ランクルで車中泊したい! 新型登場でいま狙い目な“ランクル100”専用ベッドキットと、ちょっとレトロなリノベーションカーに注目

画像ギャラリーはこちら
“ランクル”こと「トヨタ ランドクルーザー」の中でも、1980年代から90年代かけて造られた歴代モデルが、若いユーザーを中心に支持を集めているのをご存じだろうか。こうした需要を見込み、比較的新しいランクルをベースに80年代テイストのレトロデザイン風にリノベーションしたカスタムカーも人気だ。そんなちょっと懐かしいランクルで「車中泊したい!」という需要に応え、専用ベッドキットも用意されている。

>>レトロなデザインが心地よい! 歴代ランドクルーザーと「Renoca 106」を写真で見る[画像ギャラリー]

目次[開く][閉じる]
  1. 新型ランドクルーザー300も良いけれど…レトロな「ランクル60」も気になる!
  2. ランクル100をベースに、80年代の香り漂うランクル60のテイストを味わえる「Renoca(リノカ)106」
  3. ランクル100専用に設計されたオリジナルベッドキットは8万9091円から
ランドクルーザー100の最新業界ニュース・自動車ニュース&記事

新型ランドクルーザー300も良いけれど…レトロな「ランクル60」も気になる!

2021年8月、“ランクル”こと「トヨタ ランドクルーザー」がフルモデルチェンジを実施し、ランドクルーザー300に進化する。そんな最新のランクル300が人気を集める一方で、若者を中心に1980年代のレトロな「ランドクルーザー60」が密かに支持を集めている。シンプルなデザインは当時を知る人には懐かしく、若い世代にはとても新鮮に映るようだ。

ただいくら耐久性が高いランクルとはいえ、30年以上前のクルマに手を出すのはなかなかハードルが高いなあ…と躊躇してしまうアナタにオススメしたいのが、新車や比較的年式の新しい中古車にリノベーションを施した「Renoca(リノカ)」だ。

ランクル100をベースに、80年代の香り漂うランクル60のテイストを味わえる「Renoca(リノカ)106」

リノカは、ランドクルーザーやハイエースの専門店を全国展開する「FLEX(フレックス)」がプロデュースしたオリジナルブランド。ベースとなるのはトヨタ ランドクルーザーを始め、ランドクルーザープラドやハイエース、プロボックスなどだ。リノカオリジナルのリノベーションパーツで徹底的にカスタマイズした。

そんなラインナップの中から今回紹介するのは、「ランドクルーザー100」(ランクル100)をベースにした「Renoca 106」だ。

現在のランクル200・300シリーズの流れを確立した「ランドクルーザー100」

まず、ランクル100(1998~2007年)について簡単に解説しよう。かつてのランクル60(1980~1990年)、そしてランクル80(1989~1997年)に続き、ランドクルーザーシリーズの最高峰に位置したワゴンモデルだ。初のV8 4.6リッターエンジンや電子制御サスペンションの搭載、豪華な内外装などで、現行型のランクル200や、間もなく登場するランクル300に繋がる高級路線の流れを生んだモデルである。

国内外で根強い人気を保つこともあり、高値安定傾向の中古車相場を維持しているが、新型登場の影響もあってか以前よりは中古車も買いやすくなってきた。

「Renoca 106」は、ランクル100をベースに自分だけの1台を創り上げることが出来る

Renoca 106は、そんな比較的年式の新しいランクル100の良質な中古車をベースにしながら、ランクル60のフロントグリルを与えた。写真の角目ライトのほか、丸目ライト仕様も選択可能だ。併せてフロントフェンダーやボンネットなども全てオリジナルのパーツで形成したことで、自然なフロントデザインとなっている。

さらに内装素材のカスタマイズや、オリジナルのボディカラーでのオールペイントなどを実施し、自分だけの1台に仕上げることが出来る。

ランクル100専用に設計されたオリジナルベッドキットは8万9091円から

そしてもうひとつ注目したいのが、車中泊派が注目する車内ベッドだ。

写真のベッドは、ランドクルーザー100専用にレイアウトされた、オリジナルのベッドキット(FLEX)である。ランクル100の広い荷室を活用し、大人2人が就寝出来るスペースを確保した。

後席のシートアレンジに合わせた左右分割式だから、片側だけベッドにしたりすることも可能。寝るだけでなく、長いサーフボードや釣竿を積んだりするのにも便利だ。

また後席を使用する際にはベッドを荷室に重ね、荷物の仕切り棚としてもマルチに活用出来る。上下に分割することで、広いゆえに雑然としがちなランクル100のラゲッジルームを整理しよう。

こちらのベッドキットは、Renoca 106のみならず、ランクル100オーナーなら単品で購入することが可能だ。生地は3種類(ブラックレザー、クラシック、ファブリック)が用意される。価格はブラックレザータイプが8万9091円から。全国のFLEXランドクルーザー取扱店にて販売される。

フレックス公式Webサイト : http://www.flexnet.co.jp/

[筆者:MOTA(モータ)編集部 トクダ トオル/撮影:MOTA編集部]

トヨタ/ランドクルーザー100
トヨタ ランドクルーザー100カタログを見る
新車価格:
422.4万円596.2万円
中古価格:
75万円550万円

MOTAおすすめコンテンツ

一年中履ける! 話題のオールシーズンタイヤ「セルシアス」の実力をテストしてみた[晴れの日編]/TOYO TIRES(PR)

この記事の画像ギャラリーはこちら
トクダ トオル(MOTA)
筆者トクダ トオル(MOTA)

昭和44年生まれ。週末は愛車に乗って(時に鉄道に乗って)家族とともにドライブを楽しむ1児のパパ。自動車メディアに携わるようになってから10余年、乗り換えに悩むユーザーの目線に立ったコンテンツ作りを常に意識し続けている。2021年春より編集主幹に就任。編集部の最古参として、編集記事のクオリティ管理、後進育成を担当している。記事一覧を見る

監修トクダ トオル (MOTA編集主幹)

新車の見積もりや値引き、中古車の問い合わせなど、自動車の購入に関するサポートを行っているMOTA(モータ)では、新型車や注目の自動車の解説記事、試乗レポートなど、最新の自動車記事を展開しており、それらの記事はMOTA編集部編集主幹の監修により、記事の企画・取材・編集など行っております。MOTA編集方針

「車好きのみんなが見ているメルマガ」やSNSもやってます!
MOTA PR企画
カー用品・カスタムパーツ
ワンランク上の宿で、贅沢なひとときを... 法師温泉 長寿館

愛車の売却、なんとなく下取りにしてませんか?

  • 複数社を比較して、最高値で売却しよう!

    車を乗り換える際、今乗っている愛車はどうしていますか?販売店に言われるがまま下取りに出してしまったらもったいないかも。1社だけに査定を依頼せず、複数社に査定してもらい最高値での売却を目指しましょう。

  • 事前にネット上で売値がわかるうえに、過剰な営業電話はありません!

    一括査定でよくある最も嫌なものが「何社もの買取店からの一斉営業電話」。MOTA車買取は、この営業電話ラッシュをなくした画期的なサービスです。最大10社以上の査定結果がネットで確認でき、高値を付けた3社だけから連絡がくるので安心です。

新車・中古車を検討の方へ

新着記事

人気記事ランキング

おすすめの関連記事

トヨタ ランドクルーザー100の最新自動車ニュース/記事

トヨタのカタログ情報 トヨタ ランドクルーザー100のカタログ情報 トヨタの中古車検索 トヨタ ランドクルーザー100の中古車検索 トヨタの記事一覧 トヨタ ランドクルーザー100の記事一覧 トヨタのニュース一覧 トヨタ ランドクルーザー100のニュース一覧

この記事にコメントする

コメントを受け付けました

コメントしたことをツイートする

しばらくしたのちに掲載されます。内容によっては掲載されない場合もあります。
もし、投稿したコメントを削除したい場合は、
該当するコメントの右上に通報ボタンがありますので、
通報よりその旨をお伝えください。

閉じる