ハコスカに初代Zなど、歴史に残る日産の名機「L型エンジン」搭載車3選

  • 筆者: MOTA編集部
画像ギャラリーはこちら
スカイラインやフェアレディZなど、数多くの名車を生み出している日産。これら名車の走りに欠かせないパーツといえばエンジンです。鋳鉄製エンジンブロックやチェーンによるカムシャフト駆動など、基本骨格が頑丈で耐久性が高いエンジンとして知られる「L型エンジン」は、長らく日産を代表するエンジンとして、数多くの名車に搭載されてきました。今回は、そんな「L型エンジン」を搭載していた日産車3選をご紹介します。
目次[開く][閉じる]
  1. 「L20型」を搭載する3代目スカイライン
  2. 日産スポーツの代名詞 初代フェアレディZ(S30)
  3. 通称ブタケツと呼ばれた2代目ローレル(C130)

「L20型」を搭載する3代目スカイライン

日産を代表する車種であり、長い歴史を持つ「スカイライン」。中でも、1968年に登場した3代目スカイラインは、通称「ハコスカ」の愛称で知られ、今現在でも多くのファンを持つ日産の名車です。丸型4灯のヘッドライトや角型テールライト、そしてリアフェンダーのサーフィンラインが特徴的。開発の時点から、直列6気筒エンジンの搭載を視野に設計されたため、長いボンネットを持つスポーティーで伸びやかなスタイリングになっています。

直列6気筒「L20型」を搭載

3代目スカイラインには、直列4気筒と直列6気筒、2種類のエンジンが用意されました。1968年後半に登場した直列6気筒「L20型」の最高出力は105PS。後に追加された2ドアハードトップには、フェアレディZと同じ130馬力(ハイオク使用時)を発揮する「L20型」が搭載されます。

日産 3代目スカイラインの中古車相場

■中古車掲載台数:37台

■中古車相場:278万円~1490万円(応相談含む)

※中古車掲載台数および相場は、2020年11月5日時点のデータ

日産スポーツの代名詞 初代フェアレディZ(S30)

1969年にデビューしたS30フェアレディZは、ジャガー タイプEやポルシェ 911といった、ヨーロッパの高級GT(グランツーリスモ)と同等のスペックやスタイルを備えていながら割安な価格で登場。超軽量なモノコックボディにストラット式サスペション装着し、世界のスポーツカーと互角に戦えるポテンシャルを持っていたため、日本のみならず北米市場でも大ヒット。北米での名称は「Datsun Z(ダットサン)」でしたが、ダッツンズィーと呼ばれ親しまれました。

130PSを発生させる「L20型」

長いノーズに搭載される日本仕様の「L20型」は、2.0リッターの排気量で最高出力130PS/6000rpm、最大トルク17.5kg・m/4400rpmを発生。一方、輸出仕様では排気量を2.4リッターに拡大した「L24型」を搭載した240Zが投入されます。なお、1971年からは、240ZやGノーズでお馴染みの240ZGが日本にも導入されました。

日産 S30フェアレディZ(初代)の中古車相場

■中古車掲載台数:41台

■中古車相場:238万円~1580万円(応相談含む)

※中古車掲載台数および相場は、2020年11月5日時点のデータ

通称ブタケツと呼ばれた2代目ローレル(C130)

1972年に登場した2代目ローレル(C130)は、4代目スカイラインのプラットフォームを利用して作られた「ハイオーナーカー」。ハイオーナーカーとは、商用車やバンの設定を持たない個人向けの高級車のことを指します。

ボディバリエーションは、4ドアセダンと2ドアハードトップをラインナップ。リアバンパーにテールライトを埋め込んだ独特なスタイルが特徴で、通称“ブタケツ”と呼ばれ、現在でも多くのファンがいる名車です。

5種類の「L型」エンジン

C130ローレルには、トータルで5種類の「L型」エンジンが搭載されています。最高出力105PS/最大トルク15.0kg・mの「L18型」、最高出力115PS/最大トルク16.5kg・mのシングルキャブレター仕様と最高出力125PS/最大トルク17.0kg・mのSUツインキャブレター仕様の「L20型」、最高出力140PS/最大トルク22.0kg・mの「L26型」を用意。後に「L26型」は、最高出力140PS/最大トルク22.5kg・mの「L28型」へ変更となりました。

日産 C130ローレル(2代目)の中古車相場

■中古車掲載台数:9台

■中古車相場:245万円~898万円(応相談含む)

※中古車掲載台数および相場は、2020年11月5日時点のデータ

日産/スカイライン
日産 スカイラインカタログを見る
新車価格:
435.4万円644.5万円
中古価格:
24.8万円768万円
日産/フェアレディZ
日産 フェアレディZカタログを見る
新車価格:
398万円652万円
中古価格:
38万円1,601.7万円
日産/ローレル
日産 ローレルカタログを見る
新車価格:
239.8万円374.6万円
中古価格:
28.4万円386.2万円

寝転んだままでマイカー査定!

車の買取査定ってシンプルに「めんどくさい」ですよね。 鬼電対応に、どこが高く買い取ってくれるか比較しつつ・・・といった感じで非常にめんどくさい!

MOTA車買取なら家で寝転んだままマイカー情報をパパッと入力するだけで愛車の売値を知れちゃいます。

MOTA車買取はこちら

もちろん鬼電対応や、他社比較に時間を使う必要は一切なし! 簡単45秒登録で数ある買取社の中からもっとも高値で買い取ってくれる3社だけがあなたにオファーの電話を致します。

MOTA車買取はこちら

この記事の画像ギャラリーはこちら
MOTA編集部
筆者MOTA編集部

MOTA編集部。現在総勢9名で企画・取材・原稿作成・記事編集を行っています。編集部員は、自動車雑誌の編集者やフリーランスで活動していた編集者/ライター、撮影も同時にこなす編集ディレクターなど、自動車全般に対して詳しいメンバーが集まっています。

監修トクダ トオル (MOTA編集長)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集長の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... arcanaIzu
人気記事ランキング

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    新車や中古車を購入する際、今乗っている愛車はどのように売却していますか?1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • MOTA車買取は、ネット上で売値がわかる。望まない営業電話なし!

    よくある一括査定で、最も嫌なのが「望まない買取店からの営業電話」。MOTA車買取は、この望まない営業電話をなくした画期的なサービスです。最大10社以上がネットで査定し、高値を付けた3社だけから連絡がきますので安心。

新車・中古車を検討の方へ

【クルマ比較ch】MOTAでは同価格帯の車種の内外装を動画で徹底比較!

MOTAではYoutubeでも、様々な車種の内外装比較動画をアップ! 「悩んでいる車種がある」「購入を検討している」という方は是非チャンネル登録をお願いします!

おすすめの関連記事

日産 スカイラインの最新自動車ニュース/記事

日産のカタログ情報 日産 スカイラインのカタログ情報 日産の中古車検索 日産 スカイラインの中古車検索 日産の記事一覧 日産 スカイラインの記事一覧 日産のニュース一覧 日産 スカイラインのニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる