南アジアを中心に約170ケ国・地域で販売されています。(2018年データ、トヨタ調べ)

きっかけは「レクサス」の始まり

1989年に80系となったトヨタ ランドクルーザーは、トヨタが北米で展開していた高級車ブランド「レクサス LX」と姉妹関係にあります。レクサス LXは、高級車にふさわしいインテリアや豪華装備が与えられたラグジュアリーSUV。ランドクルーザーとLXが姉妹関係になったことが、硬派一徹だったランドクルーザーをラグジュアリー路線へ進めるきっかけになったと言えるでしょう。以降、レクサス LXとの姉妹関係は続き、トヨタのフルサイズラグジュアリーSUVとして高い人気を維持しています。

トヨタ ランドクルーザー200系の中古車相場

■中古車掲載台数:291台

■中古車相場:239万円~1083.5万円(応相談含む)

※中古車掲載台数および相場は、2020年11月7日時点のデータ

軍用車出身のラグジュアリーSUV!メルセデス・ベンツ Gクラス

1979年に誕生したメルセデス・ベンツ Gクラスは、軍用車を民生用に転用したモデルです。強靭なラダーフレームによる悪路走破性を持ちながら、メルセデス・ベンツらしい高級感を兼ね備えています。日本でも、多くの著名人や有名人が乗っているモデルとして広く知られている人気車種です。

W463から乗用車らしくなったGクラス

メルセデス・ベンツ Gクラスは、1989年に登場した2代目(W463)で大きな転機を迎えます。機構面ではフルタイム4WDを採用し、エクステリアにはオーバーフェンダーとサイドステップを装着。さらに、インテリアはモダンな乗用車タイプに変更されました。本格オフローダーから乗用車を意識した変更をきっかけに、Gクラスの高級感がさらに加速します。

また、2018年にはフルモデルチェンジ並みの大幅改良を実施。無骨なエクステリアのスタイルを受け継ぎながら、LEDヘッドライトや予防安全システムといった最新技術が導入されました。インテリアもレザーシートやメッキパーツ、アンビエントライトなど、高級車らしい室内となっています。

メルセデス・ベンツ Gクラス(W463、2018年~)の中古車相場

■中古車掲載台数:60台

■中古車相場:1415万円~1950万円(応相談含む)

※中古車掲載台数および相場は、2020年11月7日時点のデータ

68年にわたり生産され、ラグジュアリーSUVとなったディフェンダー

イギリスを代表するSUVメーカーであるランドローバーの中で、もっともヘビーデューティなキャラクターの位置づけにあるディフェンダー。1990年にデビューした初代ディフェンダーは、強靭なラダーフレームに載せられるボディにアルミを採用。アルミ素材だからこそ生み出された独特のデザインが大きな特徴です。初代ディフェンダーは、環境や法律など状況の変化に合わせて改良や変更を重ね、基本骨格などを変更することなく2016年まで製造されます。

ラグジュアリー路線へ急変したディフェンダー

初代の生産終了から3年のブランクを経て、2019年に発表されたディフェンダーは、短い前後のオーバーハングや一目でディフェンダーとわかるアイコニックなエクステリアデザインに。インテリアは直線基調の機能的な造形でありながら、道具感がなく上質な空間が演出されています。

日本に導入された新型ディフェンダーのドライブトレインは、2.0リッター直列4気筒ターボエンジンの「P300」を展開。2019年11月に開始された先行予約ではわずか4日で上限台数に到達し、その注目度の高さと人気ぶりが大きな話題となりました。

ランドローバー ディフェンダーの中古車相場

■中古車掲載台数:0台

■中古車相場:価格情報収集中

※中古車掲載台数および相場は、2020年11月7日時点のデータ

メルセデス・ベンツ/Gクラス
メルセデス・ベンツ Gクラスカタログを見る
新車価格:
1,251万円1,803.2万円
中古価格:
299万円2,279.8万円
ランドローバー/ディフェンダー
ランドローバー ディフェンダーカタログを見る
新車価格:
489万円870万円
中古価格:
443.7万円1,104万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... オーベルジュ 箱根フォンテーヌ・ブロー仙石亭
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

トヨタ ランドクルーザー200の最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ランドクルーザー200のカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ランドクルーザー200の中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ランドクルーザー200の記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ランドクルーザー200のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる